このページの本文へ

J1最年長・中村俊輔の引退を踏みとどまらせた「師匠」とは

文● 藤江直人(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
中村俊輔
今年6月で、J1現役最年長の41歳になる中村俊輔 写真:森田直樹/アフロスポーツ

日本サッカー史上で眩い輝きを放つ司令塔、中村俊輔が23年目を迎えたプロ人生で集大成を誓っている。昨秋には「引退」の二文字が脳裏をかすめたと打ち明けた稀代のレフティーは、このオフにジュビロ磐田との契約を更新。日本代表時代からの象徴でもある「10番」を背負い、6月にはJ1最年長の41歳になる2019シーズン。完全燃焼を目指す決意を固めた軌跡をたどると、畏敬の念を込めて「師匠」と呼ぶレジェンドの引退がターニングポイントになっていた。(ノンフィクションライター 藤江直人)

相次ぐ肉離れ、手術で戦線離脱
「引退」も脳裏に浮かんだ昨シーズン

 2つ年上のGK楢崎正剛、同じ1978年生まれで早生まれのDF中澤佑二が、今年に入ってから相次いでスパイクを脱いだ。ジュビロ磐田との契約を更新し、23年目のプロ人生に挑むMF中村俊輔は、気がつけばJ1の現役最年長選手として2019シーズンを迎える。

 もっとも、自らの代名詞となって久しい「黄金の左足」を駆使する、日本サッカー界の歴史にその名を残す稀代の司令塔の脳裏にも「引退」の二文字が浮かんでは消えた時期があった。

「手術をしたとはいえ、これだけ長くかかりすぎたことには自分でもびっくりしている。ちょっと落胆して、メンタルが揺らいだ時期もあった。そろそろ引退、みたいなものがチラチラと見えてくるのも、こんな感じなのかなと」

 ファンやサポーターを驚かせる言葉を残したのは昨年12月8日。東京ヴェルディとのJ1参入プレーオフ決定戦を2-0で危なげなく制し、J1残留を決めた直後のヤマハスタジアム磐田だった。この試合で俊輔は後半アディショナルタイムから投入され、一度だけボールにタッチしていた。

 昨シーズンは開幕前から、右足首に巣食った古傷とも戦ってきた。痛む軸足を無意識のうちにかばったことで、左足にも不必要な負荷がかかってしまったのか。3月に左大腿二頭筋、4月には左ヒラメ筋に相次いで肉離れを起こし、戦線離脱を余儀なくされた。

 ワールドカップ・ロシア大会の開催に伴い、J1が長期の中断期間に入っていた6月。故障禍の原因となっていた右足首の不安を取り除き、万全のコンディションで後半戦へ臨むために、俊輔は患部にメスを入れる決断を下す。

 賭けにも映ったシーズン途中の手術は成功し、全体練習へ合流できるまでに6週間を要すると診断された。しかし、期待に反して復帰は9月にまでずれ込み、その間に勝ち星から遠ざかったジュビロもJ1の残留争いに巻き込まれてしまった。

現役続行を決意させた
「師匠」GK川口能活の引退

 迎えた10月下旬に、またもや肉離れで戦線離脱を強いられる。恐らくはこの時期に、悲鳴を上げる体に呼応するかのように心も揺らぎ、折れかけてしまったはずだ。

 しかし、引退との間で何度も揺れ動いた針は、最終的には現役続行を指した状態で止まっている。復活を期す俊輔の熱き思いは、ごく短いメッセージに凝縮されていた。12月4日の静岡新聞朝刊。ある特集ページの一番下に、俊輔のこんな言葉がひっそりと綴られていた。

「僕はもうちょっとだけ頑張ります」

 1ページを大々的に使った特集は『届け!静岡からヨシカツコール。夢と感動をありがとう』と題されていた。J3のSC相模原でプレーした昨シーズンを最後に、四半世紀に及んだ現役生活にピリオドを打ったレジェンド、元日本代表GK川口能活をねぎらうものだった。

 静岡県富士市出身の川口へ、同県内を中心に100を超える団体や個人から寄せられた、思いの丈が込められたメッセージが紙面を埋め尽くした。そのなかに、川口の古巣でもあるジュビロに加入して2年目を終えようとしていた俊輔のそれも含まれていた。

 もうちょっとだけ頑張るとは、イコール、現役を続ける意思を3つ年上で、俊輔が親しみの尊敬の念を込めて「師匠」と呼ぶ川口へ、紙面を介して届けたことになる。川口の引退が電撃的に発表されたのが11月4日。ちょうど俊輔の心が揺れ動いていた時期だ。

「そこで(川口)能活さんのニュースがパッと入ってきて、逆に自問自答できるチャンスが生まれたというか。自分は能活さんみたいにもがいたのかなと思うと、もうちょっとやりたいというか、やらなきゃいけない、もうちょっと完全燃焼してから、と」

 心の片隅でくすぶっている残り火に気づかせてくれた川口との出会いは、神奈川県の強豪・桐光学園から横浜マリノス(当時)へ俊輔が加入した1997年にまでさかのぼる。静岡県の名門・清水商業からマリノスの一員になって4年目の川口は、不動の守護神として君臨していた。

「1年目の時に同じ個人トレーナーの元へ誘ってくれたのも能活さんだったし、紫色のフェアレディZで送り迎えもしてくれて……いや、スカイラインだったかな。とにかく、すごく緊張したのを今でも鮮明に覚えている。能活さんがいなかったら、今の僕も多分いないと思う」

 個の力を伸ばすために川口は2001年秋にイングランドへ、俊輔は2002年夏にイタリアへそれぞれ新天地を求めた。2人のベクトルは日本代表で再び交わり、ワールドカップ代表にも2006年のドイツ大会、2010年の南アフリカ大会でともに名前を連ねた。

 2人にとって最後のワールドカップとなっている南アフリカ大会は、特に俊輔の記憶に残っている。2大会連続で「10番」を背負いながら、大会直前になってレギュラーからリザーブへと降格していた俊輔の部屋を訪ねては、笑顔を浮かべながら「頑張ろうよ」とエールを送ったのが川口だった。

 大けがから復帰したばかりの当時の川口は、ピッチに立つ機会がまず訪れない第3ゴールキーパーとして、岡田武史監督にサプライズ招集されていた。チームキャプテンに指名され、結束力を高めるために舞台裏で奔走していた、献身的な姿に胸を打たれた。

 当時ジュビロの所属だった川口はJ2のFC岐阜、そしてJ3リーグそのものが創設されて間もないSC相模原でプレーを続行。まだプレーできるという感覚を、濃密な経験を次の世代へ還元していきたいという思いが上回った結果として、涙を流しながらユニフォームを脱いだ。

ベテランになっても居残り練習
「お金じゃなく、サッカーだけに向き合いたい」

 家族を都内に残し、単身赴任の形でプレーした時期もある川口と自分自身の軌跡を比べた時に、師匠のようにもがき、苦しんでいないことに気がついた。何よりも愛着深いマリノスを飛び出し、ジュビロへ新天地を求めた2017年1月に掲げた目標は、まだ成就されていない。

「お金じゃない。最後はサッカーだけに向き合い、燃え尽きたい」

 終盤戦で何とか復帰できた昨シーズンは、プロになって初めて無得点で終えた。正確無比なキックに導かれるアシストも激減したことでジュビロは得点力不足に陥り、バランスの悪さは堅守を誇った守備陣にも伝播。失点が激増した結果として、残留争いに巻き込まれた。

「セットプレーからゴールが生まれる確率は、キッカーが7割、中に入る選手が2割を占め、残る1割は相手の選手が関係してくる。そこで素晴らしいキッカーがウチにいることは大きいよね」

 俊輔へ熱いラブコールを送り続け、移籍を実現させた名波浩監督が言葉を弾ませたことがある。現役時代は左利きの司令塔として活躍し、日本代表の「10番」の系譜にも名前を連ねる指揮官は、俊輔の加入と同時にあるルールを設けている。

「居残って練習したいやつは20分間限定で」

 チーム全体に向けて発しているようで、実は俊輔を対象にしていたと、名波監督は苦笑いしながら舞台裏を明かしたこともある。

「何も言わなかったら、それこそ小1時間はずっと(居残り練習を)やっちゃうから。俊輔が入る前のウチは、ベテランと呼ばれる選手たちが居残って練習することがなかった。それをあいつが率先してやっていることで、すごくいい影響を与えている。シュートやパス、そしてフリーキックといろいろな練習をしているし、相手を務めるゴールキーパーもさまざまな球種のシュートが飛んでくるので、もちろん練習になっているよね」

 俊輔の加入効果もあって、2017シーズンのジュビロは6位へ躍進した。だからこそ出場試合数が16とほぼ半減し、プレー時間は1077分と約6割も減った状況に、俊輔は「こういう状況になったのは計算外だと思うし、特にゴールがゼロというのはひどい」とこう言葉を紡いだことがある。

「ガクッときてしまった分だけ、逆に次のシーズンが楽しみというか。右足首に関してはこれまでの居残りの自主練でシュートを打ちすぎた部分もあって、しょうがないと思っているけど、いろいろな人に診てもらって、このオフの間に(治療を)済ませたい。バランスがおかしくなっちゃっていて、いろいろなところをかばっていたので。中盤を支配するのが自分の強みだし、そういう感覚をもう一度取り戻せば絶対にまだまだやれる、自分のプレーで相手をいなせるという感覚が、昨シーズンも何試合かあったから」

 Jリーグは2019シーズンから外国籍選手枠が変更される。J1においては登録が無制限となり、試合へのエントリー及び出場がともに5人へ拡大された。試合展開が大きく変わる可能性がある状況で、俊輔はJ1残留を決めた直後から頭脳をフル回転させていた。

「個の力や自由さ、楽しさを追求するのも大事だけど、例えばビルドアップの部分などでも緻密な戦術といったものが個の力を引き出し、あるいは助ける形に今はなっている。Jリーグがガラッと変わっちゃってどうなるか分からないけど、クラブもスタッフも選手もそういうスピードについていかないと、同じような結果を招いちゃう。でも、苦しんだことは、はね上がるためのいい材料になる。一歩先を進みながら、プラス、ジュビロらしさみたいなものがあれば」

 6月に41歳になる長丁場のシーズンを戦い終えた時に、真っ白な灰のような心境になっている自分自身を追い求めていく。その過程でジュビロを再び上位争いへ導く使命を課す俊輔の胸中は、サッカーボールを追いかけ始めた頃とまったく変わらない、サッカーを「まだまだ楽しい」と感じられる純粋無垢な思いで満ちあふれている。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ