このページの本文へ

大坂なおみ選手とバインコーチ、「別れは必然」と思わせる亀裂の片鱗

文● 小林信也(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
大坂なおみ選手とバイン・サーシャコーチ
全豪オープンで練習を行う大坂なおみ選手とバイン・サーシャコーチ 写真:AP/アフロ

「大坂なおみ選手がサーシャ・バインコーチとの契約を解消した」というニュースが報じられ、日本中に驚きと落胆が走った。「大坂なおみ選手はサーシャコーチなしで大丈夫なのだろうか?」と、多くのファンが大坂選手の今後を心配している。

 サーシャコーチと2017年12月に契約してから、大坂選手の快進撃が始まった。眠れる才能が開花し、飛ぶ鳥を落とす勢いに乗った。昨年3月のBNBパリバ・オープンで優勝したばかりか、秋の全米オープンでメジャー制覇を果たし、今年1月の全豪オープンでも四大トーナメント連覇を飾った。結果、世界ランキング1位にまで駆け上がった。

「すべてはサーシャコーチの存在があったから」と報じられがちだった。だからこそ、「なぜ?」とファンが暗い気持ちになるのも当然。だが、今回のニュースに接して、私はあまり驚かなかった。「やっぱりそうか」と、腑に落ちる感じがあった。そしてすぐ、ある光景が頭に浮かんだ。

全豪オープンの準々決勝で見た
バインコーチの明らかな変化

 全豪オープンの準々決勝、プリスコバとの試合中のことだった。大坂選手がポイントを奪った直後、テレビ画面はコーチ席を映し出した。観客や他のスタッフが真剣な表情で拍手を送る中、バインコーチだけは斜に構え、冴えない表情で、形ばかりの拍手をしていたのだ。

 全豪オープンのベスト4をかけた戦いの最中にこのテンションの低さはありえない。ポーカーフェイスならわかる。違う、明らかにバインコーチは複雑な心情を抱え、勝負に身を入れていなかった。このとき、チームなおみの内部で何かが起こっている、と感じた。現地からも大会中、大坂選手がバインコーチと練習する時間が短いことや予定していた練習に姿を現さなかったなどの情報が伝えられていた。

 大会前からか大会中か、2人の間で、決定的な亀裂を生むような出来事があったのかもしれない。メディアはこれから、2人の間に起こった不協和音を詳しく伝えるかもしれない。すでに、全米オープンに勝ったころから、すきま風が吹き始めていたとの記事もネット上で見ることができる。だが、「それが契約解消の本質でない」ことも理解すべきだと私は思う。

大坂選手を“子ども”から“大人”へ
バインコーチは「最優秀コーチ」に選出

 テニス界では、「プロテニス選手は、コーチを変えながら成長するものだ」という認識がある。自分の成長やランキングの上昇に応じて、その時その時、最も相応しい人材をコーチに迎える。1人のコーチと長く寄り添うことが美徳ではない。

 このタイミングでコーチとの契約を解消したことに首を傾げる人も多いが、大坂選手がその座を奪うまで世界ランキング1位にいたシモナ・ハレプ選手も、全豪オープンの途中でコーチとの契約を解消し、つい数日前に新しいコーチとの契約を発表している。私は「よくぞ決断した」と拍手を送りたい気持ちだし、こういう展開になるのも「大坂なおみ選手が強運を持っているから」とも感じる。

 日本人のこれまでの経験や心情から、別れを否定的、悲観的に捉える傾向が強いが、今回の契約解消は「サーシャ学校」からの卒業であり、「1年ちょっとで飛び級しちゃった」と理解するのがふさわしいと思う。確かに、解消に至る過程で、何か心情的な諍いもあったかもしれない。だが、そうした諍いは、解約解消という行動を起こすスイッチではあっても、本質的な要因ではないだろう。つまり大坂選手にとっては「必然」だったと思う。

 1年前、パリバ・オープンで優勝したときの大坂なおみ選手は、試合中に「もう帰りたい」と駄々をこねる“子ども”だった。これをなだめ、粘り強く自信を思い出させ、戦いの現場に再び送り出す保育士さんのような役割をバインコーチは見事にやってのけた。コートにひざをつき、“下から目線”で選手に語りかける姿は新鮮で衝撃的だった。ちょうどパワハラ問題の告発で日本のコーチと選手の関係が見直されている時期と重なり、バインコーチのスタイルは明快な指針にもなった。

 けれど、わずか1年足らずで大坂なおみ選手は見違える成長を遂げた。つい先月の全豪オープンを戦う大坂なおみ選手を思い起こしてほしい。女王の風格さえ漂わせ、厳しい場面でも自分自身で動揺を落ち着かせ、ラケットを叩きつけたい気持ちも懸命に抑えて劣勢を跳ねのけた。多くのファンは、大坂なおみ選手が子どもから大人に成長した姿に感嘆したのではないだろうか。

 契約の詳細まではわからないが、2017年12月に契約を交わしたとき、バインコーチの最大のミッションは、「世界ランキング1位の達成」ではなく、「眠れる才能を触発し、大坂なおみを上昇気流に乗せること」ではなかっただろうか。あくまで想像だが、その時点で両者が“大きな目標”として共有できたのはたとえば「世界ランキング10位以内」といった到達点ではなかっただろうか。

 大坂選手のポテンシャルは誰もが認めていたが、精神的な課題や技術的な不足もまた多くの人が指摘していた。あの時点では、「世界10位」さえ公言するのはまだ勇気が必要だっただろう。その課題を共に乗り越える適任者として、バインコーチが選ばれた。そして見事に、いやあまりに鮮やかにそれをやってのけた。彼は新しく創設されたWTAの『年間最優秀コーチ』の最初の受賞者にもなった。

 しかし、成長した大坂なおみ選手に、いま必要なコーチは誰か? バインコーチは、育成的なコーチングには素晴らしく長けているが、世界1位になった彼女に相応しいコーチだろうか?

“大人”になった大坂選手にとって
この別れは「前向き」なものだ

 全米オープン・チャンピオンになり、全豪オープンでも当然のように優勝を期待されて臨む大坂なおみ選手は、これまでとまったく違う責任感とプレッシャーを感じたに違いない。スポンサーからは10億円を超える契約が提示され、優勝すれば3億円を超える賞金が得られる。それが「夢」ではなく「現実」となった。しかも、むしろ「責任」にさえなった。

 そうした状況やプレッシャーが大坂なおみ選手を“大人”にしたのかもしれない。大人にならざるをえない。何しろ、年間30億円を超えるとも言われるビッグビジネスの渦中に飛び込んだのだ。そういう戦いに歩みだすとき、隣にいるのがバインコーチであることに違和感を覚えた可能性はある。

 いま必要なのは、世界一のレベルで常に優勝を求め、ライバルたちとしのぎを削る戦術と戦略。勝つために、弱点とされるネット際の細かな技術を提供してくれるより高度な指導者。残念ながら、バインコーチにはそのレベルでのコーチ経験はない。急速に変わる大坂なおみ選手の環境を支援するには、相応の経験と才覚を持つコーチにバトンタッチするのはむしろ当然の成り行きだ。

「褒めて伸ばす」は万能ではない。育成段階では基本だろうが、3億円、4億円の賞金がかかり、10億円を超えるスポンサー料を担う選手になった以上、褒められる以前に自覚が必要だ。

 大坂なおみ選手の成長があまりにも急加速のため、バインコーチ自身にとってもファンにとっても早すぎる、唐突すぎる印象もあるかもしれない。それほど大坂なおみ選手の上昇カーブが異例だったのだ。

 だから双方にとって、この別れは前向きなものだ。バインコーチは、ヒッティング、パートナーからはじめて本格的なコーチ契約をし、いきなり「世界1位」を実現するという、これ以上ない成果を収めた。今回、大坂なおみ選手が彼の元を巣立った。それが彼の実績をなんら曇らせるものでもない。コーチもまた、そのような階段を上って成長する。

 大坂なおみ選手だけでなく、バインコーチもまた日本の多くの人々に愛される存在だったから、残念な思いはあるが、バインコーチもまた新しい選手と出会い、経験と活躍を重ねるよう期待したい。バインコーチはヨネックスと契約している。今後も日本でジュニア世代やコーチのためのクリニックなどを開いて、テニスだけでなく、日本のスポーツの変革に貢献してくれるだろう。

(作家・スポーツライター 小林信也)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ