このページの本文へ

理系学生を採りたい企業が群がる、東大生が作った就活マッチングサービス

文● 吉田由紀子(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

専門性を生かせる企業に就職できず、失望する理系学生が少なくない現状を変えようと、東大工学部の現役学生が作り出した支援サービスが好評だ。企業側からも「欲しい人材にアプローチできた」と喜びの声が上がっている。

ノーベル賞受賞ニュースの陰で
危機に瀕している日本の基礎科学

LabBaseを立ち上げた加茂倫明さん(24歳)
LabBaseを立ち上げた加茂倫明さん(24歳)。東京大学工学部は現在休学中で、理系の大学生・院生の支援サービス事業に取り組んでいる

 ここ数年は毎年のように、日本人のノーベル賞受賞のニュースを耳にする。昨年、医学生理学賞を受賞した本庶佑氏をはじめ、大隅良典氏、山中伸弥氏など、世界の舞台で活躍する研究者が数多い。

 だが、輝かしいニュースの陰で、日本の基礎科学は危機に瀕しているのをご存じだろうか。ノーベル賞受賞者がそろって、基礎研究への支援を訴えたニュースも記憶に新しい。

 科学分野で重要なのが論文の発表数だが、この5年間、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスなど先進国の中で、唯一日本だけ論文数が減少している。

 若手の研究者を取り巻く状況も悪化している。修士課程を修了後、博士課程へ進学する学生は、この15年間で半減しているのだ。かつては「科学技術立国」といわれた日本だが、いまや凋落傾向にあるといって過言ではない。

 そんな状況下、科学を復興させようと始まった事業がある。LabBase(ラボベース)は、理系の大学生・院生を対象にした支援サービス。さまざまな機能があるが、メインは、理系学生の「就職活動支援」である。現在、9000人の学生が登録しており、登録利用料は無料である。

 この事業を始めたのは、東京大学工学部に在籍する加茂倫明さん(24歳)。灘高校から東大理II類に進学し、工学部に進級した加茂さんだが、現在は休学してLabBaseに取り組んでいる。

学生、企業双方が困惑する
ミスマッチを解消

 なぜ、加茂さんは休学してまで事業に専念しているのだろうか?

「もともと起業には興味があり、大学入学後もベンチャー企業でインターンとして働きました。社会的意義のある事業をしたいと考えていた頃、学部の先輩から『研究が忙しくて満足に就職活動ができない』と聞いたのです。たしかに理系の学生は研究や実験が忙しく、なかなか就活をする時間が取れない現実があります。そのため、きちんと調べずに就職先を決める人が少なくない。結果的に入社後、自分の専門知識を生かすことができずに後悔するケースも少なくないのです」(加茂さん、以下同)

 こういったミスマッチを減らすために、学生はLabBaseに自分の専門分野や研究に関する詳細なプロフィールを登録する。一方、理系学生を採用したい企業や研究所は、彼らの実績を見てアプローチをする。そうすることで、本当に欲しい人材を獲得することができるという。

 実際に利用している学生に聞いてみると、「想像していなかった分野からのスカウトが来て驚きました」「このサービスがなかったら自分の適性に合った仕事に出合えなかった」「人生が変わりました」――こんな感想を話してくれた。

「これまで理系学生の就活と言えば、企業が研究室にリクルーターを派遣したり、教授の推薦で決まるケースが大半でした。そのため、どうしても大手企業に偏りがちで、ベンチャー企業は、たとえ将来性が有望であっても、選択肢には加われなかったのです」

 一方の企業側も困っている。ここ数年、売り手市場ということもあって、採用競争が激化している。欲しい人材にアプローチするのが難しくなっているのだ。

 そんな中、LabBaseを利用することで、適した人材の採用にこぎ着けた企業も増えている。例えば、化学メーカー大手の昭和電工。これまでは化学分野の学生に関しては順調に採用できていたが、じつは電気や機械系のニーズもあった。しかし、化学のイメージが強いので、他分野の学生が興味を示さず困っていた。

 ところが、LabBaseを利用することで、電気や機械系の優秀な学生に直接アプローチすることができ、一気に4人の学生を採用することができた。

旧態依然とした
研究環境のサポートも

 ビッグデータの分析システムを研究開発しているユーザーローカルというベンチャー企業は、法人向けの事業のため、そもそも学生が存在を知らないという問題を抱えていた。この企業もLabBaseによって多くの2019年度新入社員の採用することに成功。CTOが直接スカウトしたことで、学生たちに思いが伝わり、最適な人材を獲得することができた。

「企業側も従来の採用方法ですと、履歴書では分からない部分が多く、困っていました。実際に会い、専門分野について詳しく聞いて、ようやく適した人材かどうかが分かる。これでは採用に多大な時間とコストがかかってしまいます。それをもっと効率的にできないかと考えたのです。LabBaseを導入している企業は、面接した学生の8割に内定を出したという実績もあるほど、通常より高い割合で採用ができています」

 就職活動だけでなく、理系の学生を取り巻く課題は数多い。例えば研究資金。ここ数年、国立大学の運営費交付金の減少に伴い、科研費などの、いわゆる「競争資金」でまかなうケースが増えている。そのため、返済不要の奨学金を検索できるデータベースもLabBaseでは提供している。

「科研費は申請書を作成するのにかなり時間がかかりますし、応募しても半数程度しか審査を通過しません。資金も不足していますし、研究環境も旧態依然としている。日本のアカデミアは、まだまだ課題が多いのです」

 実際に理系の学生や教授が研究活動に使える時間は、2~3割しかない。その他の時間は雑務に追われているのが現状だという。

「せっかくの頭脳がもったいないと思います。研究者にはポテンシャルを最大に発揮してもらいたい。そのため事務や記録作業を軽減するサービスも計画中です。また企業との連携、研究者同士が交流できる場も構想しています」

 科学技術立国を再興するために始まったこの支援事業。今後の行方を大いに期待したい。

(吉田由紀子/5時から作家塾(R))


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ