このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

業界人の《ことば》から第327回

深澤直人が冷蔵庫を家具としてデザインした理由

2019年02月05日 09時00分更新

文● 大河原克行、編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回のことば

「住空間としてモノを考える時代に向けて、大きな冷蔵庫を、インテリアにあわせて作っておかないといけない。それは、みんな思っていること。それをがんばって実現した」(プロダクトデザイナーの深澤直人氏)

 アクアが3月上旬から発売する冷蔵庫「TZシリーズ」は、プロダクトデザイナーである深澤直人氏のデザインによるものだ。

 auの携帯電話/スマホである「INFOBAR」や、パナソニックの便器「アラウーノ」、無印良品のさまざまな製品群、そして、マルニ木工のHIROSHIMAチェアなどのデザインで知られ、海外でも数多くのデザイン賞を受賞している深澤氏。同氏がキッチン空間における冷蔵庫の役割を、一から見直してデザインし、外観だけでなく、使い勝手や機能性にもこだわったという意欲的な冷蔵庫だ。外観にスイッチ類などはなく、たたずまいは、まさに家具のイメージだ。

 「冷蔵庫のデザインを気にする人はあまりいなかった。気にしていないから、多くの人が通り過ぎていた。しかし、家を格好良く作って、最後に冷蔵庫を買おうと思ったときに、生活スタイルに合う冷蔵庫がないことに気がつく人が出てきた。

 住空間としてモノを考える時代において、大きな面積を占める冷蔵庫を、インテリアにあわせて作っておかないといけない。そこで、冷蔵庫というカテゴリーのデザインをやってみたいと思った」と、今回の冷蔵庫のデザインに取り組んだきっかけを語る。

 そして「それは、みんな思っていることであり、それをがんばって実現した」と続ける。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ