第18回 WindowsやPS4でSSD速度検証!

Samsung SSD 970 EVO Plusレビュー M.2 SSD最速の座は譲らん!

文●藤田忠 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

TurboWriteキャッシュのダウン幅を確認

 SamsungはSLCキャッシュ技術「Intelligent TurboWrite」のキャッシュ容量や、キャッシュ内と外での書き込み速度を公表しており、おおむねその通りの挙動になるが、念のため「HD Tune Pro 5.70」の「File Benchmark」を使って確認していこう。

970 EVO Plus 250GBで「HD Tune Pro 5.70」の「File Benchmark」を実行

970 EVO Plus 500GBで「HD Tune Pro 5.70」の「File Benchmark」を実行

970 EVO 250GBで「HD Tune Pro 5.70」の「File Benchmark」を実行

970 EVO 500GBで「HD Tune Pro 5.70」の「File Benchmark」を実行

 キャッシュ外となる容量や書き込み速度ともに公称値通りの結果になっており、「970 EVO Plus」の250GBは15GBの手間で書き込み速度(オレンジ線)がガクッとダウン。500GBも20GBを超えると1000MB/秒のラインを割り、その後は横ばいになっている。

定番ベンチマーク3種類でチェック

 続いては定番ストレージベンチマークの「CrystalDiskMark 6.0.2」、「AS SSD Benchmark 2.0.6821.41776」、「ATTO Disk Benchmark 3.05」で見ていこう。

 1番手は「CrystalDiskMark 6.0.2」で、テストデータ1GiBと32GiBを実行している。実測でもきちんと「970 EVO Plus」の特徴となるシーケンシャルライトの向上が現れている。なかでも、250GBの「970 EVO Plus」は、ランダムライト(4KiB Q8T8)の数値も伸びており、2100MB/秒を記録している。

970 EVO Plus 250GB

970 EVO 250GB

CrystalDiskMark 6.0.2(1GiB)

970 EVO Plus 500GB

970 EVO 500GB

CrystalDiskMark 6.0.2(1GiB)

 テストデータ32GiBではいずれのモデルも「Intelligent TurboWrite」のキャッシュ外となるため、ライトパフォーマンスの低下が目立つが、「970 EVO」からしっかりと速度向上しているのがわかる結果になっている。

970 EVO Plus 250GB

970 EVO 250GB

CrystalDiskMark 6.0.2(32GiB)

970 EVO Plus 500GB

970 EVO 500GB

CrystalDiskMark 6.0.2(32GiB)

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月