最新WhiskeyLake-Uを実装してイチバン速いVAIOなんですよね

VAIO SX14 実機レビュー = 最新CPUと4K液晶で最強VAIOだっ!!

文●みやのプロ(@E_Minazou

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 VAIOは1月17日に新モデル「VAIO SX14」を発表した.14型液晶を積んだ、純クラムシェル型のノートPCで、いわばS11/13のお姉様という位置づけである.試作機が届いたのでレビューしていく.

14型搭載ながら狭額縁で
フットプリントは13型

 SX14の特徴その1は「13型のフットプリントに14型液晶搭載してみた」である.液晶のサイズはピタリ14.0インチで、底面積は320.4×222.7ミリで、液晶が13.3インチのS13が320.4×216.6ミリなので、横幅は同じサイズで、奥行きは6.1ミリ長くなっている.細かくいうと面積としては約3%増加しているが、ほぼ同じフットプリントで画面サイズが0.7インチ増えているわけだ.

こちら3姉妹(?)の勢ぞろい写真でございます.左のS11と中央S13は、右のSX14と比べるとやはり額縁広めですね...

 実際に液晶を開けて起動してみると、左右の額縁の狭さ(約5ミリ)が「今ふう」なルックスである.液晶の上部はカメラとともに、各種アンテナを内蔵しているようで、約15ミリの縁がある.キーボードが液晶にあたらないように浮かせるための「筋」もあるので、「今ふう」の左右狭額縁に比べると、アタマがちょっと重たい印象は否めない.

天板の材質はマグネシウムからカーボンに変更となりましたが、デザイン的にはS11/13と変わりません.

 2つめは、軽量化で、液晶の裏側の天板に東レの「新UDカーボン」を使った「カーボンウォール天板」を採用している.これによって、強度は維持したままS11/13のマグネシウム合金より30%軽くなり、本体全体の重量は最低で999グラムを実現している(構成によって最高は1045グラム).S13は1060グラムからだったので、約6%の減量である.

天板下部はアルミ色で、「ポッチ」がついていて、これが机に当たるというしくみです.

VAIO A12に続いて
復活のタイプC端子

 インターフェイスでは、一時期搭載しながら、現行S11/13では搭載をやめているタイプC端子を搭載.USB3.1、DisplayPort1.2、PowerDeliveryに対応している.

 有線LAN、USB3.1のタイプA×1に3.0のタイプA×2、HDMI、ミニD-Sub15ピンのアナログRGBとSDカードスロットにヘッドセット端子というおなじみのインターフェースもそろっている.S11/13のインターフェースに加えてタイプC端子が1つ増えたカタチである.

本体右側(写真下)のタイプAとHDMIの間に新たなタイプCが設置されています.

 昨年11月に発表となったタブレット型2in1「VAIO A12」にも搭載していた5Vアシスト充電も、このSX14に積んでいる.本体の電源が切れていれば、モバイルバッテリーやスマホ用充電器(5V/1.5A)から充電ができることになる.いざというときにあると安心な機能なのである.

 キーボードはS13と同じサイズと配列で、キーの端から端までが280ミリでキーピッチは19ミリである.キートップはおなじみのUV硬化塗装で指あとがつきにくく、印字もかすれにくい.ハードユーザーにはありがたい気配りである.キーは静音で、会議中も気兼ねなく打鍵しまくれる.

 タッチパッドは残念ながら相変わらず狭い.80×45ミリはちょっとせせこましいのだが、感度はとてもよく、ボタンが別体となっているのは自分はとても好みなので、非常に使いやすい(個人の印象ですが).ボタンのクリック音はもうすこし静かになるとさらにうれしいである.

キーボードはS13と同じ感触で、ちょっと狭まめなタッチパッドもそのままです.

 液晶をあけると、下端が机を押して、本体を持ち上げるデザインで、自動的にキーボード面に傾斜ができ、パームレストと机面の段差が軽減されて、気持ちよくタイピングができる.

Sシリーズと同様、液晶を開けていくと、キーボード面が傾斜する設計です.

 ちなみにキー配列はS11/13と同様に日本語配列と英語配列が用意されているうえ、ブラックエディションではそれに加えて、「無刻印日本語」と「無刻印英語」も用意されている.まったく刻印がないキーボードでクールに決めたいアナタにおすすめの逸品である.

こちらは刻印あり(つまりフツー)の英語と日本語配列キーボードです.無刻印を指定すると、それぞれのキー配列のまま、キートップは真っ黒になります....

最新CPUをVTP動作
4K液晶も選択可能に

 CPUはコアi7-8565U、i5-8265U、i3-8145Uと、S11/13のKabyLake-R世代から、最新のWhiskeyLake-Uに上がっている.また、独自の「VAIO True Performance」というチューニングも健在で、付属のユーティリティ「VAIOの設定」を使って、「パフォーマンス優先」、「標準」、「静かさ優先」を選ぶことができる.

おなじみVAIOの設定アプリを使って、CPUのブン回し加減や、充電方法を指定できます.

 メインメモリは4/8/16GBがオンボードで設置されているので増設はできない.SSDはPCIeまたはSATA接続で128~1TBを選択可能だ.

こちら裏ブタではなく、上ブタつまりキーボード面を取り去った状態です.銅色のヒートパイプと、それを保護するようなメッシュが印象的ですね.右上方面にSSDとLAN、LTEなどの子ボードが並んでいます.

 液晶はフルHDに加えて、新たに4K解像度(3840×2160ドット)を選択できる.14インチになったことで、4Kを欲しがる我々に配慮していただいた感じだ.4Kでももちろんノングレア・ノンタッチで、使い勝手はとてもいい.タイプCとHDMI端子は最高で4096×2160ドットでの出力が可能である.VGA端子は1920×1200ドットまでで、タイプCとアナログRGBは同時出力はできず、最大同時2出力となる.

14型以上になるとフルHDより4K解像度を選びたくなるのが人情ですが、100%表示ではアイコンが小さすぎになります.発色はとてもキレイで、なんといっても4Kを選んでもノンタッチ・ノングレアなのがおじさんとっても気に入りました.

 VAIOではおなじみのSIMロックフリーのLTEモデムも搭載可能で、3キャリア対応なうえ、幅広いバンドに対応しているので、海外での利用も不安がない.ただしSIMスロットはマイクロサイズなので、いまどきのナノSIMにしていただけるとありがたいですね.

液晶下部は利用時に隠れるので、16対9でも「余ってる」感じはしませんね.

i7-8565UとVTPの威力はいかに!?
バッテリーはS11より長持ち!?

 ベンチマークテストは「VAIO TruePerformance」設定を「パフォーマンス優先」でおこなった.

 おなじみCINEBENCHのCPUの値は694で、S11のi7-8550Uが605だったので、今回のi7-8565Uは約15%速くなっている.KabyLake-Rと新WhiskeyLake-Uの性能差と、新しい冷却システムの効率によるものだ.OpenGLのほうはSX14が56で、S11は54だったので、こちらは4%ほどの向上である.3DMarkのFireStrikeでも1199と1181なので、約2%向上と、グラフィックス能力はあまり向上していない.

CPU速度はS11/13が積んでいるUシリーズに比べて15%早くなっている.

 3D系のベンチマークテストを繰り返し実行しても、速度の低下はなかった.きちんと周波数制御と冷却がおこなわれている.もちろん排気は本体左側から排出され続けるので、若干うるさい.とはいえ、底面をさわってみても、キーボードのGの裏側あたりがもんわり温かくなっている程度で、膝上で使っていても困ることはない.

 テスト機のSSDはサムスンのMZVLB256でPCIe接続で、CrystalDiskMarkのマルチシーケンシャルの値はリードが3545でライトが1526と、これもS11の値とほぼ同じで、モバイルノートとしては最高クラスの値である.

 SX14のバッテリー容量は35Whで、これもS11と同じ.BBenchを、液晶輝度最大、最も高いパフォーマンスで実施したところ、2時間7分駆動した.S11では同条件で2時間12分だったので、ほぼ同じ時間だけもつわけだ.11インチと14インチという液晶サイズの差と、フルHDと4Kという差を考えると、駆動時間が短くなってもおかしくない.SX14の省エネ力は高いのである.

 バッテリー充電時間も、放電と同条件で稼働しながら計測した.ACアダプターはS11と同じ40Wのものである.50%まで38分、70%まで61分、90%まで88分と、こちらもS11より10%ほど早く充電されていて、30分で半分近く充電できるというのは非常に安心感がある.

速度向上がうれしい
4K液晶ファンはこれ

今回のVAIO S14はブラック、シルバー、ブラウンで、ブラウンはロゴとオーナメントにゴールドを採用しております.

 

最新のコアiのUプロセッサーを搭載したノートPCはこのあとも春モデルとして各社から登場するだろうが、その先頭として15%の速度向上というのは優等生である.独自のVTPチューンがきちんと効いている.

 今回、Sシリーズよりも軽量化を意識しているのだが、13型では700グラムを切ったノートも登場しているから、14型液晶を搭載しているとはいえ、もう一歩の軽量化はしてほしいところである.

 4K解像度の液晶と、最新LTEモデルを選べば、最強モバイルノートのスペックとなる.ここがツボというキミやボクにとっては今選べる最強モバイルであることは間違いない.

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月