このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

新春アキバ福袋大特集2019第2回

2019年福袋・鬱袋、秋葉原のホビー系にハズレなし

2019年01月01日 22時45分更新

文● ドリル北村 撮影● 伊藤真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

リバティー
極鬱袋 2000円

 近年めっきり販売店舗数が減った鬱袋。今年はリバティーで極鬱袋というのを購入できた。今年唯一買えた鬱袋、しかも“極”鬱袋ということで、中身に期待がかかる。

秋葉原の思い出の品10点セットと、英語で小さく書いてある

あれれ? 中身をぶち撒けても、ぜんぜん鬱な気分にならないぞ。普通じゃん

ルパン三世のプライズフィギュア。服のシワや顔の表情などかなり出来が良く、鬱どころかむしろアタリに思える。あえて言うなら、ルパンより不二子ちゃんのほうがよかったなぁ

あんさんぶるスターズ!の鬼龍紅郎 チャーム付きシャイニーブレスレット。真鍮のチャームにポリエステルのストレッチテープを付けたものだ。メーカー希望小売価格は税抜1180円なので、この鬱袋のなかでいちばん高額な商品

あんさんぶるスターズ! 鬼龍紅郎のUVミラー。メーカー希望小売価格は税抜680円。この鬼龍紅郎グッズ2つだけでほぼ2000円近い金額だと考えると、ぜんぜん鬱な気分にならない……よね

蒼の彼方のフォーリズムの佐藤院麗子 イヤホンジャックアクセサリー。携帯電話のイヤホンジャックにぶっ差すアクセサリー。直径10cmと大きいので、ケータイにつけると非常にジャマ……じゃなくて目立つ

お手玉ぬいぐるみ。要はパンダ顔のお手玉。わりと握り心地が良い

僕のヒーローアカデミアのマニュアル缶バッジ。直径が7.5cmと大きめ

美男高校地球防衛部LOVE!の鳴子硫黄 缶バッジ。直径は5cm

MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bangの藍羽ルイ ラバーストラップ

同じく藍羽ルイのマイクロファイバータオル

2007年に発売されたコレクターズアイテム「らき☆すたおきらくBOX 柊かがみ編」。2019年にらき☆すたグッズを入手することになるとは思いもしなかった。そのうえ入っていたのは小冊子のみでメインのCD-ROMが付属していないので、鬱袋の中で唯一ガッカリ感強め

 強烈に印象に残る鬱袋を期待していたのだが、予想に反してガッカリ感がなく、鬱袋というより福袋に近い中身だった。むしろそれはそれでうれしい誤算であり大いに歓迎するが、記事的には盛り上がりに欠けてしまった。

 鬱袋は、その中身を巡ってネットで炎上しやすく、ショップも大胆な商品内容にしづらくなっており、販売自体を中止するところが増えてきた。そんななか、果敢に鬱袋を展開するリバティーにはエールを贈りたい。

 しかし、鬱袋ではなく極鬱袋というわりには、肩透かしを喰らったような中身だったといえる。来年こそ文字通り「鬱」になりそうなガッカリ感を味わえる袋が出回ることを期待したい。鬱袋は、価格分の笑いや、話のタネを提供してくれればそれでいいのだから。

 一方、福袋の方にも変化が確認できた。昨年まで必ずと言っていいほど福袋に入っていたトレーディングフィギュア(全6種+シークレット1種みたいな箱の中身がわからないアレ)を、今年はさほど見かけなかった。

 福袋に入っているトレーディングフィギュアは、同じシリーズが10~20個入っているが、そのほとんどがダブりで全種コンプリートできない呪われたアイテムなのだが、それが福袋から駆逐されたことは、称賛に値する(今年購入した福袋がたまたまそうだっただけかもしれないが……)。

 お店でも、ひたすら同じシリーズのフィギュアを1つの福袋に大量に詰め込むのではなく、いろいろなシリーズを2つずつ入れるような方向にシフトしているようだ。トレーディングフィギュア同様、トレーディングカードも減ったように思える。

 やはり福袋を買って中身を開けたときに、いろいろな商品が入っている方が楽しい。ショップも売れ残りを詰め合わせるのではなく、購入者に喜んでもらえる、来年もまた買いたいと思わせる中身づくりを目指すときが来ているように感じた。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ