このページの本文へ

電話線製造からチョウザメ養殖にたどりついた、中小企業決死の「変身」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

取引業界の激変は、時に企業の死にも直結する大変化。かつて、黒電話の時代にNTTと取引をしていた電線メーカー・金子コードも瀕死の大打撃を受けたが、その後、ユニークな経営方針が当たり、アッと驚くような新規事業も作り出すことに成功した。同社がいかにして変化に対応できたかをレポートする。

黒電話の時代が終わって
売上高は急降下

電線メーカー・金子コードが乗り出したのは、チョウザメ養殖とキャビア生産だった
電線メーカーがまさかのチョウザメ養殖に参入。しかし、そこには3代目社長の綿密な計画と先見の明があった

 1つの事業を永続させるのは難しい。時代により求められるものやサービスが変化するからだ。ダーウィンが進化論で唱えた「生き残れるのは変化に対応できる者」という言葉は、ビジネスにも当てはまる。

 私たち自身を振り返っても、20年前と現代では人々が求めるものやサービスは違うのではないか?

 今回注目したいのは、1932年創業の老舗企業・金子コード(東京都大田区)だ。元々はケーブルや電線のメーカー。1962年から電電公社(現NTT)に電話線を納入し、1985年までは右肩上がりで業績を伸ばしていた。

 しかしNTT民営化の後、電話機の製造販売が家電メーカーに移行していったのをきっかけに、売り上げは急降下してしまった。

 初代から会社を引き継いだ2代目はモジュラーケーブルの開発生産へと手を打ってみたものの、「電線だけでは難しい」と判断。1988年からケーブル技術を応用して高度医療を支えるカテーテル用チューブの開発に取り掛かった。

 当初は猛烈な社内反発があった。最初の設備投資だけでも4000万~5000万円がかかり、赤字を垂れ流す日々だ。「遊んでいるだけの部署」「お荷物部署」など罵声も聞こえてくる。しかし10年の歳月をかけて医療機器部門は黒字化に成功したのだ。

危機的な状況での
3代目社長就任

3代目社長の金子智樹氏
深刻な赤字にあえいでいた電線部門の黒字化に成功した後、新規事業発掘に力を注いだ、3代目社長の金子智樹氏。ワイン好きが高じてソムリエの資格も持っており、ワイン仲間にはレストランを経営する知り合いも多い

 そして2005年に2代目から会社を引き継いだのが、3代目現社長・金子智樹さん(51)だ。金子さんが会社を引き継いだ当時、まさに会社は危機の中にあった。医療機器部門は黒字化できていたが、元々会社のメインの事業となっていた電線部門が深刻な状況に陥っていたからだ。

 電話線はコードレスとなり、インターネット回線も無線LANやWi−Fiが普及してきたため、もはや電線のマーケット自体が大きく縮小してしまっていたのだ。

 そんな危機的な状況の中、38歳で社長に就任した金子さんは、自分の任期を65歳までと仮定して、退任までの27年間を9年間ずつの3段階に分けて会社を引っ張っていくことにした。

 最初の9年間を金子さんは「売り上げを増やして会社の規模を大きくする期間」とした。

 国内ではマーケットが縮小してしまった電線だが、海外ではどうだろう?電線をまだまだ必要としている場所があるのではないか?

 金子さんが思いついたのは中国の産業ロボット用ケーブルの製造販売だ。元々金子コードは中国に工場を持っていた。そして当時は、産業ロボット用のケーブルを製造している会社は中国にはなかった。それどころか当時の中国は人件費も安く人口も多いため、ロボット自体が少なかったのだ。

 しかし将来的には確実に中国の人件費は上がり、ロボットの需要も増えると見据えた金子さんは、とにかく先手を打とうと、日本から早速中国の工場に設備を移管し、産業ロボット用ケーブルの製造販売を始めた。

 金子さんの読みは見事に的中し、今やロボットケーブル事業は金子コードの事業でも重要なポジションに位置している。苦しかった就任当時からV字回復を成し遂げたのだ。

売り上げ拡大の実現後は
イノベーション

 2009年、最初の9年間が終わる2014年を目標に、金子さんは「グローバル40」というスローガンを掲げた。

 日本、中国それぞれの拠点を合わせた年間売上額40億円を達成するという目標だ。1932年の創業以来、金子コードの売上最高額は29億円。数字だけ見ると無謀にも思える数字だ。

 しかし、金子さんは社員全員で力を合わせれば確実に到達可能だと考えていた。社員全員の能力をアップするため、人材育成も研修会社を自社に呼んで実施したり、自身も社員以上の勉強が必要だと考えコーチングの研修を受けたりもした。老若男女国籍問わず、全ての社員に平等にチャンスを与えた。

 社員の圧倒的なモチベーションは、信じられないほどの結果を生む。売り上げ40億円は、5年後の目標に対して1年早い4年後に見事達成した。その後、売り上げは10期連続増え続けて、今期もそれは継続する見通しだ。

 2015年からは第2段階の9年間が始まった。この第2段階を、金子さんは「ゼロからイチを生み出すための期間」と位置づけた。最初の3年で生み出し、次の3年で育て上げ、最後の3年でナンバーワンになるのだ。

 企業として成長するために、また時代の流れから自社を守るためにも絶対に必要なのが新規事業だ。

 金子さんは新規事業のための部署を作り、「旅費は全額会社負担、時間も好きなだけ与えるので、新規事業のチャンスをつかんできてほしい」と、社員を何度も海外に派遣した。

 新規事業に何を選んでも社員の自由だ。ただし条件が2つある。

 1つは、金子コードを支える2大事業である電線と医療機器、そのどちらの延長線上にもない事業であること。2代目が築き上げた医療機器部門は電線の技術を応用したものであったが、今回はゼロからイチを生み出すことにこだわりたかった。ゼロからイチを生み出すことにより会社全体の行動力、責任感、バイタリティを根付かせたかったのだ。

 そうしてもう1つは、「立ち上げから、モノになるまで10年ほどはかかる事業」という条件だ。金子さんの調べによると、大企業の社長の任期は平均6年あまりだという。つまり、サラリーマン社長は黒字化に10年もかかる事業には踏み込まない。逆に考えると、時間がかかる事業であるほど金子さんの勝算が増えてくる。

 大手企業に参入されない事業を選ぶというのも重要なことなのだ。

驚きの新規事業は
「チョウザメの養殖」!

 なんと!金子コードの新規事業は「チョウザメの養殖」に決まった。

 日本は世界でも有数の魚卵消費国だ。いくら、数の子、筋子、たらこ等々、魚卵が好きな日本人は非常に多い。

「輸入品は長期保存のため塩を多く加えて、湯煎をしてさらに防腐剤を入れて運ばれてきます。これが何を意味するかというと、キャビアは原産国で生で食べるのが一番美味しいのです。ならば、世界一美味しい、日本産のキャビアを作ろうと決めました」(金子さん)

 そもそもキャビアにはほとんど天然物が存在しない。チョウザメそのものが絶滅危惧種に指定されており、ワシントン条約によって取引できないからだ。

 しかもキャビアの場合、天然物よりも養殖物のほうが美味しく価値が高いと言われており、よくある天然物に比べて養殖物はレベルが下がるといったことは「ない話」だ。だからこそ、養殖事業に商機があると考えた。

 また、51%が水分だと言われているキャビアを養殖するためには、おいしい水が必要だ。日本の水は世界で一番おいしいと言われている。「チョウザメの養殖を始めるための条件がそろいました。しかし一番の決め手は私にチョウザメの養殖を提案してきた社員の『やるぞ!』という気持ちでした」(金子さん)

 水質等を丹念に調査して、金子コードは2014年12月から静岡県浜松市天竜区で養殖を開始した。2018年8月現在、南アルプスに育まれた豊富な天然水を使い、約1万6000尾を育てている。

 現在は東京や静岡のホテル、レストランを中心に業務用に販売を始めたところだが、2022年まで販売先は順次拡大していく。

「ただおいしいキャビアを作りたいだけではないのです。日本発のキャビア文化を作りたいのです。ワインとキャビアのマリアージュのように、日本酒とのマリアージュがあってもいい。キャビア寿司があっても美味しいのではないか?キャビアを食べる食器にもこだわり、『日本発のキャビア文化』を作り上げたいのです」(金子さん)

 同社の勢いとチャレンジ精神はとどまることを知らない。

(ジャイアント佐藤/5時から作家塾(R))


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ