このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

車とスマホがつながるSDLの世界第8回

SDLのライブラリを組み込み、車載機のユーザーインターフェースを実現してみよう!

SDL対応アプリ開発環境の構築その4~白紙のiOSプロジェクトから作るSDLアプリ

2019年01月13日 11時00分更新

文● 柴田文彦 編集●アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サブメニューを含むメニューを設定する

 今回の最後に、車載機側の画面に表示するメニューの内容を設定してみよう。画面の右上にある「≡」のような、いわゆるハンバーガーメニューと呼ばれるボタンによって開くメニューだ。

 そのメニュー項目には、一般のパソコンのメニューと同じように、サブメニューを持つものと持たないものがある。サブメニューを持たないメニュー項目は、それを選択した時点で、それに設定されたコマンドが実行される。サブメニューを持つメニュー項目は、それを選択することで、また別のメニュー選択画面を表示する。

 メニュー項目は、すべてSDLMenuCellオブジェクトとして作成する。この例では、サブメニューを持たないメニュー項目を、cel00という名前で作成している。実際に画面に表示するタイトルは「Menu Item without Submenu」だ。それに対してサブメニューを持つものをcell01として作成する。タイトルは「Menu Item with Submenu」とした。そこから開くサブメニューの項目はcell10とcel11だ。

 タイトルは、それぞれ「Submenu Item A」と「Submenu Item B」のように設定している。サブメニューを持つ項目は、そこから開くサブメニューの項目を指定して作る必要があるので、cell01よりも先にcell10とcell11を作成しておく必要がある。下のコードでは、cel00→cell10→cel11→cell01という順番でSDLMenuCellクラスのオブジェクトを作成しているのはそのためだ。

let cell00 = SDLMenuCell(title: "Menu Item without Submenu", icon: nil, voiceCommands: nil) { (triggerSource: SDLTriggerSource) in
    print("First Menu Item Selected: \(triggerSource)")
}
 
let cell10 = SDLMenuCell(title: "Submenu Item A", icon: nil, voiceCommands: nil) { (triggerSource: SDLTriggerSource) in
    print("Submenu Item A Selected: \(triggerSource)")
}
let cell11 = SDLMenuCell(title: "Submenu Item B", icon: nil, voiceCommands: nil) { (triggerSource: SDLTriggerSource) in
    print("Submenu Item B Selected: \(triggerSource)")
}
let cell01 = SDLMenuCell(title: "Menu Item with Submenu", icon: nil, subCells:[cell10, cell11])

 作成したメニューセルは、SDLManagerの中のスクリーンマネージャのmenuプロパティに、配列として設定するだけで機能するようになる。ここで設定するのは、「≡」ボタンを押すと最初に表示されるルートのメニュー画面に設定するメニューセルcell00とcell01だけだ。

self.sdlManager.screenManager.menu = [cell00, cell01]

 以上のメニューに関するコードも、スクリーンマネージャを使って更新するものなので、これまでのUI要素と同様、スクリーンマネージャのbeginUpdates()とendUpdates {}の間に入れればいい。

 結果を画面で確認しよう。アプリ画面右上のいわゆる「≡」マークの部分をクリックすると、まず2つのメニュー項目を持つルートレベルのメニューが表示される(図19)。

図19:車載機のアプリ画面の右上にある「≡」ボタンをクリックすると、2つのメニュー項目が表示される。サブメニューを持たないもの(上)と持つもの(下)だ

 このうち、上の「Menu Item without Submenu」コマンドは、サブメニューを持たず、特に動作を設置していないので、クリックしても元のアプリ画面に戻る。それに対して下の「Menu Item with Submenu」の方は、クリックすると、そのメニュー項目に設定してある2つのサブメニュー項目を持つ新たなメニュー画面に切り替わる(図20)。

図20:サブメニューを持つ方のメニュー項目をクリックすると、メニュー画面は2つのサブメニューを選択可能なものに切り替わる

 これらのサブメニューについても、意味のある動作は何も設定していないので、クリックすれば結局は元のアプリ画面に戻る。ただし、各メニュー項目には、選択された際にコンソールにログを表示するようにしてあるので、Xcodeのプロジェクトウィンドウ内のコンソールで確認できるはずだ(図21)。

図21:メニュー操作の状況は、Xcodeのコンソールで確認できる。サブメニューを持つメニュー項目は、コマンドではなくサブメニューを開くだけなので、ログは出力していない

 以上、iOSについて、Xcodeの標準的なアプリプロジェクトを作成するところから始め、そこにSDLのライブラリを組み込んで、基本的な車載機のユーザーインターフェースを実現する方法を、かいつまんで解説した。オリジナルのSDL対応iOSアプリの開発の参考にしていただきたい。

■関連サイト

(提供:トヨタ自動車株式会社)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン