このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

BiNDup×ASCII「ホームページの現在」第4回

中小製造業のホームページ制作をレクチャー

問い合わせを増やす中小製造業ホームページの制作方法

2019年01月25日 11時00分更新

文● 益子貴寛(Takahiro Mashiko)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

秀逸な中小製造業の事例サイト

 HTMLなどの知識が要らず自社でのサイト運用を可能にする「BiNDup」は、多くのスモールビジネスに支持されている。ここでは実際にBiNDで作成された秀逸なホームページを紹介する。

株式会社フードケア
https://www.food-care.co.jp/
制作者:株式会社フードケア 総務部課長 按田憲告氏

 神奈川県相模原市で介護食品の製造・販売を手がける会社。トップページのわかりやすい構成はもちろん、各部分のギミック(アニメーション)が秀逸。すべてのページの右上に「問い合わせ」や「サンプル・資料請求」への動線が用意されており、顧客がアクションを起こしやすい画面設計になっている。

3. 豊富なテンプレートがあるホームページ作成ツールを選ぼう

 中小製造業といっても、作っているものや、会社の規模は実にさまざまである。たとえば、私たちが普段手に取る商品をOEMで製造している会社もあれば、ある部品の研磨やメッキを専門とする会社、精密機器に欠かせない部品の一部のみを作っている会社などもある。

 会社が異なれば、当然、ホームページで伝える内容や雰囲気が異なる。したがって、ホームページ制作ツールは、豊富なテンプレートの中から自社に合うイメージのものが探せるかどうかが決め手となる。

 BiNDupであれば、200以上のテンプレートの中から、自社にマッチするテンプレートが選べる。コーポレートやサービスに分類されているテンプレートが多くの会社に合うが、ライフスタイルやポートフォリオなど、ほかのカテゴリーから華やかな雰囲気のテンプレートを選んでもよいだろう。

 すでに述べたとおり、多くのテンプレートがスマートフォンに対応していることも大きなメリットである。

BiNDupのテンプレートは200種類以上

BiNDupでは200以上のテンプレートが用意されている。カテゴリーは、コーポレート、サービス、オンラインショップ、ライフスタイル、ポートフォリオなど。有償の「追加テンプレート」から選ぶこともできる。テンプレートの多くがスマホにも対応している

次回予告

 第5回では士業のホームページの方向性や内容について解説する。専門家としての「人」の魅力を伝えるにはどうしたらよいか、信頼感や安心感の与え方、問い合わせ数や相談件数の増やし方などのポイントを詳しく説明する。

ホームページ作成サービス「BiNDup」。CMS、SSL、AMPといったビジネスサイトに求められる最先端の技術に随時対応していくクラウド機能と、いつまでも使い続けられる安心のインストールアプリも同時に提供

(提供:デジタルステージ)

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ


この特集の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ