このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」第510回

2019年カレンダーをT教授が独断と偏見でチョイス

2018年12月05日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パイン材の色の変化を楽しめる
正方形の木製カレンダー

 まず最初にご紹介するのは、筆者個人的にはここ10年ほど注目している軽くて綺麗な“パイン材”で作られた一辺90mm四方、奥行30mmのシンプルな木片のカレンダーだ。裏表に各々6ヵ月ぶんのカレンダーが印刷され、1年使ううちにパイン材の色の変化を楽しむことのできるカレンダーだ。

明るいパイン材を使った90mmの正方形(厚さは30mm)カレンダー。コンパクトで置く場所を選ばない 明るいパイン材を使った90mmの正方形(厚さは30mm)カレンダー。コンパクトで置く場所を選ばない

 週や日々の細かなことはGoogleカレンダーに任せ、年間を通じた大きな仕事の流れやロングバケーションなど月の割り振りをゆったりと感じて計画するためのカレンダーだろう。立てても寝かせても、デスクトップのどこにでも配置できるコンパクトサイズだ。小さなフィギュアやコレクションと一緒に机上に並べて遊ぶことも似合うカレンダーだ。もちろん、望むならどこにでも持ち出せる。

グリーンのインテリア小物とのマッチングも、選りすぐったフィギュアとのマッチングも最高だ おかしなフィギュア+クラシカルなICTパーツとのマッチングも楽しい。怪しげなアンディウォーホールの被り物はクラシカルなIBMタイプライターの印字ボール(https://youtu.be/vNUEUth7qjc)
グリーンのインテリア小物とのマッチングも、選りすぐったフィギュアとのマッチングも最高だおかしなフィギュア+クラシカルなICTパーツとのマッチングも楽しい。怪しげなアンディウォーホールの被り物はクラシカルなIBMタイプライターの印字ボール(https://youtu.be/vNUEUth7qjc)

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン