このページの本文へ

九州の移住者数1位を誇る鹿児島県霧島市は何がすごいのか

文● ジャイアント佐藤(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

移住者九州ナンバーワン
鹿児島県霧島市の人気ぶり

鹿児島県霧島市が開催する「移住体験ツアー」の様子
移住後の霧島市での生活を体験できる「移住体験ツアー」の様子。このツアーに参加した2割ほどの人が実際に移住を決めてしまうというから驚きだ

 都会に住む人の中に「田舎に移住をしたい」と考えている人が増えている。総務省が2018年3月に発表した「『田園回帰』に関する研究報告書」によると、東京都特別区および全国の政令市に住む20~64歳の30.6%が農山漁村地域への移住に何らかの関心を持っている。

 移住というと、リタイア後に都会の喧騒を逃れて地方でのんびり過ごすというイメージが筆者にはあったのだが、この調査によると、20代、30代の若い層の方が、年配者層よりも農山漁村地域への移住に高い関心を抱いている。

 実際、地方移住支援のNPO法人ふるさと回帰支援センター(東京都千代田区)の利用者は急増しており、中でも20代~30代の増加が目立つという。

 こうした若い世代の移住希望者に対応すべく、現地で暮らす男性と地方暮らしに関心の高い女性の出会いをサポートする婚活移住ツアーを行う企業や、移住したい人と地域をつなぐマッチングサービスを提供する企業も出てきている。

 そんな中、「移住者数九州1位」「住みたい温泉地全国1位」のダブルタイトルを獲得した町を発見した。鹿児島県霧島市だ。年間の移住者数は、3年連続(2015年~2017年)で増加している。2017年度は169人もが移住してきたという。

 2007年から年に2回、市が開催している2泊3日の「移住体験ツアー」には、2017年までに68組112人が参加し、そのうちなんと 12組23人(!)が実際に移住してしまったのだ。実に5人に1人の割合である。

 この人気ぶりにはワケがあるはずに違いない。早速実際に移住をした方、そして霧島市の行政の方に話を聞いてみよう。

抜群の空路アクセスで
大阪や東京に頻繁に通える

 話を聞いたのは、広告制作・デザインを行う会社を経営している新里大輔さん(40)。大阪で生まれて関西に長く住んでいたが、母親の実家は霧島市の隣町・鹿児島県姶良市にあった。子どもの頃から自然いっぱいの中で暮らす魅力にすっかり取り憑かれ、新里さんは母親の実家に里帰りをするのを何より楽しみにしていたという。

霧島市中山間部の家で家族と暮らす新里さん。移住してからは子どもの学校行事に親子で参加することが増えたという

 20代後半の頃、父親が亡くなり母親が1人暮らしになってしまった時、移住を本気で考えるようになる。「雇われの身」では身軽な移住は難しいと考え、まずは起業をした。32歳の頃だった。

 そして新里さんが38歳の時、移住は実現した。新里さんは霧島市の中山間部に家を建て、妻と4人の子ども、母親の親子3代で暮らしている。

 霧島市の中山間部に移住を決めたことには訳がある。抜群の空路アクセスだ。自宅から鹿児島空港までは何と、車で18分で行ける。飛行機は大阪方面には1日15便のフライトがある(羽田は28便)。フライト時間は1時間強だ。鹿児島空港は九州では博多空港に次ぐ規模の空港なのだ。

 またLCCも就航しているため、日によっては片道運賃5000円ほどで飛行機を利用することができる。

 新里さんは顧客との打ち合わせや会議は大阪で行い、作業は自然豊かな霧島市の自宅で行う二拠点生活を実現している。

子どもがのびのびできる環境で
子育てをしたかった

 移住前の新里さんが家族で住む自宅は、大阪市東淀川区の住宅密集地にあるマンションの1室だった。

「集合住宅ですからね。とにかく周りに迷惑をかけないことが最優先事項でした。家でも走り回りたい子どもには窮屈だったでしょうね」(新里さん)

 小学校3年生の長女は人に気を使いすぎる引っ込み思案な子だったという。しかし霧島に移住してからはのびのびと自分を表現する性格になっていった。

「1年生から6年生まで全校生徒30人の小学校ですからね。先生も一人ひとりの生徒に目がいくのでしょう。皆仲が良くて、この環境には感謝しています」(新里さん)

 子育てしやすい環境というのは若い移住希望ファミリーには非常に大切なことだ。新里さんは仕事の環境、子育ての環境両方のメリットをじっくりと考えて、この霧島市に移住して来たのだ。

 新里さんは最後に力強くこれからの目標を語ってくれた。

「ド田舎に住んで家族との時間を大事にしながら、最先端の仕事をしていきたい。ド田舎からでも世界を相手にできるということを、世に示していきたいですね」

 では行政側がアピールしする、霧島市の魅力はどういったものなのだろうか?霧島市役所商工観光部霧島PR課の亀石和孝さんに聞いてみた。

「まずは自然豊かな地域と都市部のバランスのよさです。中山間部でも、車で10分で都市部まで行ける場所もあります。都市部にはショッピングセンター、大きな病院など生活に必要なものは揃っているので、中山間部にいながらも生活が不便になるということがないのです」(亀石さん)

 中山間部は、車なら飛行場にも都市部にもアクセスがよい。

家や学校にも温泉が!
充実した補助金も人気の秘密

 さらに霧島市は4つの温泉郷がある九州屈指の温泉地だ。空港から車で10分の場所に大きな温泉地があり、空港自体にも足湯がある。そんな霧島市では、自宅に温泉があるということも珍しくない。学校にも温泉があったりするのだ。前述の新里さんの自宅も温泉付きの家だ。

 そんな毎日温泉に入るのが当然な環境も、移住希望者の興味を惹きつけているのだ。

 しかしいくら交通の便がよくて温泉があっても、移住を決めるというのは相当な勇気がいるのではないだろうか?

 移住希望者の背中を最後に押すのが補助金だ。霧島市では移住者が中山間部に新築住宅を建てた場合は100万円、中古住宅の購入や増改築でも最大50万円の補助金が出る。一軒家の賃貸住宅を借りる場合には、12ヵ月間は家賃の3分の2(最大3万円)の補助金が出る。

 また、義務教育終了前の子どもがいる場合、扶養の加算金も出る。子ども1人あたり30万円だ。東京や大阪に比べると住宅をはじめとして生活にかかる費用は割安になる。そこでこの補助金が出るので、さらに家計はラクになる。

 さらに亀石さんは、これからの霧島市の行政としてのあり方について、こう語った。

「霧島市の窓口などで観光の担当の人間が移住について聞かれて、『担当じゃないから』といって答えられないというのは機会損失につながる。縦割りではなく組織全体として移住希望者に霧島市の移住先としての魅力を案内できるようにしたいですね」

(ジャイアント佐藤/5時から作家塾(R))


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ