このページの本文へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析第20回

スマホ低成長時代の対策を済ませたのは確かだ:

アップルiPhone低迷説は本当か? 去年の教訓から考える

2018年11月22日 16時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●iPhone XRは苦戦?

 ところが、そのiPhone XR向けにネガティブな情報がサプライチェーン方面から流れてきました。

 まずiPhoneを組み立てているFoxconnは、60に増やす予定だったiPhone XRの生産ラインを45にとどめるという情報がもたらされました。またTrueDepthカメラに必要なレーザーモジュールを製造する大手ルメンタム(Lumentum)は、「大口顧客から、著しい数の発注減少があった」として売上高の見通しを引き下げました。大口顧客とは、ルメンタムの3割の売上を締めるアップルのことでしょう。

 これらの情報から「iPhone XRは売れていない」「iPhoneの販売が低迷している」という予測が成り立ち、株価が更に売り込まれる結果となっていたのです。

 しかし、サプライチェーンからの情報だけでは、昨年のようなiPhone Xの好調さを見抜けなかった経験があります。今回の報道もアップル株に対しては大きな逆風となっていますが、株価が25%下がるほどの影響が決算に出ているかどうかは疑問が残ります。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン