このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」第459回

缶のコーンスープどれがおいしい? 飲み比べた

2018年11月27日 17時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 お次は、今年から新しく登場したボスのスープシリーズ。ボスはもともと缶コーヒーのブランドですが、コーンスープはいったいどんな味なのでしょうか。

■サントリー
「ビストロボス コーンスープ」

・容量:185g
・カロリー:44kcal(100gあたり)
・原料:スーパースイートコーン(ピューレ、粒、パウダー)、牛乳、砂糖、食物油脂、食塩、チキンエキス、野菜エキス(たまねぎ、にんじん)など
公式ページ

ボスのスープシリーズ。コーヒーではなく、しっかりとしたスープでした。
色は濃いめ。
コーンの粒は、ポッカサッポロよりは小さめ。

(チェック)

・甘さ 2
・しょっぱさ 3
・クリーミーさ 2
・コーンの食べごたえ 3

(感想)

ナベコ「ビストロボス、当然なのですがコーヒーの味はしなかったです(笑)。スタンダードなコーンスープの味わいで、けっこうポッカサッポロにも近いかなとも。ただ、ボスのほうが甘さ控えめでした」

モーダル小嶋「ボスが男性向けというイメージがあるから、男性をターゲットにあっさりめにしているのかも。コーンはポッカサッポロより小さめ。軽めにスープを飲みたい、というときにいいのかもしれません」


 お次はボトルキャップ式で再栓可能な、ダイドードリンコのコーンスープ。

■ダイドードリンコ
「濃厚デリ コクとろコーンポタージュ」

・容量:170g
・カロリー:48kcal(100gあたり)
・原料:スーパースイートコーン、砂糖、植物油脂、食塩、コーンシロップ、全粉乳、デキストリン、酵母エキス、チキンエキスパウダー、オニオンパウダーなど
公式ページ

唯一のボトルキャップのコーンスープ缶。
牛乳のような乳白色が強いです。
コーンの粒は小さめで柔らかかったです。

(チェック)

・甘さ 3
・しょっぱさ 2
・クリーミーさ 5
・コーンの食べごたえ 3

ナベコ「キャップタイプなので再栓できるのが便利なのと、広口なのでコーンの粒も出てきやすいですよね。味は、これまでに飲んだ2つと雰囲気がちょっと違いました。生クリームのようなクリーミーさがとても際立っている、まろやか系のコーンスープです」

モーダル小嶋「コーン缶の汁を使ったような自然な甘さがありました。それと、牛乳が多いのかな。パンに合いそうです」


 バターを使用しているというアサヒのコーンスープはどうでしょう。

■アサヒ
「アサヒ コクうま コーンポタージュ 缶」

・容量:185g
・カロリー:47kcal(100gあたり)
・原料:スーパースイートコーン、砂糖、食塩、植物油脂、バター、酵母エキス、還元水飴、乳脂肪など
公式ページ

アサヒの製品はバターの香ばしい香りがしました。
色はほのかにオレンジがかっています。
コーンの粒が大きめ。

(チェック)

・甘さ 4
・しょっぱさ 4
・クリーミーさ 4
・コーンの食べごたえ 4

ナベコ「バターを使用して“コクうま”をうたった製品。ポッカサッポロに方向性は近くて、さらに濃厚でした。甘味も塩気も濃く、しっかりとした飲みごたえがあります」

モーダル小嶋「香りもバターの香ばしさが漂っていました。コーンの粒は、ポッカサッポロと並ぶくらい大粒。お腹が減っている時にはぴったり。自分はかなり好きです」


この特集の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!