このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

G-SHOCKを外すことなくロボットへ完全変形

G-SHOCKトランスフォーマー爆誕 腕時計が変形合体

2018年11月16日 14時15分更新

文● 飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
G-SHOCK 特別モデル「G-SHOCK DW-6900TF-4」

ELバックライトは「オートボット」のエンブレム

 G-SHOCK 特別モデル「G-SHOCK DW-6900TF-4」は、マスターオプティマスプライムと同じレッドとブルーのカラーリングだ。ベースとなっているのは、不朽の名作「DW-6900」。画期的な耐衝撃構造(ショックレジスト)、20気圧防水、ストップウオッチ、タイマー、アラーム、フルオートカレンダーなど、DW-6900に準じたスペックだ。サイズは縦53.2×幅50.0×厚さ16.3mmで、質量はおよそ67g。バッテリーはCR2016。

ELバックライトは正義の軍団「オートボット」のシンボルマークエンブレム!

 特筆すべきは残照機能付きELバックライト。文字盤の下の「G」マークを押すと、マスターオプティマスプライムが所属する正義の軍団「オートボット」のシンボルマークエンブレムが、浮かび上がる!

ストーリーを持った設計思想に「G-SHOCK生みの親」も驚く

G-SHOCKの開発を手がけた生みの親、カシオ計算機 アドバイザリー・エンジニア 伊部菊雄氏

 G-SHOCKの開発を手がけた生みの親、カシオ計算機 伊部菊雄氏のコメントを全文紹介する。

 「今回、タカラトミーさまのトランスフォーマーとのコラボレーションが、実現できたことをとても光栄に思います。

 今回のコラボ商品は、専用台座になったり、ロボットに変形したりと、タカラトミーさまが今回のために素晴らしいアイデアを実現していただき、とても感激しています。また、ストーリーを持ったアイデア満載の設計思想には驚くばかりです。きっとこの商品を手に持った方々は、その熱い想いを感じることができると思います。

 日本発の世界的なブランドで、力強くタフという共通点が十分に生かされた、素晴らしいコラボ商品に仕上がっていると思います。ファンの方々には、きっと喜んでいただけると思います。わたしは、いちファンとして大感激しています」


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
ピックアップ