このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第80回

ひっくり返したりズームしたりと用途に合わせて表示を変更

Acrobat DCの多彩な表示モードでレビューしやすくしてみる

2018年11月15日 11時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ズームを利用してレビューしやすくしてみる

 レビューする場合は、ズームを利用して見やすさと作業のしやすさのバランスが取れた表示に調整する。「表示」メニューの「ズーム」から「100%表示」を選択すると、等倍で表示される。「幅に合わせる」をクリックすれば、文書パネルの横幅いっぱいにぴったりと表示されるので、画面を効率的に利用できる。「高さに合わせる」を選択すれば高さに合わせて表示される。通常は高さに合わせるよりは、ページにぴったりと表示させることが多いだろう。この場合は「ページレベルにズーム」を選択すればいい。ちなみに、「描画領域の幅に合わせる」は、ページに含まれるテキストや画像の幅を画面に合わせる機能。最大限に大きく表示してくれるが、当然ページがウィンドウの中に納まらないこともある。

 「ダイナミックズーム」をクリックすると、アイコンが変化する。クリックしながらマウスを上に動かすとズームイン、下に動かすとズームアウトとなる。マウスホイールを回転させても拡大縮小できる。とはいえ、そもそもAcrobatではCtrlキーを押しながらマウスホイールを回転させれば拡大縮小ができるので、あまりダイナミックズームを使うことはなさそうだ。

 特定のエリアを大きく表示するなら「マーキーズーム」を利用しよう。マーキーズームを選択してから、任意の部分を囲むと瞬時に画面いっぱいにその領域を大きく表示してくれるのだ。

「表示」→「ズーム」で様々な拡大表示が可能。見たい部分が読めるうえ、できる限り広い範囲を表示して作業したい。画面は100%表示にしたところ

メニューから「マーキーズーム」を選択し、拡大表示したい部分を選択する

マウスボタンを離すと自動的にその領域が大きく表示される

カテゴリートップへ

この連載の記事

目からウロコのPDF使いこなし術【アクロバット連載100回記念放送】