このページの本文へ

文房具が計算機に置き換わる未来を感じた:

iPad ProにMacBook Airを感じた理由

2018年11月12日 16時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●iPad Proはパソコンそっくりさん

 アップルは新型iPad Proをノートパソコンの競合製品として売り出しました。新開発のプロセッサーはアプリケーション次第でノートパソコンさえしのぐ性能を発揮し、写真や動画の編集で処理を待たされることが少なくなりました。

 キーボードカバーを装着するとマイクロソフトSurfaceのような外観に。USB Type-Cも備えた、最新鋭のパソコンそっくりさんです。新しいApple Pencilは握りやすいデザインになり、iPad本体とマグネットでくっついて自動的に充電される機能も備えました。クリエイター向けコンピュータを前面に打ち出すところは昔のMacを思い起こさせるようでした。11インチと12.9インチの2種類があり、バッグに入れてもじゃまにならないサイズで、最低重量はわずか468gです。

 最低価格が10万円を切るコストパフォーマンスの優秀さも手伝い、消費者からは熱烈に受け入れられました。

 一方、新型のMacBook Airはやや微妙です。

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中