このページの本文へ

薄型なのにゲームも快適なMSIの白色ノートパソコンP65

2018年11月21日 12時00分更新

文● 柴田 尚 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

高品質な映像とサウンドを堪能できる
機能とアプリケーション

 クリエイター向けということで、液晶画面の色味を調節する「Ture Colorテクノロジー」というユーティリティーがインストールされている。モードは、「ゲーマー」のほか、「ブルー軽減」や「sRGB」、「デザイナー」など多種多様だ。さらに、アプリケーションごとに自動的にモードを切り替えたり、キャリブレーションなどを行なうことも可能だ。

「Ture Colorテクノロジー」ユーティリティー。表示モードではゲームからデザイン用途、オフィス用途など様々なモードがあり、さらに自分好みに細かい調整も可能。ツールでは、アプリケーションごとに自動的にプロファイルなどを切り替えたり、キャリブレーションなどが行なえる

 サウンドは、キーボード上部に備わったステレオ2スピーカーになる。普通に再生しただけでも高音質だが、サウンドユーティリティーの「Nahimic 3」により、バーチャルサラウンドも堪能できる。

 実際に聞いてみた感想としては、とてもノートPCとは思えない音の広がりで音場の移動がはっきりと認識できた。クリエイター向けというより、完全にゲーマー向けなモデルじゃないかと思うほどである。

 また、側面を紹介したときにヘッドホン端子がHi-Res対応になっていることもあり、音質にもかなりこだわっていることがわかる。

「Nahimic 3」の設定画面。単なるサラウンドだけでなく、音量の自動調節や音声の明瞭度まで設定可能で、音楽鑑賞、映画鑑賞、ボイスチャットによるコミュニケーション、ゲームプレイそれぞれについて設定できる

さすがクリエイター向けだけあって
画像処理やレンダリング処理が得意

 では、各種ベンチマークを走らせて数値で性能を見ていこう。まずは、PCの総合力を計測する「PCMark 10」から。当然のようにトータルスコアで4926と高い数値となった。4000超えなのでノートパソコンとしては十分な性能を発揮できているということだ。

 アプリケーションの起動やWebブラウザーの快適さを表すEssentialsでは8398、WordやExcelなどの事務系アプリケーション性能を表すProductivityは6288、このあたりはCPUの性能の高さを示している。

 そして、画像や動画編集および3Dグラフィックス処理の能力を見るDigital Content Creationでは、GeForce GTX 1070のパワーを見せつける6145という高スコアとなった。ひと昔前のノートパソコンに搭載されていたGeForce MX150と比べると、およそ2倍近い数値となる。さすが、画像処理やレンダリング処理などが得意という感じだ。

PCMark 10のスコア

 CPUのコアそのもののパワーを見る「CINEBENCH R15」では、6コア12スレッドのパワーを発揮して1177cbをマーク。シングルコアでも172cbとなっている。これは第7世代Coreプロセッサーのおよそ1.5倍となる数値。第8世代Coreプロセッサーを搭載している恩恵といえる。

CINEBENCH R15のスコア

 さらに、CGレンダリングの速度を最新版の「Blender」を使って見ていこう。クリエイティブ作業の活用であればこれは重要なポイントになり得る。「Cycles Benchmark」のうち、「BMW27」と「Pavilion_Barcelona」で、1枚の画像のレンダリング速度をCPUとGPUのそれぞれで計測する。

「Blender」で「BMW27」をCPUにてレンダリング中
Blender Cycles Benchmark(BMW27)のレンダリング時間
Blender Cycles Benchmark(Pavilion_Barcelona)のレンダリング時間

 結果は上記のとおり。Blenderの公式ブログにアップされている、結果をまとめたスプレッドシートを参照すると、CPUはデスクトップ用のCore i7-5820K(3.30MHz)と同等くらい。GPUはデスクトップ用のNVIDIA GeForce GTX 1080の6割程度というところか。さすがにデスクトップ用と比較するのは分が悪いが、それなりの結果は出ている。

 P65 Creatorでは、ストレージに512GBのSSDを採用している。その速度を「CrystalDiskMark 6.0.1」でチェック。かなりのアクセス速度となっているので、クリエイティブ作業などでのファイル操作でストレスを感じることはほぼないだろう。ゲームプレイにおいても、読み出しの速さは重要だ。

CrystalDiskMark 6.0.1のスコア

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン