このページの本文へ

iPad Pro、MacBook Air、Mac mini……アップル2018年10月新製品まとめ第11回

明らかにiPadのイメージが変わる1台:

新iPad Proはコスパ高い Macより快適かも

2018年11月05日 20時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●驚きの高性能 アプリによってはMacより快適

 Macの性能も最新チップによって高まっていますが、iPad Proはそれを凌駕する快適性を備える可能性が高そうです。

 A12X Bionicチップは、以前のiPad Proの2倍の処理性能を誇り、MacBook Pro 13インチモデルに迫る性能になりつつあります。しかもグラフィックスはディスクリートGPUを備えるモデルにも匹敵するとアップルは胸を張ります。

 そうした性能をシングルタスクでフル回転させれば、作業によってはより高いパフォーマンスを発揮する可能性が出てくるというものです。

 数日間試している中、Adobe Lightroom CCによる写真編集、Premiere Rush CCによる4Kビデオ編集については、もうMacBook ProではなくiPad Proだけですませたいと思えるほど快適な編集をすることができました。

 モバイル主体で作業環境を構築する場合、iPad Proだけで文書作成からクリエイティブ作業まで終わらせてしまうようなワークフローも、十分イメージできます。

 あるいは、同じく10月30日に発表された新型のMacBook Airでドキュメントを中心とした作業をして、それ以外の高度な作業をiPad Proにまかせるという組み合わせもあり得るかもしれません。

 そういうアイデアが浮かぶほど、iPad Proの性能に対するコストパフォーマンスは非常に高いといえます。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン