このページの本文へ

iPad Pro、MacBook Air、Mac mini……アップル2018年10月新製品まとめ第11回

明らかにiPadのイメージが変わる1台:

新iPad Proはコスパ高い Macより快適かも

2018年11月05日 20時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●コンピュータらしさをにじませるUSB-C

 iPadはiPhoneと同様に30ピンDock端子からLightning端子に変わり、iPhoneと同じ充電器やアクセサリが利用できるようになっていました。しかし2018年モデルのiPad Proは、今度はMacと同じUSB-C端子を搭載しました。

 筆者はデスクでMacBook Proを使っていますが、充電ケーブルの先にUSB-Cハブを装着し、そのハブを抜き差しすることで充電やキーボード、デジタルカメラのSDカードなどのアクセサリを一度に着脱できるようにしています。

 iPad ProにMacBook Proで使っているままのUSB-Cハブを差し込んでみると、充電が始まり、外部ディスプレーが点灯し、そしてハブにUSBで接続していた外付けキーボードまで使えるようになりました。

 つまり、iPad ProとMacBook Proで、ほぼ完全にアクセサリを共有化できたのです

 実はUSB-C端子を搭載したと聞いたとき、今までiPad向けに揃えてきたLightning端子に差し込むアクセサリ類、たとえばSDカードリーダーや外付けステレオマイク、HDMI出力アダプタなどが使えなくなり、新たにアクセサリを揃えなければならないのかと暗い気持ちが漂いました。

 しかし、Mac向けのUSB-Cハブが利用できて追加出費がいらなくなった点は、とてもありがたい対応でした。言い換えれば、MacとiPad Proをより併用しやすくなったということです。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン