このページの本文へ

証券業界が銀行業界に「500メートル」歩み寄った理由

文● 週刊ダイヤモンド編集部(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
東京証券取引所の近くで約70年続いた兜町の老舗うなぎ屋「松よし」(写真左)は今年12月末で閉店。約50年前に竣工した東京証券会館にあった日本証券業協会は10月末、茅場町から日本橋へ移転した
東京証券取引所の近くで約70年続いた兜町の老舗うなぎ屋「松よし」(写真左)は今年12月末で閉店。約50年前に竣工した東京証券会館にあった日本証券業協会は10月末、茅場町から日本橋へ移転した Photo by Hiroki Matsumoto

 戦後の証券史を見続けてきた店が、ついに暖簾を下ろす。

 東京証券取引所がある兜町は、証券の街として知られている。その一角にあるうなぎ屋「松よし」は多くの証券マンに愛された老舗だ。創業は東京証券取引所が戦後に再開したのと同じ1949年。「株価のうなぎ登り」のゲン担ぎもあって、かつては多くの証券マン達で賑わった。しかし、町の衰退に伴って今年12月末、約70年にわたって営業してきた店を閉じることを決めた。

 証券の街からなくなるのは「松よし」だけではない。

 兜町に隣接する茅場町は、日本証券業協会が入居する東京証券会館の他、多くの証券会社が本社を置いてきた場所だ。

 だが、日本証券業協会は10月29日、建物の老朽化に伴い、日本橋に移転。その移転場所については「どれだけ遠くても兜町・茅場町の中心地から1キロメートル以内でと考えた」(鈴木茂晴・日本証券業協会長)というものの、証券の街から出ていったことに変わりはない。

立会場がなくなり
町の衰退が加速

 そもそも兜町・茅場町の周辺が証券の街として発展する基礎を作ったのは、「日本の資本主義の父」として知られる渋沢栄一氏だ。

 渋沢氏は1878年、財界の有力者たちと共に東京証券取引所の前身となる東京株式取引所を開設した。その後、周辺に株式仲買人が店舗をつくり発展してきた。それから約100年後のバブル期には、英国のシティ、米国のウォール街と並ぶ世界の金融センターとなった。

 だが、90年代前半のバブル崩壊後は衰退の一途をたどる。

 96年から始まった、金融制度改革を目指す「日本版金融ビッグバン」の一環で、98年に証券業が免許制から登録制に移行した。翌99年には、株式売買の委託手数料が完全自由化され競争が激化。ネット証券の台頭によって中小証券は苦境に陥った。

 さらに町の衰退を一気に加速させたのが99年4月末。従来、株式の売買は証券取引所の立会場で、「場立ち」と呼ばれる証券マンたちが手を使ったサインで行っていた。だが、証券取引所が株式の全銘柄をコンピューターシステムによる売買に切り替えたことで、立会場は閉場。場立ちが姿を消すとともに街の活気は失われていった。

 こうした中、証券各社は兜町・茅場町エリアから徐々に離散。野村ホールディングスの本社は、兜町・茅場町エリアにほど近い日本橋の「軍艦ビル」だったが、2005年には事実上の本社を大手町に移した(ただし、登記上は今も日本橋が本社)。また、SMBC日興証券も、かつては兜町にあった事実上の本社を、13年からは東京駅前の新丸の内ビルディングに移している(ただし、登記上は丸の内の別のビルが本社)。

兜町・茅場町の
会員企業数は三分の一に

 今回の日本証券業協会の移転について、ある大手証券の幹部は「茅場町から日本橋への移転については何の感慨もない」と切って捨てる。

 それもそのはずである。

 1986年時点で、兜町・茅場町に本社を置いていた日本証券業協会の会員企業は44社で、東京地区の会員企業に占める割合は3割以上だった。

 ところが、現在は同エリアの会員企業は立花証券、極東証券など13社に過ぎず、東京地区の会員企業数に占める割合は、わずか7%でしかない。

 証券の街の衰退は、証券業界そのものの衰退とも重なり合う。

 バブル崩壊から数年後、金融ビッグバンの前年である1995年末時点の時価総額ランキングをみると、野村証券(現・野村ホールディングス)は10位、大和証券(現・大和証券グループ本社)は25位と上位に位置していた。

 だが、今や野村ホールディングスは74位、大和証券グループ本社に至っては121位と大きく低迷している(18年10月29日時点)。しかも、かつての4大証券の内、今や独立系大手は野村と大和のみ。一方、メガバンク傘下のSMBC日興、みずほ証券、三菱UFJ証券ホールディングスの台頭の方が目立つほどだ。

 日本証券業協会の本部があった茅場町から移転先の日本橋のビルまでは、直線距離にして約500メートル。その先には全国銀行協会がある丸の内が広がる(現在はビル建替えに伴い大手町に一時移転中)。日本証券業協会が「証券の街」を出て、「銀行の街」に近づいて行ったことは、証券業界において銀行系証券が大きな存在になりつつあることを示唆しているようにも見える。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 松本裕樹)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ