このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第78回

タブレット向けアプリのバージョンアップなど使い勝手が大幅に改善

アドビ、Acrobat DCの大きな機能追加を発表

2018年11月06日 17時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クラウドベースのレビューで、煩わしい共有サーバーの設定作業が不要に

 2つ目が、クラウドベースのレビュー。従来からAcrobatは「注釈用に送信」機能で指定したサーバーを利用してレビューできたが、今回の機能強化でドキュメントクラウドを共有サーバーとして利用できるようになった。煩わしい共有サーバーの設定作業を行なう必要なくワンクリックでレビューを依頼できる。

 「ツール」から「レビュー用に送信」もしくは右側に並ぶ「共有」アイコンから招待するユーザーと期限などを設定して、送信するだけでOK。Document Cloudのサーバーを利用して、複数人で文書のレビューが可能になる。PC版、タブレット版、スマホ版はもちろん、ウェブ版でも操作できるので、社外の関係者とも気軽にコラボできるようになった。

 レビューはリアルタイムに行われ、複数人で同時に作業することも可能。文書業務の効率が格段に向上する。

「レビュー用に送信」というアイコンに変更された
Document Cloudを利⽤して共有レビューを⾏なえる

この連載の記事

目からウロコのPDF使いこなし術【アクロバット連載100回記念放送】