このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー第118回

前モデルからの進化点は少ないが欠点も少ない優等生「Xperia XZ2」

2018年09月17日 12時00分更新

文● 村元正剛 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回レビューするスマートフォンは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia XZ2」だ。同社のフラッグシップモデルで、日本ではドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアが取り扱っている。ソニー独自の技術を用いた「Motion Eye」カメラシステムなど、従来モデルの流れを汲みつつ、デザインを一新したモデルだ。

 なお、ドコモとauからは、デュアルカメラを搭載する「Xperia XZ2 Premium」も発売されている。“だから私は、Xperia” と決めている人の中にも、どちらを選ぶべきか迷っている人もいることだろう。そんな方にも参考になれば幸いだ。

約5.7型のフルHD+ディスプレーを搭載背面パネルには3Dガラスを使用

上質なデザインで、持ちやすいサイズ感だが……

 Xperiaシリーズは、長く背面がフラットで、やや角張った印象のデザインを採用していた。右側面に搭載した指紋センサーを兼ねる電源ボタンも大きな特徴となっていた。しかし、Xperia XZ2ではそのデザインを一新。背面は立体的なラウンドフォルムとなり、指紋センサーは背面に移動した。

背面の指紋センサーは、もう少し上にあればいいな、というのが率直な感想

 ガラスを用いた背面は、光の透過や反射によって表情が変わる仕様。手にフィットしやすい形状ではあるが、ツルッとしているので、手から滑り落ちてしまいそうで心配になる。実際には落としたことも、落としそうになったこともないのだが、美しいデザインゆえにキズを付けた場合のショックは大きそうだ。ケースに入れて使うべきだろう。

 ディスプレーはXperiaシリーズとして初めて画面アスペクト比が18:9の縦長ディスプレーを採用。前モデルのXperia XZ1(約5.2型)から約5.7型へと画面が大きくなったが、左右のベゼルを細くし、横幅は約72mmに抑えられている。つまり、フロント側は昨今のトレンドを踏襲したデザインと言っていいだろう。解像度はフルHD+(2160×1080ドット)だ。

縦長ディスプレーのため、左右は約72mmに抑えられており、しっかりと掴める画面サイズが約5.8型で、横幅が約80mmの「Xperia XZ2 Premium」(左)と比べてみた

 実際に使ってみて気になったのは、背面のカメラと指紋センサーの位置だ。本体を手にした時に、人差し指が自然に当たる位置にあるのはカメラのレンズ。慣れるまでは間違って触れて、レンズを汚すことになってしまった。指紋センサーに触れるには、人差し指を立てるか、本体の下部をつかむように持つ必要がある。これは、今後の改善を期待したいポイントだ。

右側面に音量ボタンと電源ボタンを搭載カメラを起動したり、シャッターにも使えるカメラボタンも健在
底部にUSB Type-Cポート。イヤフォンジャックが廃止され、USBポートで兼用する仕様になった上部にnanoSIM/microSDスロット。microSDカードは400GBまで対応

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン