このページの本文へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析第12回

接尾語から脱却するアップルのトレンド感:

アップルがiPhone Xs Maxなんて名前をつけるだろうか

2018年09月11日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

たしかに識別は容易になる

 製品名を接尾語で見ると、実に様々な変化がありました。アップルが使ってきた接尾語を簡単にまとめてみます。

■iPhoneに用いられたもの
・ 3G
・ s / S
・ Plus
・ c
・ X(←接尾語と言うべきか、バージョン名と言うべきか…)

■その他製品に用いられたもの
・ Pro
・ Air
・ mini
・ nano
・ shuffle
・ touch
・ Classic
・ Sport
・ Edition
・ Series -
・ -
※ -は数字

 接尾語はブランドや意味合い、特徴を伝える役割もありますが、内部的にも、販売店からしても、ユーザーにとっても、モデルを識別する上でのわかりやすさを与えてくれます。

 9to5macのリークでは「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」という名称になると指摘されています。たしかにiPhone Xとも区別できるし、新型モデルの画面サイズで名前が違えば、その識別も容易になります。

 しかし、繰り返しになりますが、どうにも「Max」という単語がiPhoneにつくのは……。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン