このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない-第143回

癒しの水なしアロマディフューザーを買いました

2018年09月02日 17時00分更新

文● にゃかむら(@TK6506)、編集●アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

充電式でどこでも気軽に使えます

 「AROMA MOBI」のお気に入りポイントのひとつはUSBケーブルによる充電式というところ。ウチは玄関にコンセントがないんですが、そういう場所や車の中でも使えます。

充電中は電源のインジケーターが点滅します。点灯状態になったら充電完了

 充電が終わったらオイルを入れます。底面のボタンを押すとノズル部分が飛び出すので取り出します。

底にある取り出しボタンを押すと、ノズル部分がピョコンと飛び出します
ノズルの下にオイルを入れるボトルがくっついています

 ノズルの下にはオイルを吸い上げるチューブが付いていて、ノズルのサイド部分から空気が送られるようになっています。霧吹きやハンドスプレーと同じ仕組みですね。オイルボトルには10ml入ります。

ノズルの下にあるチューブでオイルを吸い上げます

 付属のボトルにワタシが買った5ml入りボトルのキャップをはめてみたらピッタリだったので、ボトルの口の部分は統一された規格があるのかもしれません。10ml入りボトルのオイルを買えばそのまま装着できそうです。5ml入りは高さが低く、チューブが底にぶつかってしまってダメだったので、中身だけを移し替えました。

ベルガモットを使ってみます。ドバッと出ないようにノズルが付いていました
ボトルの上に逆さまに乗せたら、簡単に移し替えられました。移し終わったら元どおりボトルをノズル部分にねじ込みます
三角マークを合わせて本体にセット。グッと押し込めば固定されます

 電源をオンにするとすぐに香りが立ち上がってきます。オイル消費量を抑えるため、噴霧は3分に1回。噴霧時間の違いで強中弱の3つのモードがあります。また、2時間経つと自動的に電源オフになります。

 2日間時々動作させてみてオイルの消費量は半分減った程度。思ったより長持ちに感じます。弱だと1回の充電で80時間ぐらい動作するので、頻繁に充電する必要もありません。

電源とモード切替のスイッチはタッチ式。弱では3分に15秒間噴霧します
中は30秒。強は60秒。弱は12畳まで、中は30畳、強は45畳までとのこと
LEDの光が透けて見えるため、部屋が暗いとぼんやり光って綺麗です

 香りを嗅いでいると確かに癒される気がします。これまでアロマのお店なんて入ったことがなかったんですが、がぜん興味がわいてきました。出かけるたびについついオイルを買ってしまいそうです。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ