このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第573回

近寄っても逃げない猫を撫でながら撮る

2018年08月18日 10時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

首筋などを掻いてやるとみられる“エア首筋掻き”

 先日、夕方の公園にいたサビネコ。はじめて会った猫なんだけど、地面にへばりついたまま近寄っても逃げる気配なく、手を伸ばして首筋をぼりぼりと掻いてやる。

 猫って耳の後ろや首筋を後ろ足でよく掻くんだけれども、そのあたりを手でボリボリと掻いてやると、普段後ろ足で首筋を掻いてるときと同じ刺激だから、後ろ足が反応して「エア首筋掻き」をはじめることがあるのだ。空中をぼりぼりと掻くのである。

 この猫がそうであった。

猫のエア首筋掻き。耳の後ろの毛がなくなってたので何かに感染してたんだと思う。それで耳のあたりが痒いのだ。外猫だとけっこう多い(2018年7月 アップル iPhone X)
猫のエア首筋掻き。耳の後ろの毛がなくなってたので何かに感染してたんだと思う。それで耳のあたりが痒いのだ。外猫だとけっこう多い(2018年7月 アップル iPhone X)

 見事な「エア首筋掻き」。

 ちなみに首筋や耳の後ろを掻く頻度が高いときは、何かに感染してる可能性があるので(この猫はたぶんそうだ。耳の裏がちょっと痛んでた)、要注意。

 これ、そういう反応する猫としない猫があるんだけど、たまに出会うと楽しいのだ。

 この猫も右後ろ足がエア耳掻きしそうになってて楽しい。

後ろから首筋を撫でつつ、ZR4000のモニターを180度開いて自撮りモードにして撮影。右後ろ足が持ち上がってエア耳掻きしそうになってるのが可愛い(2017年5月 カシオ EX-ZR4000)
後ろから首筋を撫でつつ、ZR4000のモニターを180度開いて自撮りモードにして撮影。右後ろ足が持ち上がってエア耳掻きしそうになってるのが可愛い(2017年5月 カシオ EX-ZR4000)

 で、撫でられてると、喉を鳴らし、甘えるような声を出すことがある。うちの大五郎なんか気持ちいいツボにはいるとすぐ喉を鳴らして声を出す。それを昔から「猫撫で声」という。

 日本国語大辞典によると、15世紀の室町時代後半の文献で現われてるくらい古い言葉だったようである。

 でも外猫でそこまでリラックスしてくれることはあまりないわけで、猫撫で声を出しそうなくらい撫でられて幸せそうな猫の写真はないかと探してみたら……あった。

頭とおなかを同時に撫でられて悶えているの図。ここまで気持ちよさそうに撫でられる外猫はなかなかいません(2008年3月 ソニー α350)
頭とおなかを同時に撫でられて悶えているの図。ここまで気持ちよさそうに撫でられる外猫はなかなかいません(2008年3月 ソニー α350)

 10年前の写真。

 川沿いを自転車で走ってたら、ベンチで日向ぼっこしてる猫を発見。その場で止まったら、とことことこっちへ歩いてきて、目の前でごろんとおなかを出したのである。

 いくらなんでも無防備すぎやろおまえ、といいながら頭やらおなかやらを撫でたときの写真がこちらだ。

撫でられて気持ちよさそうな顔のアップ。これは10年前の本連載でも使ったカット(2008年3月 ソニー α350)
撫でられて気持ちよさそうな顔のアップ。これは10年前の本連載でも使ったカット(2008年3月 ソニー α350)

 人なつこい猫にもいろいろ出会ったけど、会った瞬間におなかを上に転がるようなムチャな猫はこいつだけだった。あれから10年もたってるのでまだ生きているかどうかはわからないけど、元気でいるといいなあ。

■Amazon.co.jpで購入


筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書) (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)、『古地図でめぐる今昔 東京さんぽガイド 』(玄光社MOOK)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン