このページの本文へ

夏休みに遊びに行くのにピッタリ!

自宅ではプレイできないVRコンテンツが楽しめる施設まとめ・その1

2018年07月30日 11時00分更新

文● MoguraVRジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

飲食店ながらVR/AR体験ができる異色店【VREX】

新宿店はカウンターがずらりと並ぶ

施設名:VREX 新宿店
●http://www.vrex.jp/shops.php#shinjuku
営業時間:10:00~23:30
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-27-5 APMビル5F
TEL:03-6205-6170
アクセス:JR新宿駅東口から徒歩6分。西武新宿駅から徒歩2分。東京ミステリーサーカス上

渋谷店はオープンスペースにAR体験コーナーが設置されている

施設名:VREX 渋谷宮益坂店
●http://www.vrex.jp/shops.php#shibuya
営業時間:12:00~23:30
住所:東京都渋谷区渋谷1-1-2-1 彼緯度渋谷宮益坂3F
TEL:03-5778-3223
アクセス:JR渋谷駅宮益坂口から徒歩4分。渋谷ボウリング(EST)裏

 新宿と渋谷にある「VREX(ヴィレックス)」は、飲食店でVR/AR体験ができる、ちょっと異色のお店だ。10タイトル以上のVRゲームが設置されており、一度で遊びつくすのが難しいほどだ。

 本施設の営業時間は新宿店が10時~23時半、渋谷店が12時~23時半。基本的には予約優先となっており、事前に予約すれば貸切もできる。料金体系は店ごとにで異なっており、新宿店では事前に「メダル」を両替機で購入し、メダルと引き換えに飲食やVRゲームを楽しめる。

 渋谷店は基本的にテーブルでオーダーするスタイルとなっており、広いスペースを活用したパーティー向けのコースや、個室(8名用)を使えるコースなどもある。用途に応じてどちらに行くか決めておくといいだろう。

VRならではの演出が光る人生ゲーム

バーチャルライフ

「バーチャルライフ」青春編。小学生の頃に戻り、デパートで迷子になったり、お小遣いをもらったり……と、ノスタルジックな体験もできる

 設置されているゲームの中でも特にオススメなのは「バーチャルライフ」。人生ゲームをVRで楽しめるようにアレンジしている。連続プレイ時間はおよそ30分以上と、店舗に設置されているVRゲームとしてはかなり長い。

 就職や結婚、果ては自分のお葬式まで体験できる。コミカルな演出やミニゲームなども楽しく、多人数でプレイするのにもってこいだ。20分から30分程度でプレイしきれる「青春編」では、小学生になって懐かしい子ども時代をVRで遊ぶこともできる。

10タイトルから選べる、よりどりみどりの「仮想パーティー」

 VRならではのゲームを多数集めた「仮想パーティ」では、土管から顔を出すもぐらをカゴに入れてスコアを競う「Mogura in VR」や、可愛い女の子に変身してファッションショーとリズムゲーム、そして撮影会が楽しめる「ハッピーおしゃれタイムカルテット」など、バラエティに富んだゲーム合計10種類から選んで楽しめる。よりどりみどりなので、どれを遊ぶのか悩ましいところだ。

VRで美少女(幼女)になれる「ハッピーおしゃれタイムカルテット」。VRでアイドルになりきってコーデや髪型を選び、リズムゲームをプレイして撮影会まで行える。記念写真はプリントしてもらうことができる(新宿店ではメダル1枚で写真2枚と交換、渋谷店は1枚200円)。今ブームのバーチャルYouTuberっぽい体験だ
かわいいもぐらを叩く……のではなく、ひたすら捕まえては出荷する「Mogura in VR」。レアな金モグラやメタルモグラは逃げ足が素早いので頑張って捕まえよう。最初はゆっくりだが、後半はかなり忙しくなり、ちょっとしたエクササイズにもなる
お宝の眠る渓谷を下ってゆく「トレジャーバレイ」。出現する宝箱や水晶に球を投げ、ガンガンお宝をゲットしていく。ザクザク出てくるので見た目にも楽しい
修学旅行の定番をVRで体験できる「まくら投げ」。拾って投げてぶつけるだけのシンプルなルールだが、これがなかなか盛り上がる。修学旅行の時、引率の先生が厳しくてできなかった人は存分にまくらを投げていただきたい

 前述の通りVREXは店舗ごとに料金システムが異なるため、公式サイトのショップ案内をきちんと読んでから行くことをオススメする。体験できるゲームは新宿と渋谷のどちらもほぼ同じだが、渋谷店では個室も準備されており、他の人がVRゲームをプレイしている様子をモニターで見ることもできる。

 ここでしか遊べないVRゲームや、マルチプレイに対応したVRゲームも多数設置されているため、大人数で食べたり飲んだりしながらワイワイ遊ぶのにピッタリのお店だ。国内外で人気のAR対戦ゲーム「HADO」も設置されているので、VRだけではなくこちらもプレイしてみてほしい。

HTC VIVE Facebookページ