このページの本文へ

西野ジャパンに足りなかったベルギー代表との「差」は何か

2018年07月04日 06時00分更新

文● 藤江直人(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
日本代表がベルギー代表から勝ち越しゴールを決められた瞬間
ベルギーが勝ち越しゴールを決めた瞬間 Photo:AFP/AFLO

まさかの幕切れに未明の日本列島が涙した。開催中のワールドカップ・ロシア大会で、開幕前の不振をはね返す快進撃を続けてきた西野ジャパンが、日本時間3日未明の決勝トーナメント1回戦で強豪ベルギー代表と激突。後半開始直後の連続ゴールでリードを奪いながら優勝候補の猛反撃を食らい、同点で迎えたアディショナルタイムに発動された、電光石火のカウンターから悪夢の逆転ゴールを奪われた。2大会ぶり3度目の挑戦にして、またもやはね返されたベスト8の壁。高度な戦術が凝縮されたカウンターを含めて、後半の試合展開の中でFIFAランキング3位のベルギーに見せつけられた、ほんのわずかに映るようで実は大きな「差」が、日本サッカー界をさらに前進させていく糧になる。(ノンフィクションライター 藤江直人)

ベルギー代表の「電光石火のカウンター」に
ベスト8への道が閉ざされる

 時間がほとんど残されてない土壇場で、ベルギー代表は逆転ゴールへと至る「絵」を明確に描き、ロストフ・アリーナのピッチ上にいた全員で瞬時に共有。電光石火のカウンターを発動させた。

 4分間が表示された後半アディショナルタイムも、3分半が経過しようとしていた。日本代表が獲得した左コーナーキック。MF本田圭佑(パチューカ)が放ったキックは、199cm、91kgのサイズを誇る絶対的守護神、ティボー・クルトワ(チェルシー)に難なくキャッチされた。

 次の瞬間、クルトワは間髪入れずにハンドスローの体勢に入る。ターゲットはすでに右前方でスプリントを開始していたケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)。プレミアリーグで2年連続アシスト王を獲得している司令塔が、ドリブルをどんどん加速させて中央突破を図る。

 しかも、デ・ブライネに連動するように、ベルギーの選手たちが日本陣内になだれ込んでくる。日本から見て左サイドをDFトーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン)が、右サイドをMFナセル・シャドリ(ウェスト・ブロムウィッチ)とFWエデン・アザール(チェルシー)が駆けあがってくる。

 さらにはゴール前の守備に参加していなかった190cm、94kgの怪物FWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)も、左サイドへ一度開いてデ・ブライネのドリブルコースを開けてから、斜め右前方へ脅威をまき散らしながら迫ってくる。一方の日本は吉田麻也(サウサンプトン)、昌子源(鹿島アントラーズ)の両センターバック含めて、実に7人が敵陣の奥深くにいた。

 危険を察知したMF香川真司(ボルシア・ドルトムント)が、ムニエではなくデ・ブライネとの距離を詰めていった。自陣に残っていたMF山口蛍(セレッソ大阪)と連動する形で、デ・ブライネを食い止めるはずのシナリオはしかし、瞬時に崩れ去ってしまう。

 加速してくるデ・ブライネに自分の姿を見せることで、山口は縦へのコースを切った。ただ、距離があったことで後ずさりしながらの対応を選択せざるを得ない。果たして、プレッシャーをほとんど受けない状況で、デ・ブライネはフリーになっていたムニエへパスを通した。

 ルカクをケアしていたDF長友佑都(ガラタサライ)が、慌ててムニエのマークにつく。そして、キャプテンのMF長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)がルカクのケアへ走った瞬間、シャドリとアザールが走り込んでくるスペースに日本の選手が誰もいない状況が生まれてしまった。

 背後ががら空き状態であることを分かっていたのだろう。ムニエが放ったグラウンダーのクロスを、長谷部にマークされていたルカクは確信をもってスルー。ベルギーのゴール前から80m近い距離を全力で戻り、最後はスライディングから必死に伸ばした昌子の左足もシャドリには届かなかった。

 クルトワがキャッチしてから、シャドリの左足から放たれた一撃がゴールネットを揺らすまで要した時間はわずか13秒。その間にデ・ブライネがドリブルしながら山口と香川を引きつけることで、意図的にムニエをフリーにし、日本のマークをずらすことで次にシャドリもフリーにする。

 例えシャドリのシュートがGK川島永嗣(FCメス)にセーブされても、ノーマークでフォローしてきたアザールがこぼれ球に詰める体勢を整えていた。二重三重にも張り巡らされた完璧なシナリオが具現化されてから約1分後に、2大会ぶり3度目の挑戦にして初めて開きかけていた、ワールドカップのベスト8へと通じる扉が残酷にも閉ざされてしまった。

「ベルギーのシナリオ」を阻止できる
ポイントは3つあった

 まさに手のひらで転がされるかのように、ベルギーが描いたシナリオ通りに奪われたゴールをあらためて振り返ってみれば、阻止できたポイントが少なくとも3つあった。

 まずは日本がショートコーナーを選択していれば、という点だ。実際、ショートコーナーに備えて、香川が本田のすぐ近くにポジションを取っていた。ショートコーナーならば時間も稼げて、何事も起こることなく延長戦に突入できていたかもしれない。

 しかし、日本には記憶に新しい成功体験があった。強敵コロンビア代表を撃破したグループリーグ初戦。FW大迫勇也(ベルダー・ブレーメン)の決勝ゴールをアシストしたのは絶妙のコーナーキックを蹴った本田であり、しかもサイドもベルギー戦と同じ左だった。

 ただ、日本としては体力的にも目いっぱいだったかもしれない。延長戦に入れば、イングランド代表とのグループリーグ最終戦で9人を温存していたベルギーの後塵を拝する。そう考えていたからこそ、直前にも無回転の直接フリーキックをゴールの枠内に放ち、クルトワに冷や汗をかかせた本田の左足に宿る正確なキックに希望を託した。

 次にボールをキャッチしたクルトワにプレッシャーをかけて、デ・ブライネへのハンドスローを遅らせていればという点だ。ペナルティーエリア内には吉田、昌子、大迫、DF酒井宏樹(オリンピック・マルセイユ)の4人がいた。しかし、すぐにデ・ブライネが走る姿を確認し、前方へダッシュを開始したクルトワの判断力が上回る形となった。

 最後は山口の対応だ。デ・ブライネとの距離があり、なおかつスピードに乗った相手にはそのままドリブルで突破することとムニエ、シャドリ、あるいはアザールへのパスという4つの選択肢があった。状況を考えればデ・ブライネのプレーを遅らせる仕事は難しかったかもしれないが、ならばファウルで止めてカードをもらったとしても誰も文句は言わなかったはずだ。

決勝トーナメントで初のゴールを決めるも
やはり「壁はまだ厚かった」

 FIFAランキング3位に名前を連ねる今大会の優勝候補で、グループリーグの3試合で最多の9ゴールをあげているベルギーとの大一番は、日本にとって理想的な展開で進んでいった。組織的かつ粘り強い守備で前半をスコアレスで折り返す。勝負をかける後半に入って、いきなり試合が動いた。

 開始3分。MF柴崎岳(ヘタフェ)が自陣から放ったグラウンダーの縦パスに、MF原口元気(ハノーファー)が抜け出す。ペナルティーエリア内で切り返そうとするが、追走してきたDFヤン・フェルトンゲン(トッテナム・ホットスパー)の寄せが弱いことに気づき、そのまま右足を振り抜く。これがクルトワにとってフェイントとなったのか。ボールはゴール左隅を撃ち抜いた。

「誰よりもたくさん走ること。その先にボールが来れば決められると思う。そう信じて走りたい」

 27歳にして臨む、初めてのワールドカップとなるロシア大会へ。日本を発つ前にこんな決意を語っていた原口にとって、2016年11月のサウジアラビア代表とのアジア最終予選第5節以来となる、代表通算7ゴール目は日本にとっても特別な意義を持っていた。

 日本は過去に2度、2002年の日韓共催大会と2010年の南アフリカ大会で決勝トーナメント1回戦を戦っている。前者はトルコ代表に0‐1で苦杯をなめさせられ、パラグアイ代表と対峙した後者では延長戦を含めた120分間でも0‐0の均衡は破れず、PK戦の末に涙を飲んだ。

 つまり、決勝トーナメントでは相手ゴールをこじ開けていなかった。16年前のトルコ戦から数えて258分目にして原口が初めて時計を動かし、4分後の同7分にはMF乾貴士(レアル・ベティス)が鮮やかなミドルシュートをゴール右隅に突き刺して続いた。

 しかし、ベルギーが一気に2人を交代させた同20分を境に流れが変わっていく。投入された2人のミッドフィールダー、シャドリとアルマン・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド)はとともに日本にはない「高さ」があった。前者は187cm、後者は194cmの長身を誇る。

 果たして、山なりのパスにも映ったフェルトンゲンのヘディングシュートが、川島の頭上を越える幸運な形でゴールに吸い込まれてから5分後の同29分。ベルギーに加わった高さが、踏ん張っていた日本の守備網に風穴を開ける。

 左サイドからアザールが送ったクロスに対して、吉田の前に割り込む形で入り込んできたフェライニが、競り合った長谷部を吹き飛ばしながらヘディングを一閃。瞬く間に試合を振り出しに戻した。交代のカードを切ったベルギーは、明らかに日本に対するアドバンテージを増していた。

 翻って、日本のベンチワークはどうだったのか。柴崎に代えて山口、原口に代えて本田が同時に投入されたのが同36分。残念ながら試合の流れを引き戻したとは言い難いし、何よりもベルギーの高さに対抗できる武器が、リザーブの選手たちの中には見当たらなかった。

 大柄なベルギーの選手たちが嫌がる、スピードと俊敏性を兼ね備えた切り札的な存在も然り。先発で送り出した原口と乾が疲れてくる時間帯になれば、カウンターを仕掛けられる場面もほとんど訪れなくなり、最後の最後にベルギーによる乾坤一擲の一撃の前に轟沈した。

 ベルギーのカウンターを成功させたいくつかの要因。そして、リードを奪ってからの戦い方で違いを生じさせたリザーブ選手の存在。わずかな差のように映る一方で、西野朗監督は試合後のインタビューで「壁はまだ厚いのかもしれない」とポツリと漏らした。

4年後には今の顔ぶれが紡がれるわけではない
W杯後の日本サッカー界の行方とは

 ロシアの地における冒険は、悔し涙とともに終焉を迎えた。過去に日本が一度も足を踏み入れたことのない、ベスト8以降のステージへたどり着けなかったからといって、5月下旬に慌ただしく船出した西野ジャパンが刻んできた軌跡が、すべて否定されるわけではない。

 23歳のFW浅野拓磨(ハノーファー)や21歳のMF井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)らが選外となり、メンバー決定時の平均年齢が過去最高の28.17歳に達したチームは、今現在で持ち合わせるすべての力を出し尽くした。

 黒星をあえて受け入れたパス回しで物議を醸したポーランド代表とのグループリーグ最終戦を含めて、現時点におけるベストパフォーマンスを発揮してくれた。DF長友佑都(ガラタサライ)が精かんな表情を浮かべながら、試合後に発した言葉がすべてを物語っている。

「笑顔で胸を張って帰ります」

 準備する時間が極めて限られていることもあって、西野監督は不動のキャプテンである長谷部、好調をキープする長友、35歳の最年長・川島、そして電撃解任されたヴァイッド・ハリルホジッチ前監督時代はボーダーライン上にいた本田やFW岡崎慎司(レスター・シティ)ら、ベテランの域に達した選手たちの経験を生かしたチーム作りを優先させた。

 さらには惨敗を喫した前回ブラジル大会以降に、積み重ねてきた部分を前面に押し出した。それは戦術うんぬんではなく、吉田、酒井宏、柴崎、乾、香川、原口、大迫らがヨーロッパの戦場でもがき、苦しみながらも体得してきた個人戦術となる。

 経験と個人戦術が短時間で融合された結果として、強豪ベルギーを相手にしても一歩も引かず、リスクを冒してゴールと勝利を目指すチームができあがった。ただ、試合後に本田が代表からの引退を表明したように、顔ぶれがそのまま4年後のカタール大会へ紡がれていくわけではない。

 いわばロシア大会限定の即席チームと言ってもいいが、それでも歩んでいくべき道をはっきりと示してくれた。日本人選手が持つ技術の高さや俊敏性、勤勉性を融合させれば、主導権を握る戦いを演じられる。実際、長谷部は日本を発つ前にこんな言葉を残している。

「今回のワールドカップの結果で、日本サッカー界の未来が大きく左右されてくると思っている」

 日本サッカー界の浮沈をかけた戦いは、興奮と感動を残して幕を閉じた。本田以外にも代表に別れを告げる選手が出てくるかもしれない。ベルギー戦で見えた差を埋めるためにも、ピラミッドのトップに立つ代表チームが目指す方向性やスタイルが今こそ明確に打ち出されなければならない。

 ロシア大会終了とともに契約が切れる西野監督の後任をどうするのか。アンダー世代をしっかりと育てて、世代交代を推し進められる組織作りも待ったなしだ。日本サッカー協会に課せられた仕事は多岐に渡る。ロストフ・アリーナに鳴り響いた無情のホイッスルは、新たな戦いの幕開けをも告げている。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ