このページの本文へ

W杯と株価、セネガル戦敗北なら下落しベスト8なら大幅高!?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サッカーW杯ロシア大会の初戦で下馬評を覆し、見事に格上の南米コロンビアを撃破した日本代表。グループリーグ突破が決まる可能性もあるセネガル戦に向け、国民の期待も一気に高まっている。こうした状況下、もし次戦で日本が敗れてしまった場合には株式市場に大きな逆風が吹きかねないとの見方が浮上している。(『週刊ダイヤモンド』編集部 竹田幸平)

日本VSセネガル

 西野朗監督率いる日本代表のサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会初戦となった19日のコロンビア戦。結果的に、日本はアジア勢としてW杯で南米勢から初勝利をもぎ取る会心の戦いを演じた。

 試合は開始3分で相手が退場者を出す波乱の幕開けとなり、香川真司(29)がこのプレーで自ら得たペナルティーキックを冷静に流し込んで先制。一時は追いつかれながらも、後半28分に左コーナーキックから大迫勇也(28)がヘディングで勝ち越しゴールを挙げて、そのまま逃げ切った。

 サッカーW杯は五輪と並ぶ世界スポーツの祭典だけに、経済に与える影響も少なくない。投資家心理の変化を通じて試合後の株式相場を動かす材料になることもあり、コロンビア戦の翌20日の東京株式市場では、日経平均株価が前日比276円95銭(1.2%)高の2万2555円43銭で取引を終了。3営業日ぶりに株価が反発した一因になったとの見方が出ている。

「日本代表の勝利は株式市場に間違いなくプラス。お酒を飲みながら盛り上がるような動きが広がれば国内消費にも好影響が出る」(日本証券業協会の鈴木茂晴会長)と、証券界でもさらなる躍進を期待する声は少なくない。

 このコロンビア戦の勝利を受け、西野ジャパンは日本時間24日24時にキックオフを迎えるセネガル戦の結果次第でH組のグループリーグを突破し、16強入りを決める可能性が出てきた(第2戦での突破条件は日本がセネガルに勝利した上で、もう一戦のポーランド—コロンビア戦でコロンビアが勝つか、両者が引き分けた場合)。

 日本代表を巡るメディアの報道ぶりに目を向けても、ここにきて「十分勝機はある」といった前向きな展望を描く記事が続々と出てきている。大会前は「3連敗もあり得る」という悲観論が支配的だった状況から一転、いつになく「サムライブルー」への期待が高まっているのだ。

期待が高まるほど警戒も必要に
“ガッカリ負け”なら下げ大きく

 ただし株式市場からは、こうした現状をむしろ警戒すべきとの声も聞こえてくる。相場は常に人々の”期待”を先に織り込んで上昇する分、事前に勝利への期待が高まっている中で負けてしまうと「“ガッカリ効果”で相場下落につながりやすい」(ニッセイアセットマネジメントの吉野貴晶・投資工学開発センター長)からだ。

 一方、こうした状況で実際に勝利を収めても、既に期待が高まってからでは相場に与える好影響も限られやすくなる。

 吉野氏の調べでは、日本が前回大会までに経験したW杯通算17試合のうち、敗戦した9試合のすぐ後の株価(日経平均)の下落率は平均1.1%。それに比べ、17試合のうちメディアなどで事前に「勝利」が予測(期待)されていた9試合を見ると、この中で負けてしまった4試合後の株価の平均下落率は2.64%と大きく、「期待外れの負けでガッカリした気持ちになったことが影響した」(吉野氏)とみられるという。

 セネガルが強豪ポーランドを破った試合では、ナポリのDFカリドゥ・クリバリ(27)を中心とした組織的なディフェンスと、リバプールのFWサディオ・マネ(26)率いるスピーディーな攻撃が合わさった自力の強さが目立った。日本代表への期待値が高まったからといって、FIFAランキングで格上のセネガル戦が厳しい試合となるのは避けられないだろう。

 仮に次戦で敗北すると、事前の期待値が高かっただけに、週明け25日の日本株は思わぬ“カウンター”を食らってしまいかねない。引き分けの場合は予想の範囲内のため、吉野氏は「あまり相場に影響はない」とみる。

「初」の偉業なら株高を“アシスト”?
「ジョホールバルの歓喜」で大幅高の過去も

 一方でもし勝利を収めればどうなるか。期待を織り込んでいる分、目先の株価の押し上げ効果は限られるかもしれないが、グループリーグ突破を果たした先には初の「ベスト8」への道も見えてくる。

 決勝トーナメント1回戦ではベルギーかイングランドと当たる可能性が高く、こうした強豪を打ち負かす必要があるものの、金字塔を打ち立てれば相場に少なからぬ押し上げ効果が見込めるかもしれない。実際、過去には日本代表がW杯を巡る「初」の快挙を成し遂げた際、株式相場が大きく盛り上がった局面があった。

 それは1997年11月16日、アジア最終予選で日本代表がイランに延長線で勝利し、W杯の初出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」にニッポン中が沸き立った時のこと──。翌17日の朝方は北海道拓殖銀行の破綻というニュースが流れたにもかかわらず、同日の日経平均は約1200円も上昇した。

 これほど悪材料があったのに大幅上昇した背景には、「W杯初出場という快挙を成し遂げたことが少なからず影響した」(三井住友アセットマネジメントの宅森昭吉チーフ・エコノミスト)との声がある。

 さらに言えば、日本が今回目指す「初」のハードルはW杯ベスト8の高みだが、実は学術的にも「決勝トーナメントの方が株価への影響度が大きい」のだという。約10年前に米国ファイナンス学会で発表された「スポーツ心理と株式リターン(Sports Sentiment and Stock Returns)」という論文によると、W杯で試合に勝った翌日の代表国の株式市場は、グループリーグではなく、決勝トーナメントで勝ち上がった時こそプラスとなる関係がみられたという。

 要は今大会もサムライブルーがW杯でステージを前に進めるほど、株高を強烈に“アシスト”する可能性が高まる、ということだ。先の研究では、逆に決勝トーナメントまでたどり着いてから負けてしまうと、勝った時よりも株価へのマイナスの影響度が大きくなるとの傾向も示されている。

 西野監督が1996年にアトランタ五輪でチームを率いた際は、初戦で強豪ブラジルを破る「マイアミの奇跡」を起こして2勝するも、勝ち点差で3位となってグループリーグ敗退の憂き目にあった。その際に唯一敗れた2戦目の相手はナイジェリアで、次戦セネガルと同じアフリカ勢だ。そんな20年越しの雪辱を晴らすためにも、あわよくば株価上昇のためにも、西野ジャパンには次戦以降、さらなる激闘を勝ち抜いていってほしいところだ。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ