このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!!第26回

【今月の自作PCレシピ】Core i7-8086と旬なパーツで組む、この夏オススメのハイスペック構成

2018年06月30日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

120mmファン×3の360mmラジエーターを搭載だ

 CPUのオーバークロック耐性やコア電圧の動作下限には、個体差による”あたり、ハズレ”があるが、ある程度選別済みになる「Core i7-8086K」の耐性には大いに期待が持てるところ。そんな「Core i7-8086K」をオーバークロックで安定常用できるように、360mmラジエーターでしっかり冷却だ。

 オールインワン水冷キットでは、インフィニティミラーによる美しいLED演出で、人気のあるNZXT「KRAKEN」シリーズにも、360mmモデルの「KRAKEN X72」が発売されているが、今回は在庫潤沢でPCケース「ROG STRIX Z370-F GAMING」との搭載例も豊富なCorsair製「H150i PRO RGB」(型番:CW-9060031-WW)を選んでいる。

360mmラジエーターを採用するCorsair製「H150i PRO RGB」(型番:CW-9060031-WW)
CPUウォーターブロック部に、LEDイルミネーション機能を搭載している

そのほかも定番や最新のパーツで構成

 そのほか、マザーボードにはASUSの「Aura Sync」をサポートする「ROG STRIX Z370-F GAMING」。SSDにはサムスンの最新NVMe SSD「970 EVO 500GB」(型番:MZ-V7E500B/IT)、ビデオカードには値下がり気味な「GeForce GTX 1080」を搭載し、LEDイルミネーション機能を備えるASUS「ROG STRIX-GTX1080-A8G-GAMING」を選んでいる。

Z370チップセット搭載マザーボードの定番モデルのひとつになるASUS「ROG STRIX Z370-F GAMING」
サムスンの最新NVMe M.2 SSDの「970 EVO」。本構成では容量500GBモデルをチョイスしている
3連ファン装備の大型GPUクーラーを採用する「GeForce GTX 1080」搭載ビデオカードのASUS「ROG STRIX-GTX1080-A8G-GAMING」。バックプレートのR.O.G.ロゴなどが発光する

【取材協力】

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中