このページの本文へ

共通ポイント戦国時代、「W貯め」で賢くポイ活!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
共通ポイントの戦国時代が到来!
みなさんは「ポイ活」しているか?(写真はイメージです)

激化しつつある
共通ポイントの陣取り合戦

「ポイ活」というキーワードが、女性を中心にインスタなどで話題だという。「ポイ活」とは、ポイント活動の略語で、ポイントを効率よく貯め、節約に生かす活動を言うらしい。

 決して新しい手法ではないのに、今なぜ「ポイ活」なのか。可処分所得がなかなか増えない埋め合わせに、1円でも得したい意識の現れか、それともポイント役者が出揃ったということだろうか。

 古くて新しいポイントが世間の注目を浴びていることと、TポイントやPontaなどの「共通ポイント」の陣取り合戦が一層激しくなってきたことはリンクしているのかもしれない。今年に入って、各陣営は独自の戦術に打って出ている。

 楽天スーパーポイントは2018年4月からビックカメラ店舗でポイントが貯まるようになった。さらに6月からはポイントを利用した支払いにも対応するという。ポイント付与率は購入額(税込)の5%分が基本と高還元率だ。ただし、貯めるポイントはビックポイント(注1)とのどちらかを選ぶことになる。

 さらに動きが目立つのは、ドコモのdポイント。4月30日より、ドラッグストアのマツモトキヨシでの支払いでdポイントが貯まるようになった。今はまだ東名阪エリアの店舗が中心だが、順次全国に拡大するという。6月30日までは、dポイント対応店舗のマツキヨ、どらっぐぱぱす(注2)でdポイントカード(モバイルdポイントカード、dカードプリペイド、dカード含む)を提示すれば100円につき通常1ポイントのところ、3ポイントが貯まるキャンペーン中だ。

 マツモトキヨシポイントカードをすでに持っている人は、レジでこれも同時に提示すれば、両方のポイントが貯まる。2種類のポイントの「W貯め」というわけだ。

(注1)ビックポイントは購入額の10%分
(注2)マツキヨポイントは200ポイントたまると、支払いで200円の値引きとして使うことができる。どらっぐぱぱすは都内を中心に展開するマツキヨグループ。

 このW貯めは、ドラッグストアのツルハグループで以前から行われていた。ツルハグループ(ツルハドラッグ、くすりの福太郎、ウェルネス、レデイ薬局など)各社のポイントカード(注3)と、楽天ポイントカードもしくはモバイルカードを同時に提示すれば、ツルハグループポイントと楽天スーパーポイントの両方が貯まることになる(一部除外商品あり)。

 貯まるのは、200円(税抜)につき1ポイント(ツルハポイントは会員ランク[注4]で付与率が変わるが、基本は調剤が100円につき1ポイント、日用品等が200円につき1ポイントとなる)。処方箋で薬を受け取る時にも、楽天スーパーポイントが貯まるのはありがたい。レジでの支払いに使用することも可能(調剤は不可)なので、楽天市場などでのネットサービス利用で貯めたポイントで買い物をすることもできる。

dポイントとPontaは
W貯めできる店も同じ

 PontaでもW貯めができる。書店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂、啓林堂書店で扱うhontoカード(注5)と一緒にPontaカードを会計時に提示すれば、双方のポイントが200円(税抜)ごとに1ポイント貯まる。初回に2種類のカードを提示すれば、レジで紐づけが完了するので、2回目からはどちらかのカードまたはスマホでどちらかのアプリのバーコードを出すだけでOKだ。ただし、hontoポイントと連携できるのはPontaのみにあらず。dポイントも連携できる。honto+Ponta、honto+dポイント、どちらを選ぶかの仁義なき戦いだ。

 ついでに言うなら、コンビニのローソンでもこの両者(Ponta、dポイント)は微妙な緊張関係を保っている。ローソンではどちらのポイントも貯められるからだ。基本、レジで提示するのはどちらかのポイントカードだが。決済によってはW貯めもできる。レジでPontaカードを提示し、決済はdカードでクレジット払いをする。レジではPonta、決済ではdポイントが貯まるというわけだ。

 なお、両者は相互交換が可能だ。Pontaは100ポイント単位でdポイントへ、dポイントは5000ポイント以上でPontaへ。ただし、dポイントからPontaへは別途250ポイントの手数料がかかる。これを見ても、Pontaのほうが分が悪い。Ponta派には、プリペイド式カード「おさいふPonta」で支払えば、提示分(100円につき1ポイント)と支払い分(500円につき1ポイント)の自己W貯めができるので、そっちで稼ぐ手はあるのだが。

(注3)ポイントが500ポイント貯まるとレジから500円券が発行。発行されてから3ヵ月以内に使用しないと無効になる
(注4)会員ランクは1月1日~12月31日までの年間購入金額によって、ポイントの付与率が変わる制度。例えば1年間に15万円購入すると、翌年はゴールド会員(10万円以上20万円未満)となり、ポイントは2倍(翌年1月1日~翌々年3月31日が対象)になる。ただし、ポイントサービスデーに利用した場合は、サービスデーが優先される。
(注5)hontoの場合、1日1回、ボタンを押して抽選でポイントがたまる「あしあと抽選」がある。「あしあと抽選」で貯めたポイントは翌月末までに使用しないと、そのポイントは失効する。hontoのポイントを使用する場合は1ポイントからではなく、50ポイント(あしあと抽選で貯めたポイントも使用可能)からになっている。

ツルハで「d払い」を使えば
トリプルポイント同時も?

 かつては、1つの特約(提携)店がつけられるのは1種類の共通ポイントとのルールがあり、後発ポイントが不利になる図式だった。第一走者のTポイントが大方の市場を抑えてしまったため、二番手以降は新天地を探す苦労をしてきたはずだったのが、最近はレースの様子が変わってきたのだ。

 ローソンでPontaとdポイントが選べるのと同じように、マクドナルドでも楽天スーパーポイントとdポイントのいずれかを選択できる。最初に書いたように、ビックカメラのポイントと楽天スーパーポイントとの提携も同じだ。

 共通ポイントは、そのポイントが提携している企業間の相互集客ツールとして存在感を示していた。しかし、上記のように1ヵ所に1ポイントの法則が崩れ、また、電子マネーのチャージや決済アプリなどの登場で、ポイント付与は二重三重にややこしくなっている。

 チャージや決済に使うクレジットカードのポイント、決済金額に応じたポイント、決済時に提示したポイントカードへのポイントと、最低でも3つのシーンでポイントが貯まる。先に、ツルハグループでは楽天スーパーポイントがダブルで貯まると書いたが、決済の選び方でdポイントも貯められることになった。

 スマホに表示されるQRコードで決済し、携帯料金とともに支払うNTTドコモの「d払い」に、ツルハが対応することになったからだ。d払いで200円(税込)を支払うごとに、1ポイントのdポイントが貯まる。

 つまり、ツルハグループポイント、楽天スーパーポイント、dポイントの3種類を貯めることが可能というわけだ。もちろんd払いの料金をdカードで払えば、そこにもdポイントが付く。ツルハグループはLINE Payなどのキャッシュレス払いに積極的であるため、今後多くの決済アプリに対応すればするほど、貯められるポイントは増えていくだろう。

 なお、2018年夏よりドラッグストアのウエルシアでもd払いを導入する予定なので、実現すればTポイントとdポイントがダブルで貯められるようになるはずだ。

節約に効くポイントを決めて、
優先的に貯めるのがカギ

定年後でもちゃっかり増えるお金著者・松崎のり子さんの最新刊
「定年後でもちゃっかり増えるお金術」
が好評発売中!
講談社、160ページ、1000円(税別)
リタイア後の賢い貯蓄術!
老後破綻に怯えるより、お金が貯まる暮らしに変えていけばいい。 それには何をすればいいかを5つのステップで紹介。

 ここまで入り乱れてくると、今度は利用者側の戦略が必要になる。単純に、いろんなポイントが貯まったと喜んでばかりもいられないだろう。

 冒頭の「ポイ活」とは、あくまでポイントを現金代わりに使って節約に役立てるのが目的だ。バラバラに貯めるのではなく、自分が使いやすい、使う場面が多いポイントをある程度絞って貯めたほうがいい。

 W貯め競争に熱心そうなのは、今のところdポイントと楽天スーパーポイントだが、自分がよく利用する店またはサービスでどちらのポイントが使えるのか。ドコモユーザーならせっせとdポイントを貯めてケータイ料金の支払いに充てれば、毎月の支出が減らせるだろう。

 楽天市場の利用が多いユーザーなら、リアル店舗で貯めたポイントが使える。この共通ポイント陣取りゲームを己の消費行動を改めて振り返るきっかけにし、有意義な「ポイ活」をしたいものだ。

※ポイントの使用、付与率、使用できる店等は今後、企業の事情により変わることがあります。

(消費経済ジャーナリスト 松崎のり子)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ