このページの本文へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第39回

私の「de:code 2018」が無事終了

Azure SQL Database向けセキュリティパッケージ「SQL ATP」発表

2018年05月28日 13時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Azure Data Factory:Visual Toolsのアップデート

 Azure Data Factoryは、データ統合サービスです。

 2017年9月のIgnite 2017カンファレンスで、機能強化された次世代のAzure Data Factory v2のパブリックプレビューがリリースされていました。そして、1月に、Azure Data Factory v2で、データ統合パイプラインの作成,、監視を行う「Azure Data Factory Visual Tools」のパブリックプレビューがリリースされていました

 1月にリリースされたパブリックプレビュー以降に、Visual Toolsで次の新機能がリリースされました。

  • Azure Data Factoryのリリースノート、アップデートの表示
  • Azureリージョン、リソースグループの表示
  • 70以上のデータソースへのコネクター
  • Azure Databricks向けのノートブックアクティビティ
  • データソースからのデータをフィルタリングする、フィルターアクティビティ
  • 「SSISパッケージを実行」アクティビティ
  • データソース内のデータセットを取得する、ルックアップアクティビティ
  • Azure Key Vaultとの統合
  • 反復開発とデバッグ
  • テスト実行(デバッグ)状態の表示
  • パイプライン、アクティビティのクローン
  • リソースエクスプローラーの表示の改善
  • パイプラインのコードの表示、編集
  • 保留中の変更の表示
  • Visual Studio Team Services(VSTS) Gitリポジトリの任意のブランチからのインポート
  • コピーアクティビティの進捗の監視
  • アラートの作成
  • メトリックの視覚化
  • 子パイプラインの実行状態の表示
  • パイプライン実行のRunIDの簡単なコピー

 詳細は、ブログポスト「Enhance productivity using Azure Data Factory Visual Tools」をご覧ください。

Azure Data Factory Visual Toolsでの、Azure Databricks向けのノートブックアクティビティ

Azure Service Fabric:Azure Service Fabric 6.2 CU1

 Azure Service Fabricは、Windows Server/Linux上で動作するマイクロサービスプラットフォームであり、コンテナーオーケストレーターでもあります。

 4月にリリースされていたAzure Service Fabric 6.2のアップデートとして、Azure Service Fabric 6.2 CU1がリリースされました。アップデートは、バグ修正が中心です。

 詳細は、ブログポスト「6.2 Release Update」リリースノートをご覧ください。

Azure Service Bus:AMQPでのトランザクション/経由送信、Premiumレベルでのパーティションのサポート廃止

 Azure Service Busは、メッセージングサービスです。

 Java、.NET Standard向けのAzure Service BusのAMQPクライアント ライブラリで、トランザクション、経由送信(Send Via)のサポートがGAになりました。

 詳細は、ブログポスト「AMQP transaction support and Send Via are now generally available」をご覧ください。

 Azure Service BusのPremiumレベルでこれまでサポートされていたパーティション(最新情報は英語ページを参照)が、サポートされなくなります。

 詳細は、ブログポスト「Premium Messaging: High Performance Without Partitions」をご覧ください。

Azure Application Insights:ログアラートでの複数のアプリにわたるクエリ

 Azure Application Insightsは、APM(アプリケーションパフォーマンス監視)ツールです。

 2017年9月のIgnite 2017カンファレンスで、Azure Application Insightsにおいて、複数のアプリにわたるクエリが可能になっていました

 Azure Application Insightsのログアラートでの、複数のアプリにわたるクエリのサポートが、パブリックプレビューになりました。

 詳細は、更新情報「Public preview: Query across applications in log alerts」をご覧ください。

Azure Application Insightsのログアラートでの、複数のアプリにわたるクエリの設定

カテゴリートップへ

この連載の記事