このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第481回

3000円ちょいのIoTプラグ「ミニスマートWi-Fiプラグ」を衝動買い

2018年05月16日 10時00分更新

文● T教授、撮影● T教授、編集●編集部ハシモト

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Google、Amazonのスマートスピーカー連携もできる

 最後に、昨今のこの手のIoTコンシューマ商品のお約束でもあるスマートスピーカーとの連携処理だが、今回は我が家にある「Amazon Echo」のスマートホームデバイスとして設定してみた。

Alexaで操作するには「TP-LINK Kasa」スキルを導入する Alexaアプリのスマートホームでリビングルームと名付けた「ミニスマートWi-Fiプラグ」を紐づけする
Alexaで操作するには「TP-LINK Kasa」スキルを導入するAlexaアプリのスマートホームでリビングルームと名付けた「ミニスマートWi-Fiプラグ」を紐づけする
サインインしてAlexaでミニスマートWi-Fiプラグの管理をできるようにする サインインしてAlexaでミニスマートWi-Fiプラグの管理をできるようにする

 設定はほかのスマートホーム系のデバイス同様、専用スキル「TP-KINK KASA」の導入とデバイスの追加、認証を行なえばすぐに、音声による電源オン/オフの操作が可能だ。

 上の動画は実際に自宅のAlexaに発話して、ミニスマートWi-Fiプラグのスイッチをオン/オフし、接続したフロアランプを点灯/消灯してみた様子。Wi-Fiではなく、キャリア回線を使用した場合、点灯/消灯は時間的にかなり遅延する感じだった。

 なお、筆者はミニスマートWi-Fiプラグに「リビングルーム」というちょっと変な名前を付けてしまったので、Amazon Echoへの発話でフロアランプを点灯させるには「Alexa! リビングルーム オン」と話しかけることになってしまった。

 何度かやってるうちに長い名前を言うのが面倒になって「リビングルーム オン」の代わりに、意味不明の「リビングオン」と発話しても同じ動作を行なってくれた。

 面白いのは、実際の電源オンやオフが実行されて、フロアライトが点灯/消灯してから、Alexaがなぜか遅れて「ハイ!」と言うことだ。

ミニスマートWi-FiプラグだけでIoTホームの実現はないので、さまざまなメーカーのIoT機器との連携が必要だが、メーカーを超えたシームレスな簡単操作にはまだ少し時間がかかりそうだ ミニスマートWi-FiプラグだけでIoTホームの実現はないので、さまざまなメーカーのIoT機器との連携が必要だが、メーカーを超えたシームレスな簡単操作にはまだ少し時間がかかりそうだ

 ミニスマートWi-Fiプラグは安価で、設定も簡単、実際の動作も確実だが、やはりミニスマートWi-Fiプラグだけでは家庭のIoT化はほとんど進まない。

 壁面に設置されたシーソー型スイッチでオン/オフする従来の天井灯や、リモコンでしか動作しないエアコンや扇風機、多くの音声映像系機器、そしてミニスマートWi-Fiプラグでも遠隔操作禁止とされている電気ストーブなどの発熱系の家電製品。

 考えればミニスマートWi-Fiプラグで操作できる家電品よりも操作できない家電品の方が圧倒的に多そうだ。

 実際には、ミニスマートWi-FiプラグとそのほかのIoT系コントローラーとの多様な組み合わせで初めて理想のIoTホームは何とか実現しそうだ。

 しかし、あらかじめ決めた共通規定や規約で動作するはずという前提があっても、実際に多メーカーの商品が入り乱れて動作する世界となれば、“理論的にできる”という世界と、“簡単で便利”な世界とはまだまだ大きな隔たりがありそうだ。

 急いで自宅を出てしまったが、電気ストーブの電源は切っただろうか? ホームこたつの電源は? ……と気になることはどうしてもポジティブな使い方ではなく、ネガティブな懸念の確実な打ち消し処理をやりたい時が多そうだ。

 しかし、それらの家電製品は安全性の面から遠隔操作禁止の接続アイテムだ。

 さて、ミニスマートWi-Fiプラグを筆者はどんなことに使うか、これからゆっくりと考えてみるつもりだ。

T教授

今回の衝動買い

アイテム:
ミニスマートWi-Fiプラグ(HS105)

価格:ヨドバシ・ドット・コムにて3320円で購入


T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。
 T教授も関わるKOROBOCLで文具活用による「他力創発」を実験中。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン