このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」第481回

3000円ちょいのIoTプラグ「ミニスマートWi-Fiプラグ」を衝動買い

2018年05月16日 10時00分更新

文● T教授、撮影● T教授、編集●編集部ハシモト

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スケジュールで家電をオン/オフできる

イベント登録でミニスマートWi-Fiプラグのオン/オフを複数個登録実行できる イベント登録でミニスマートWi-Fiプラグのオン/オフを複数個登録実行できる

 アプリでは、このようなマニュアルによる任意の操作以外に、今後のオン/オフのイベントを複数作成登録し、スケジュールされた自動オペレーションができる。曜日による繰り返しの設定も可能だ。

実際のケースではありえないが、1分おきにミニスマートWi-Fiプラグをオン/オフするスケジュールを作成してみた 実際のケースではありえないが、1分おきにミニスマートWi-Fiプラグをオン/オフするスケジュールを作成してみた

 実際にはこんな短時間でのオン/オフ操作はあり得ないと思うが、今回は実験のために、13時5分に現在点灯中のフロアランプをオフにし、1分後の13時6分にオン、また1分後の13時7分にオフ、そして最後に、13時8分にオンにするというかなり無駄なことをやってみたが、筆者宅のフロアランプはスケジュール通り、1分おきにオン/オフの動作を正しく繰り返した。

「おでかけモード」は開始と終了時刻を設定して、その間はランダムにミニスマートWi-Fiプラグをオン/オフするモードだ 画面の例では、日曜日の13時15分~17時までアウェイモードとなり、ミニスマートWi-Fiプラグがランダムにオン/オフを行なう。室内照明なら、在宅感をアピールできる
「おでかけモード」は開始と終了時刻を設定して、その間はランダムにミニスマートWi-Fiプラグをオン/オフするモードだ画面の例では、日曜日の13時15分~17時までアウェイモードとなり、ミニスマートWi-Fiプラグがランダムにオン/オフを行なう。室内照明なら、在宅感をアピールできる

 スケジュールによるオン/オフのカスタマイズ以外に「おでかけモード」という簡易な一発設定も用意されている。

 これは開始時間と終了時間さえ入力設定すれば、その時間の間ずっとミニスマートWi-Fiプラグはランダムにオン/オフを繰り返すという動作を行なってくれる。もちろんスケジュール設定同様、曜日指定による変則設定も可能だ。

夜間だけ簡単にアウェイモードにするなら、日の入り、日の出を選択すれば、あとはおまかせ。もちろん曜日選択による繰り返しも簡単 夜間だけ簡単にアウェイモードにするなら、日の入り、日の出を選択すれば、あとはおまかせ。もちろん曜日選択による繰り返しも簡単

 また、アプリ導入時に指定したロケーション情報から、スマホユーザーのいる地域の「日の入り」と「日の出」の時刻を特定し、前述のランダムなオン/オフ処理を前提とした簡易な「おでかけモード」を実現してくれる。旅行などに行く時の夜間の在宅感を表現するのに便利なオプションだ。

一般的な家電製品のタイマー機能と同じ。ミニスマートWi-Fiプラグを●時間●●分後にオン/オフできる 一般的な家電製品のタイマー機能と同じ。ミニスマートWi-Fiプラグを●時間●●分後にオン/オフできる

 もう1つの操作は、現在時刻から何時間何分後にミニスマートWi-Fiプラグの電源をオン/オフするというタイマー設定だ。

ミニスマートWi-Fiプラグは動作した時間のログをとっているので、稼働時間のレポートを常時見ることができる ミニスマートWi-Fiプラグは動作した時間のログをとっているので、稼働時間のレポートを常時見ることができる

 これらの操作による、ミニスマートWi-Fiプラグの稼働時間のログも、本日、過去1週間分、過去1ヵ月分の単位で自動的に記録してくれる。

 このような操作や設定は、ネット通信環境さえあれば、自宅を離れた遠隔地からのスマホ操作で可能だ。

 ミニスマートWi-Fiプラグに対して、いつでも、どこからでも、画面タップによる直接操作、スケジュール、おでかけモード、タイマー設定など、すべての操作が可能だ。

 しかし、自宅のWi-Fi傘下の同一ネットワークグループの時と比較すると、設定情報の取得や更新などに結構時間がかかり、それほど快適な操作性ではないだろう。

 そのため、出先では、画面タップによる電源の直接オン/オフ程度ににとどめておくのがストレスがなくていいだろう。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン