このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第229回

Samsungの新M.2 SSD「SSD 970 PRO/EVO」はどれだけ性能が向上した?

2018年04月25日 00時01分更新

文● 竹内 亮介 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

動作クロックが上昇し
発熱量も増加

 PCI Express接続のM.2対応SSDは高速だが、動作時に温度が高くなりやすいという特性がある。970 PRO/EVOではコントローラーの動作クロックが向上したということもあり、なおさら発熱の状況が気になるところだ。

 そこで各モデルに対してPCMark 8の「Storage」テストを実行し、20分経った後の最高温度を計測してみたところ、960 PRO/EVOシリーズでは44度だったのに対し、970 PRO/EVOシリーズでは52度だった。動作クロックが上昇した分、やはり温度は上がるようだ。

 ただし、今回のテストで利用したASUSのマザーボード「ROG STRIX Z370-F GAMING」に付いてくるM.2対応のヒートシンクを付けて計測してみると、どのSSDも35~39度の範囲に収まった。

一般ユーザーなら970 EVOがオススメ

 今回の注目モデルは、やはり970 EVOということになるだろう。読み書き性能は、上位の970 PROとほぼ同等。少なくともWindows 10をインストールしたり、PCゲームをプレイする利用する程度の用途なら、違いを体感することは難しいだろう。

 耐久性の指標となるTBWも向上し、一世代前の960 PROに迫る。価格を考えても、Windows 10を利用する一般的なユーザーなら、970 EVOがベストの選択肢となる。

PROに迫る性能でコストパフォーマンスが高いSamsung SSD 970 EVO

 とはいえ、MLCタイプのフラッシュメモリーを搭載し、耐久性がさらに向上した970 PROに魅力を感じるユーザーも多いだろう。高い負荷をかけて長時間の作業を行う機会が多いユーザーなら、やはり970 PROを選ぶべきだ。

【関連サイト】

【機材協力】

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中