このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

H370/B360マザーのおすすめはこれだ!第2回

新シリーズを加えゲーマー向けのラインナップを強化するASUSマザー

2018年04月17日 15時00分更新

文● 鈴木雅暢 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

先進機能をMini-ITXサイズに凝縮
ROG STRIX B360-I GAMING

 ROG STRIXシリーズからはMini-ITXモデルも2製品登場している。B360チップセットを搭載した「ROG STRIX B360-I GAMING」は高コスパな最新小型マザーとして注目だ。

 ビジュアル要素はATXモデルと共通で、サイバーテキストパターンをプリントしたブラック基板と一体型リアパネルの存在感は抜群。従来の同シリーズのMini-ITXモデル同様、RGB LEDをボードの右端裏に並べて実装しており、派手に発光させられる。

洗練されたビジュアルと先進機能を備えたMini-ITXマザー「ROG STRIX B360-I GAMING」。予想実売価格は1万5800円(税抜)

 機能面も特筆に値する。基板の表と裏、それぞれにM.2ソケットを搭載。どちらも高速なPCI Express 3.0x4に対応する。さらに、表側のソケットには、チップセット(PCH)のヒートシンクに重ねる形でM.2ヒートシンクを装備しており、発熱の高いM.2 SSDも効果的に放熱できる。

 リアパネルにUSB 3.1 Gen.2(10Gbps)対応のType-Aポートを2基搭載。USB 3.0(5Gbps)ながらType-Cポートも備える。

 通信機能には、インテル製の有線LANに加えて、最大1.73GbpsのIEEE802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0機能を標準で搭載している。これはH370/B360の新機能「Intel CNVi」を利用した無線LANのコンパニオンモジュール「Intel Wireless-AC 9560」による実装だ。

 いちはやく最新チップセットの機能を取り入れることで、コンパクトなMini-ITXフォームファクターに先進機能を凝縮。クールなビジュアルにまとめている。H370/B360搭載のMini-ITXマザーとしては最有力候補の1つだろう。

RGB LEDをボードの右端裏に並べて実装しており、派手に光らせることができる
PCI Express 3.0x4に対応したM.2ソケットをデュアル搭載。表側のソケットにはM.2ヒートシンクも搭載している
リアパネルには、Type-AとType-C両方のUSB 3.1ポートを装備。ディスプレー出力として、DisplayPort、HDMIを装備する。内蔵GPUの4K/60Hz出力(DisplayPortのみ)にも対応する
H370/B360の新機能「Intel CNVi」に対応した無線LANのコンパニオンモジュール「Intel Wireless-AC 9560」を搭載。最大1.73GbpsのIEEE802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0が利用できる
「ROG STRIX B360-I GAMING」スペック表
フォームファクター Mini-ITX
チップセット Intel B360 Express
メモリー DDR4-2666対応×2
拡張スロット PCI Express 3.0x16
ストレージ M.2(PCI Express 3.0x4/Serial ATA 6Gb/s)、M.2(PCI Express 3.0x4)、SATA 6Gb/s×4
インターフェース USB 3.1(Type-A)×2、USB 3.0×4(Type-C、Type-A、ピンヘッダ2)、USB 2.0×4(Type-A×2、ピンヘッダ2)、DisplayPort、HDMI
ネットワーク Intel I219-V(1000BASE-T)、Intel Wireless-AC 9560(IEEE802.11ac/Bluetooth 5.0)
サウンド 7.1ch HD Audio(ROG Supreme FX S1220A)

【関連サイト】

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中