このページの本文へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第26回

新しい専有VMインスタンス「E64i_v3」と「E64is_v3」を発表

スイス・UAE・ドイツにリージョン計画発表、Azureリージョン数が50に

2018年03月23日 11時30分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Azure App Service:PHPランタイムのアップデート

 Azure App Serviceは、Webアプリ、Web API、モバイルバックエンドをホストするためサービスです。

 1月のアップデートに続いて、Azure App Serviceが組み込みで提供しているPHPランタイムの5.6、7.0、7.1、7.2がそれぞれアップデートされることが発表されました。

 詳細は、ブログポスト「Updating PHP to latest versions」をご覧ください。

Azure App Service:Azure Service Managementのサポート終了

 Azureでは、新しいAzure Resource Manager(ARM)ベースの管理が主流になっており、古いAzure Service Management(ASM)は推奨されていません。

 6月30日にAzure App ServiceのAzure Service Managementサポートが終了する予定であることが発表されました。まだAzure Resource Managerに移行していないAzure App Serviceユーザーは、早めに移行してください。

 詳細は、ブログポスト「Deprecating Service Management APIs support for Azure App Services」をご覧ください。

Azure App Service:Azure App Service on Azure Stack Update 1

 Azure Stackは、オンプレミスにAzure互換の環境を持つことのできるハイブリッドクラウドプラットフォームです。

 Azure Stack向けのAzure App Serviceである、Azure App Service on Azure Stackで、Update 1がリリースされました。複数の障害ドメイン(FD)にまたがる高可用性デプロイ、既存の仮想ネットワークへのデプロイのサポートが追加されています。

 

   詳細は、ブログポスト「Azure App Service on Azure Stack Update One Released」リリースノートをご覧ください。

Azure API Management:3月14日のリリースノート

 Azure API Managementは、既存のAPIに対するAPIゲートウェイのサービスです。

 Azure API Managementの3月14日のリリースノートが公開されました。いくつかの新機能、バグ修正があります。

 詳細は、ブログポスト「Release Notes – March 14, 2018」をご覧ください。

Azure Cosmos DB:Data ExplorerがGA

 Azure Cosmos DBは、複数のデータモデル/APIをサポートしたグローバル分散型のNoSQLデータベースサービスです。

 Azure Cosmos DB Data Explorerは、Azureポータル内で、Azure Cosmos DBのデータの作成、クエリ、管理のための開発者エクスペリエンスを提供します。Data Explorerは、Azureポータル内で以前から提供されていたDocument Explorer、Query Explorer、Script Explorerを集約したものです。

 今回、Data ExplorerがGAになりました。これに伴い、Document Explorer、Query Explorer、Script Explorerの提供は終了しました。

 詳細は、更新情報「General availability: Azure Cosmos DB Data Explorer」をご覧ください。

Azureポータル内のAzure Cosmos DB Data Explorer

カテゴリートップへ

この連載の記事