このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

FFXVもプレイ可能?Ryzen 7&RX 570搭載ゲーミングPCの実力とは

設定次第ではFFXVも遊べる性能

2018年03月15日 19時00分更新

文● 林佑樹(@necamax) 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCスペックは冒頭で記した通り、CPUがAMD「Ryzen 7 1800X」、メモリーが16GB、GPUがRadeon RX 570(VRAM 4GB)。ストレージは256GB SSD、2TB HDDを備え、高速性と容量を両立した、ゲーミングPCとしては実用度の高い構成となっている。では、実際にどれぐらいの性能を有しているのか、まずは定番の3DMarkでチェック。GPUのドライババージョンは18.2.3。

Fire Strikeの結果
Fire Strike Extremeの結果
Fire Strike Ultraの結果
Time Spyの結果

 DirectX12の指標となる「TimeSpy」はGeForceでいえば、一世代前のGTX 970とほぼ同等、GTX 1060にはやや劣るといったところ。DirectX11の指標となるFire Strikeは10000超えと、GeForce GTX 1060に迫るスコア―をマーク。ゲームによっては、VRを快適に楽しめるくらいの性能だ。

 次に定番ゲームのベンチマークで性能を確認。

「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター ベンチマーク」。最高品質、1920×1080ドット、フルスクリーンでの結果
「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION Benchmark」。高品質、1920×1080ドット、フルスクリーンでの結果
「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION Benchmark」。標準品質、1920×1080ドット、フルスクリーンでの結果

 定番のFFXIVのベンチマークは、最高品質でも快適に指標となる5000スコア―を優に超える8894の「非常に快適」という結果に。一方、最新のFFXVのベンチマークは、高品質では「やや重く」、標準品質でも快適の指標となる6000にはおよばず、「やや快適」評価に。

 FFXVはGeForce GTX 1080 Tiですら、フルHD&高品質で「非常に快適」に届かないので、この結果は及第点。設定次第では、プレイできなくはないので、AAAタイトルですら画質の設定を落としたりすれば十分に遊べる性能を有する性能といえる。

GtoG4ms&IPSで3万円台前半とコスパ◎な液晶ディスプレー

 検証時は「Lenovo Legion Y720 Tower」と27インチ(2560×1440ドット)の液晶ディスプレー「Lenovo L27q-10」(65CEGAC1JP)を一緒に使用した。「Lenovo L27q-10」はOver Drive機能を使用すると応答速度が4ms(通常は6ms)になる。

 最近のゲーミング液晶は、応答速度1msの製品が多いが、安価な製品はTNパネルを採用している。その点、「Lenovo L27q-10」は応答速度こそ4msだが、発色の良いIPSパネルを採用しているため、動画を視聴するのにも向いている。ゲーム用途としては、やや物足りなさを感じることもあるだろうが、直販価格3万2980円といったコスパを考えれば納得。

 インターフェースはDisplayPort 1.2、HDMI 1.4のみとシンプル。チルト調整は前5°、後22°に対応し、スタンドも価格帯からすると安定したもので、キーボード入力でディスプレイが揺れる様子もナシ。やや強めの打鍵で試したが、しっかりした机の上であれば気にならないだろう。

液晶とPCをセットで1名様にプレゼント!

 今回、レノボさんのご厚意により、「Lenovo L27q-10」と「Lenovo Legion Y720 Tower」を合わせた1セットを頂いたので、応募者の中から抽選で1名様にプレゼント致します。製品はレビューで使用していますが、ほぼ新品同様です。保証書は同梱しておらず、マウスとキーボードも付属していませんので、ご了承ください。ご希望の方は、以下期間内に応募フォームより応募してください。

【プレゼント概要】
「Lenovo Legion Y720 Tower」&「Lenovo L27q-10」
当選人数:1名
応募期間:2018年3月15日(木)~3月22日(木)
応募フォーム:http://ascii.jp/elem/000/001/647/1647975/

 AMDプロセッサー搭載「Lenovo Legion Y720 Tower」は、8コア/16スレッドとコア数が多いRyzen 7 1800Xを備えるため、ゲームをプレイしながら実況配信や録画をするといったマルチタスクに優れる。GPUはRadeon RX 570とミドルクラスながら、設定次第では現状最高クラスに重いFFXVもプレイ可能で、ほとんどのPCゲームが快適にプレイできる。また、14万円台と同じクラスの性能を持つPCの中ではお買い得な価格なので、古いゲーミングPCを使用している人や、今から実況配信やPCゲームをプレイしたい人にはオススメだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ