このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「DAIV-NG7500S2-SH5」はクリエイティブの強い味方になる

DAIVの4K17.3型ノートPCならRAW現像や動画エンコードも高速!

2018年03月08日 09時00分更新

文● 山口優 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

RAW現像や動画エンコードも高速

プロ用動画編集ソフト「DaVinci Resolve 14」の画面。DAIV-NG7500シリーズは同ソフトの推奨パソコンになっている

 DAIV-NG7500S2-SH5は、プロ用動画編集ソフト「DaVinci Resolve 14」の推奨認定を取得している。そこで、RAW現像や映像編集などのクリエイティブワークでどれくらい性能を発揮できるかをテストしてみた。

 まず、同じ被写体を20M画素(5184×3888ピクセル)と70M画素(10368×7776ピクセル)でそれぞれ20枚撮影し、写真現像ソフト、Adobe Lightroom Classic CCで一括して現像してみた。

Lightroomでの現像時間比較
画素数 現像時間
20M画素 28秒81
70M画素 92秒86
Adobe Lightroom Classic CCの画面。RAW現像を高速に処理できる

 70MのRAW画像でも1枚あたりわずか4.6秒程度で現像できた。20Mなら1枚あたり1.5秒程度。これくらい速いと、JPEGをあつかっているのとさほど変わらない感覚でRAW画像をハンドリングできる。

 続いてTMPGEnc Video Mastering Works 6で、5分10秒の4K動画(2160p、H.264/AVC)を、解像度はそのままH.265/HEVCに書き出してみた。その際、エンコーダーを標準のx265(ソフトウェアエンコーダー)と、Intel Quick Sync Video(CPU内蔵エンコーダー)、NVENC(NVIDIA製GPU内蔵エンコーダー)に変更し、それぞれ変換が完了するまでの時間を計測している。

TMPGEnc Video Mastering Works 6での処理速度
x265 51分39秒
Quick Sync Video 9分42秒
NVENC 4分46秒
TMPGEnc Video Mastering Works 6の設定画面。ハードウェアエンコーダーを有効にすると、とても高速に変換できる

 NVIDIA製GPU内蔵のハードウェアエンコーダー「NVENC」を有効にするとx265のときよりエンコード速度が10倍以上になる。また、Quick Sync Videoを有効にしたときと比べてもかなり高速。DAIV-NG7500S2-SH5は動画編集などのクリエイティブワークには特に力強い味方になってくれるといえそうだ。

バッテリー駆動時間も良好

 バッテリーの性能もチェックしておこう。DAIV-NG7500S2-SH5は4Kディスプレーや単体GPUを搭載しながら、公称約5.0時間(JEITA測定法2.0)という駆動時間を実現している。

 そこでバッテリーベンチマークソフト「BBench」を使ってバッテリー駆動時間を計測してみた。なお、電源プランは「省電力」に、BBenchは「60秒間隔でのウェブ巡回」と「10秒間隔でのキーストローク」に設定し、満充電状態から電源が落ちるまでの時間を計っている。

BBenchによるバッテリー駆動時間結果
電源プラン 画面の明るさ 駆動時間
省電力 40% 4時間30分

 公称値には少し届かなかったが、4時間半程度の駆動が可能だった。出先で長時間作業するには少し心もとないが、撮影した画像をその場でチェックしたり、現像したりする用途には十分だろう。

普段使いからクリエイティブ用途まで幅広いシーンで活躍してくれそうだ

 DAIV-NG7500S2-SH5は、Core i7-7700HQやNVIDIA GeForce GTX 1070を搭載して高パフォーマンスを実現したクリエイター向けのハイエンドノート。インターフェースも充実しており、1台でウェブ閲覧やメールといった日常的な作業からゲームや動画編集などのエンタメ・クリエイティブ用途まで、幅広いシーンに対応できる。

 DAIV-NG7500シリーズは、最小構成時に25万1424円からという価格で販売されている(DAIV-NG7500S2-SH5は28万3824円)。決して低価格ではないものの、性能や4Kディスプレーを搭載している点などを考えると、コストパフォーマンスは良好。動画編集やゲームを快適にこなせる高性能なノートを探している人は、ぜひ注目してみてほしい。

試用機の主なスペック
機種名 DAIV-NG7500S2-SH5
CPU Core i7-7700HQ(2.8GHz)
グラフィックス GeForce GTX 1070(8GB GDDR5)
メモリー 16GB
ストレージ 521GB SSD(M.2接続/Serial ATAIII)、1TB HDD
ディスプレー 17.3型(3840×2160ドット)、ノングレア
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.2
インターフェース USB 3.0端子×4、USB 3.1(Type-C、Thunderbolt 3対応)、HDMI 2.0端子、Mini-DisplayPort×2、マイク入力端子、ヘッドフォン出力端子、有線LAN端子、UHS-II対応マルチカードリーダー
サイズ/重量 およそ幅418.5×291×高さ28.5mm(突起物含む)/約3.1kg
OS Windows 10 Home(64bit)
マウスコンピューター/G-Tune

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune