このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

PCを鮮やかに彩るLEDファン大全第3回

簡単操作でPCを彩れる! 単色、スイッチ制御系LEDファン

2018年03月07日 18時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フレームのフロントとサイドが柔らかに発光

製品名:TUYA-KAZE (艶風)(TUYA-KAZE12-RD)
メーカー:サイズ
URL:http://www.scythe.co.jp/cooler/tuya-kaze.html
実売価格:1100円前後

「TUYA-KAZE (艶風)」は、正面はリング状、側面はラインLEDを重ねたように光るのが特徴だ

 「TUYA-KAZE (艶風)」はフレーム部にLEDを内蔵し、正面と側面を柔らかな発光で彩ることができる。1基1100円前後と低コストながら、個性あるLED演出を楽しめるようになっているのが魅力だろう。LEDは単色仕様でレッド、ホワイト、ブルー、グリーンの4モデルを用意している。

 スペックは、回転数900~1800rpmのPWM制御で、風量20.9~45.21CFM、静圧0.55~2.34mmH2O、騒音値21~32.1dBAになっている。

ファンブレードはブラックで、7枚のブレードを搭載する。固定部には防振ゴムを備える
正面はリング状に発光。拡散光は少なく、優しい光りかたになっている
側面は3本のライン形状に光るようなっている。LEDはフレームに埋め込まれているため、排気側に光りは漏れていない

低コストでブレードを色鮮やかに彩る

製品名:AYA-KAZE (彩風)(AYA-KAZE12-RD)
メーカー:サイズ
URL:http://www.scythe.co.jp/cooler/aya-kaze.html
実売価格:1100円前後

サイズ「AYA-KAZE (彩風)」は、軸部分にLEDを内蔵し、半透明ブレードを鮮やかに彩る

 「AYA-KAZE (彩風)」は、半透明ブレードをファンの軸部分に搭載するLEDで彩るようになっている。発光色は単色で、レッド、ホワイト、ブルー、グリーンの4モデルを用意している。

 スペックは、回転数400~1500rpmのPWM制御で、風量69.11CFM、静圧3.35mmH2O、騒音値28.6dBAになる。

半透明なファンブレードを11枚搭載。固定部はリブなしで防振ゴムを装備する
軸に内蔵するLEDがブレード全体を彩っている。柔らかな光りかたで、光りは広めに拡散している
LEDが軸に搭載されているため、排気側から光りは漏れている

おとなしい光りかたが魅力のRiingファン

製品名:Riing 12 - 256Color LED(CL-F042-PL12SW-A)
メーカー:Thermaltake
URL:https://www.ask-corp.jp/products/thermaltake/accessory/riing-256color-led.html
実売価格:2500円前後

鉄板LEDファンのひとつのThermaltake「Riing 256Color LED」

 256色での発光に対応するリング形状LEDを備え、専用コントローラーでLEDとファン回転数を調節できる「Riing 256Color LED」シリーズ。おとなしい光りかただが、リング形状のLEDで、しっかりとその存在を主張するのが魅力だ。

 LEDコントローラーには「SPEED」、「PLAY/PAUSE」、「MODE」の3つのボタンを備え、オフ、レッド、ブルー、ホワイト、グリーン、スライド発色などに切り替えできるほか、256カラーモード時に、お好みのカラーでロックしたり、ファン回転を標準と低ノイズの2段階に変更したりできる。コントローラーには最大3基のファンを接続できる。

独自LEDコントローラーが付属し、最大3基のファンを制御できる
ファンブレードには、高い静圧性がうたわれている独自形状の「Wind Blocker Frame」を採用する。固定部は防振ゴムを装備
LED搭載箇所は若干明るめになるが、そのほかはリング状に均一に光るのが魅力だ。構造上、正面への拡散光はほとんどない
側面からもリングLEDが見え、奇麗に光っている

 120mmと140mm角モデルを用意し、3基パックモデルもある。120mm角モデルは、回転数800~1500rpm(低ノイズモード 400~1000rpm)、風量40.6CFM、騒音値18.5~26.4dBA。140mm角モデルは、回転数800~1400rpm(低ノイズモード 600~1100rpm)、風量51.15CFM、騒音値19~28.1dBAになっている。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中