このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ポタ研 2018冬 ― 第1回

AKG N5005が大人気、ポタ研 2018冬で見つけた新製品・参考展示

2018年02月11日 16時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ほかにも新製品が続々と展示されていた

トップウィングが扱う「Lotoo PAW Gold 2」。PAW Goldは高音質プレーヤーとして話題となったが、PAW Gold 2はその特徴はそのままにローゲイン時のノイズレベルを6dBほど改善。高感度なIEMなどを使用する際のノイズを感じにくくしている超小型ハイレゾプレーヤー「PAW Pico」用のAndroidアプリも、ようやくリリースされるそうだ
XI AUDIO(イレブンオーディオ)のBA×6ドライバー搭載のIEMも参考展示ヘッドフォンアンプの「Fomula S」
ABYSSのDiana。平面駆動型で携帯性も高い製品
トップウィングは、TELOSブランドの電源ノイズレゾネーター「QNR(Quantum Noise Resonator) v3.1」の実売価格が21万5000円(税抜)、アクティブアース「GNR(Grrounding Noise Reducer) Mini v3.1」が25万5000円(税抜)であると公表。これらの機器でも利用されているノイズを吸収する効果のあるシート「Telos Sheet(仮)」も参考展示した。発売時期や価格は未定だが、プレーヤーとポータブルアンプの間に挟んで使う用途などを想定しているそうだ
AC電源のノイズをキャンセルできるiFI-Audioの「iPurifier AC」も好調な売れ行きとのこと
コペックジャパン今後取り扱う予定のCayin「HA-1A MK2」。真空管を利用したヘッドフォンアンプだ
代理店がエミライに移ったFiiO。中央・ハイエンドのX7MarkIIをはじめとした新製品を一気に展示。X7 MarkIIは現在キャッシュバックキャンペーン中
デノンブースに展示されていた「AH-D7200」などをバランス駆動対応にするケーブル、NOBUNAGA Labsとのコラボ商品
新進ブランドHYRAが参考展示していたハイグレードケーブル「Arthur」。20万円の高級ケーブル。箱も桐製で豪華

Nutubeの対応製品も発見

 コルグのブースでは、Nutubeを使った様々なオーディオ機器が展示されていた。Nutubeを使った組み立てキットも企画され、「Nu:Tekt」(ニューテクト)を通じて販売する計画とのこと。価格や発売日は未定。

Nu:TektNutubeを使ったポータブルヘッドフォンキット
Nutubeを使った、楽器用のオーバードライブキットNu:Tekt以外でもNutube利用の自作アンプなど様々な作品が展示されていた
KORGブースではiOS向けアプリ「iAudioGate」に近く追加されるPrimeSeat再生機能のデモも実施されていた。PrimeSeatはIIJが提供しているDSD音楽配信サービスだ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン