このページの本文へ

女性蔑視から人種差別まで、昭和な政治家トンデモ発言集

文● 福田晃広(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2017年も連日のように政治家の失言や暴言が相次いだ。しかし、過去を振り返れば、政治家とは思えないような失言は決して少なくない。今回は、木下厚著の『政治家失言放言大全 問題発言の戦後史』(勉誠出版)を参照し、政治家の無神経極まりない暴言を紹介する。(清談社 福田晃広)

「農民は筋肉労働で働くしか能がない」
歴史に残る政治家の大失言

「米国のメキシコ系や黒人は知的水準が低い」と発言し、日米間の政治問題を引き起こしてしまった中曽根元首相。このほか、どぎつさ満載の昭和な政治家たちの失言をご紹介する Photo:Haruyoshi Yamaguchi/AFLO

 “国会のヤジ将軍”との異名もあった、自民党の松田九郎衆院議員(当時)が、1989年(平成元年)7月20日、テレビ朝日で放送された『内田忠男モーニングショー』で、とんでもない発言をした。

 この番組は「これからの農業をどうするか」をテーマに、自民党からは“農林族”の松田議員と佐藤隆元農水相が出席し、秋田や山形の農業従事者と対談するといった内容だった。そこで司会の内田が「農産物の自由化を求める外圧についてどう思うか」と、松田に質問したところ、農業従事者が大勢いることを挙げて、次のように述べた。

「これらの人口があぶれたらどうしますか。農民は筋肉労働で働くしか能がない。一朝一夕に機械が触れますか」

 この発言の直後、テレビ朝日には抗議電話が殺到したという。その問題発言をした約20分後、女性司会者が「怒りの電話がかかっているので、ひと言」と話を振られると、松田はこう放言したのだ。

「怒りなんておかしい。農民は実際に技術的な習得もなければ、ソロバン勘定も事務的な処理もやったことがない。毎日が筋肉で働いているので、そういった人が減反や自由化で路頭に迷う」

 これに対して、番組に出演していた秋田県の農業従事者が「そういう農民がいると思っているから、自民党農政はダメになる」と抗議すると、松田は「何を言ってるんだ君は」と一喝した。

 この松田の暴言に、番組終了間際から正午までで抗議の電話が約200本に達したという。このような農民を侮辱する発言は、決して許されるべきものではないのは言うまでもない。

「集団レイプする人は
まだ元気があるからいい」

 続いては、政治家としてはもちろん、一人の人間としても絶対にあり得ない暴言だ。

 2003年(平成15年)6月26日、鹿児島市内で全国私立幼稚園連合会九州地区の討論会が開かれ、少子化問題や青少年の残虐な犯罪が増えていることが議論の焦点となった。

 出席していた自民党行政改革推進本部長の太田誠一元総務庁長官は、この討論会が行われる直前に起きた早稲田大学の学生サークル『スーパーフリー』の集団レイプ事件の話題になると、「プロポーズする勇気のない若い男性が、最近は増えている」と発言した。

 この発言に対して、司会を務めていたジャーナリストの田原総一郎氏が「プロポーズできないから、集団レイプするのか」と質問すると、太田元長官は耳を疑うような暴言を吐いた。

「集団レイプする人は、まだ元気があるからいい。まだ正常に近いんじゃないか」

 被害女性に対するセカンドレイプであり、女性たちの尊厳を傷つけるということに一片の配慮もない発言だ。

 討論会終了後、太田元長官は記者団から発言の真意を問われると、「『レイプは重大な犯罪であり、従来以上に厳しく罰するべきだ』と言おうとしたが、タイミングがなかったことが残念だ。男性が配偶者を求める覇気に欠けている。それほど強く異性を求めているのであれば、きちんと結婚する相手を求めるべきだ、ということを言いたかった」と弁明したが、レイプと結婚がなぜ関係あるのか、まったく説明になっていない。

 当然、この発言は大問題となり、太田元長官は国会内で謝罪するも、依然として、国民からの激しい批判が続き、直後に行われた総選挙で落選。軽率な発言によって、大きな代償を支払わされることになったのだ。

あの大物政治家も!
あまりに軽率な差別発言

 最後に紹介するのは、当時首相だった中曽根康弘氏の、あまりにも軽率で差別的な発言。

 1986年(昭和61年)9月22日、中曽根首相は、静岡県函南町で開催された自民党全国研修会の講演のなかで、日本と米国の社会を比較して、次のように述べた。

「日本はこれだけ高学歴社会になって、相当インテリジェントなソサエティーになって来ておる。アメリカなんかより、はるかにそうだ。平均点から見たら、アメリカには黒人とか、プエルトリコ人とか、メキシカンとか、そういうのが相当おって、平均的に見たら知識水準はまだ非常に低い」

 この中曽根首相の発言は、米国社会のタブーに触れるものだった。しかも、日米貿易摩擦によって日本に対する反発感情が高まっていた時期だったこともあり、すぐにテレビや新聞などを通じて、全米に広く伝えられたという。

 特に、メキシコ系や黒人が多いカリフォルニアでは、新聞各紙で大きく取り上げられ、ロサンゼルスやサンフランシスコの日本領事館には抗議の電話が相次いだ。

 また、米議会もこの発言を重く受け止め、メキシコ系などのヒスパニック議員連盟の会長が発言の撤回を要求し、黒人議員連盟も発言の真意の説明を求める緊急電報を日本大使館に打つなど反発を強めた。下院本会議では16人の議員が中曽根発言を糾弾する演説に立ち、「米国社会に対する重大な侮辱」と発言撤回や謝罪を求め、下院に「中曽根首相非難決議」が提出されるなど、日米間の政治問題に発展してしまった。

 この事態を憂慮した中曽根首相はすぐに、「多くのアメリカ国民を傷つけ、心からお詫びします」との陳謝のメッセージを松永信雄駐米大使経由で、米側に伝えた。

 ヒスパニック議員連盟、黒人議員連盟が中曽根首相の陳謝を受け入れたことで、首相非難決議案も決議されずに廃案に終わり、この問題は収束に向かったが、日米関係に深刻な後遺症を残すこととなり、重要な日米関係に亀裂を起こしかねない軽はずみな発言だった。

 政治家による暴言、放言は今に始まったものではないが、国民の代表者の発言がどういう影響を及ぼすのか、十分に自覚してほしいものだ。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ