このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情第442回

年内にVegaの延長となる12LPのGPUをリリース AMD GPUロードマップ

2018年01月22日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Vega 12がなにになるかが鍵となる
2018年AMD GPUロードマップ

 以上を加味して制作した(今回は本当に情報が皆無なので、Vega 12のところは100%筆者の推測である)のが下図のロードマップである。

2016年~2018年のAMD GPUのロードマップ

 Vega 12というコード名は以前から流れていて、当時はVega 10ベースのFire Pro向け製品といわれていたが、実際にはここにVega 10が入っているところをみると違うのは確実だ。

 ただVega 12というコード名があることも事実なので、これをGDDR6を利用する製品にあててみた。シェーダーの構成や動作周波数・消費電力などはまったくの推測である。

 ちなみにVega 11についてはデスクトップに降りてくる気配が皆無なのでロードマップから省いた。また7nm Vega(これがVega 20だろう)についてもRadeon Instinct向けで、Radeon Vega Frontier Editionの後継になりそうな製品は2019年以降になりそうなので、こちらもロードマップからは省いている。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事