このページの本文へ

ポタフェス 2017冬第3回

注目の新ハイレゾ機「ACTIVO CT10」は低価格だが画期的

2017年12月26日 13時00分更新

文● ゴン川野、小林 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ユーザーインターフェイスはAstell&Kern譲りの使いやすさ

 オーディオ回路をモジュール化する利点のひとつに量産効果によるコスト低減がある。オーディオ部分を共通化することで、様々な機器への搭載が可能になるということは、それだけ幅広い市場にリーチできるという意味だ。具体的な計画は明らかになっていないが、プレーヤーだけでなくヘッドフォンや車載機器、ワイヤレススピーカーなど高音質へのニーズがある製品はいくらでもある。搭載する製品が増えれば、その分だけ割安感が出てくるはずだ。

画面が左に寄っている独特なスタイルは、内部レイアウト上の問題だという

 対応フォーマットも5.6MHzのDSDや192kHz/24bitの192kHz/24bitのネイティブ再生に対応しており十分。さらにPCM変換となるが、11.2MHzのDSDや32bitのPCM音源も再生自体は可能だった。16GBの内蔵ストレージや最大256GBのmicroSDカードに保存したファイルを直接再生するだけでなく、USB DAC機能を使ってパソコン上の音源をより高音質に再生したり、CT10のMicro-USB端子からより高音質なDACにデジタル出力する機能も持つ。

 ヘッドフォン出力は22mW(8Ω)/36mW(16Ω)。S/N比115dB、歪み率(THD+N)0.0005%というスペック。

 一方、CT10の魅力はオーディオ回路のモジュール化による低価格だけではない。完成度の高いUI(ユーザーインターフェイス)を使える点にもある。実はCT10のGUI(操作方法)は、ほぼ「A&ultima SP1000」と同じだ。

左が「CT10」、右が「SP1000」の再生画面を表示
楽曲の表示方法を選択するメニューの順番と項目もほぼ同じ

 ホーム画面では再生中の曲の情報を中心に表示。ここから上下左右の各辺からスワイプすることで、各種機能のオン・オフやアルバムやプレイリストの選択、再生履歴の表示画面に切り替わる仕組みになっている。プルダウンメニューも用意されている。ここからタッチ操作が可能だ。

 さらに本体の左側に再生/一時停止やスキップ用の物理ボタン、右側にボリュームホイールを備えている。画面を見なくても選曲や音量調節ができるわけだ。海外製の低価格DMPではLinuxなどをカスタマイズした独自UIを採用している場合が多く、慣れるまで思い通りの操作ができないことも少なくない。聴きたい曲になかなかたどり着けなければイライラするが、CT10は最初から迷わず使えた。

特徴的なダイヤル、ホワイトとミントグリーンの明るいデザイン

 Astell&KernのGUIは2012年のAK100以降、5年にわたって吟味されてきたもの。プレーヤーに慣れている人だけでなく、スマホユーザーでも違和感なく使えるだろう。

 本体サイズは幅65.2×奥行き15.5×高さ93.2mm(概算値)で、重量約112gとコンパクト。液晶ディスプレーが中央より左側に寄った独特な外観だが、これはホーム画面を表示するためのタッチセンサーなどがある基板を液晶パネルの右側に置く必要があったためだという。

アルバム表示ではサムネイルが表示される
設定画面ではタッチで機能ONで色が青に変化する

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン