このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

40代編集者が一度挫折したピアノに再びハマる

デジタルの力でピアニストに、40代で目覚めるクラビノーバ

2017年12月15日 11時00分更新

文● 小林 久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヤマハのクラビノーバ(Clavinova)シリーズに新たに加わった「CSPシリーズ」は、ピアノや音楽が好きな人はもちろん、ガジェット好きにも魅力ある機能を搭載した電子ピアノだ。

 本体にあるのは鍵盤と音量調整用のスライダー、そして電源ボタンなどごく限られたスイッチのみ。基本的な操作は無線接続したiPadでする。

 なんでもiPadに入れた楽曲から自動で楽譜を作り、一緒に演奏までできてしまうそうだから驚きだ。さらには流れてくる光に合わせて弾いていくだけで楽譜を読めない人でも演奏できてしまうという。

昔とり切れなかった“きねづか”へのあこがれ!!

 なにより気になるのは、メインターゲットに「趣味でピアノを弾く大人」を置いている点。さらに「しばらく楽器に触れていなかった人」や「未経験の人」でも、自分の好きな曲をすぐに演奏して楽しめる、まったく新しいスタイルの電子ピアノを目指しているというから興味津々だ。

 というのもこの製品、まさに私のために企画されたのではないかと思うほど、筆者の趣向にマッチしている。社会人になって以降、少なくとも15年ぐらいは、ほとんど鍵盤に触れてこなかった。その一方で楽器演奏に対する憧れは、人一倍強いほうだと思う。いろいろな理由で中断と挫折を繰り返してきた。誰もが知っているあの名曲を、あまり時間を掛けずにすぐ弾けるようになるのなら、ものすごく魅力的ではないか!

 というわけで、さっそく取材して体験してみることにした。

 「いや~、昔は僕もね、ピアノとかやってたんですよ」などと言いながら、ショパンの幻想即興曲とか木枯らしのエチュードとかを、しれっと弾き始めたらカッコイイしモテそうだ。しかしその域に達していないので、自信はほぼゼロ(過去に弾きこなした事実もない)。いま急に弾けと言われたら、譜読みは遅いわ、指が動かないわで、惨憺たる結果になるのは目に見えているので逃げ出すだろう。

 そんな残念感あふれる筆者40代。それでも音楽、特に慣れ親しんだピアノを弾きこなしたいという気持ちはどこかにある。気に入った曲があると、携帯プレーヤーで聴きながら指を動かし拍手喝さいを受けている様子を想像してしまうし、ふらりと足を運んだ量販店や楽器店で、居並ぶ電子ピアノを目にすれば、思わず適当なコードの和音を連打してしまったりもする。

そんな筆者の琴線に触れたのが「クラビノーバ CSP」だ

 以上、筆者はつまみ食いレベルでピアノをかじったことのある程度の人間である。ただし再びピアノを弾き始めたいという野心は満々。問題は時間がないこと。2~3行で書くとそんな感じだ。

 気分が乗ったときにすぐ弾けて、そんなに練習しなくてもよくて、そこそこ楽しめるのがいい。できれば楽譜も、わざわざ買いに行かずに手に入れたい。さらに言うと、難しすぎず、シンプル過ぎず、自分のレベルにあったアレンジになってるやつじゃないとダメ。

 「こういう条件に合った電子ピアノならすぐにでも買っちゃうよ~ん」

 などとわがままなことを言っていたら、「何だお前にピッタリのピアノあるよ、当然買うよな」という天の声が聞こえてきた。そのピッタリのピアノこそ、冒頭で紹介したクラビノーバ CSPシリーズである。

写真はCSP-150のブラックウッド調仕上げ

 このクラビノーバ CSPシリーズ、調べてみると予想以上に楽しそうなピアノだと分かった。なんと自分がビリー・ジョエルと一緒に演奏できるらしい。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン