このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

編集部員が実際に使ってみた結果

iPhone Xの操作 1週間で慣れる(確信)

2017年11月10日 17時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

電源オフやスクリーンキャプチャは
何回か使えばもう覚えてしまう

iPhone Xはサイドボタンを多用する印象があります

――続いては2つ目。電源をオフにするときなどの操作の違いですね。具体的には、電源オフやスクリーンキャプチャの操作が違う。

 佐藤「iPhone Xの電源を切るには、サイドボタンと音量ボタンのどちらかを長押しし、画面に表示されたボタンをスライドします。サイドボタンと音量ボタン上の同時押しでスクリーンキャプチャ。Siriの呼び出しはサイドボタンの長押しですね」

――サイドボタンの出番が増えた印象です。強制再起動の「ボリュームキーの上を1回、下を1回押して、サイドボタンを押しっぱなし」は隠しコマンドみたいですねえ。

 佐藤「ただ、これは一度覚えてしまえば、それでいいことなので。『今までと違う!』と騒いでもしょうがないことだと思います。ただ使うボタンが変わっただけですから、数回使えば慣れます」

Apple Payの操作も難しくはない

――3つ目の違いはFace ID。まさしくiPhone Xの“顔”になっている機能ですね。

Face IDは便利だが、Touch IDの方が早かった……と思うときもあるとか

 佐藤「Face IDを用いた認証は正確で、その点には不満がありません。ただ、Touch IDと比べると、認証時間が少しだけ遅いかなという気もする……まあ、このあたりは本当に細かい差ですね。気になるというほどではないかと」

――Apple Payを使う際はどうでしょうか?

 佐藤「これは、最初はわかりにくかった。まずサイドボタンを2回押して、Apple Payを起動。支払いたいカードを選んで、Face IDで認証。レジにかざして決済完了です」

Apple Payの呼び出しはサイドボタン2度押し

――それだけ聞くと、ちょっとややこしい気がします。

 佐藤「ただ、結局カードを選ぶ時点で、ユーザーは画面を見ているわけですよね。カードを選び終わったときには、もうFace IDの認証ができる体勢になっているんですよ」

Apple Payは画面を見てカードを選びます。ということは、選んだ時点で自然とFace IDの認証がスタートする位置関係になっているのですね

――あっ、確かに!

 佐藤「だから、Touch IDのように指紋認証で一瞬待たされる感じはないので、むしろ支払いが早くなった気がします」

1週間使えば、iPhone Xの操作は大丈夫

――話を聞いてきましたが、iPhone Xの操作にもう不満はないと。

 佐藤「iPhoneって、毎日使うものじゃないですか。だから、最初の頃は『前と違うぞ』と感じるのは仕方ないと思うんです。逆に言えば、新しい操作も何度もやってみることになるわけで、わりとすぐに慣れると思いますよ」

――iPhone Xの画面に対応していないアプリもまだ多いですよね。その点に関してはどうですか?

 佐藤「画面上下に黒い帯が出るのは『うーむ』となったりしますけれど、実用性には問題ない。普通に使えます」

たとえば「Google Maps」はiPhone Xに対応していないので(11月10日現在)、画面上下に黒い帯が出ます

――最後にもう一度聞きますが、「iPhone Xの操作に慣れるだろうか」と不安な人でも、大丈夫ですか。

 佐藤「はい(2度目の断言)。1週間使えば、もうすっかり慣れます!」

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中