このページの本文へ

OSにWindows 10 IoT Enterprise 2016 LTSBモデルも用意

エプソン、2種の表示解像度から選択できるビジネスノートPC「Endeavor NJ4100E」

2017年11月08日 13時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Endeavor NJ4100E」

 エプソンダイレクトは11月7日、15.6型ビジネスノートPC「Endeavor NJ4100E」を発売した。

 CPUにインテルCeleron 3865Uを採用(Core i3-7100UやCore i5-7200Uも選択可能)、4GBメモリー(最大32GB)、250GB HDD(最大1TB HDD/512GB SSDも選択可能)、光学ドライブも選択可能なビジネス向けノートPC。15.6型液晶はHDタイプ(1366×768ドット)とフルHDタイプ(1920×1080ドット)の2種類が用意される。いずれもスペックはBTOでカスタマイズ可能。

 OSとしてWindows 10 Home 64bitのほか、Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSBも用意される。価格は、Windows 10 HomeモデルでのHD液晶タイプが7万5000円、フルHD液晶タイプが9万9800円。Windows 10 IoT EnterpriseモデルではHD液晶タイプが8万円、フルHDタイプが10万4800円(価格はいずれも税別、送料込み)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン