このページの本文へ

患者争奪で激化する治療費値下げ合戦 歯医者と歯科医療の意外な真実に迫る! インプラント444医療機関リストも掲載

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

格安インプラント
材料費3000円の不安

 今年1月18日、福岡・博多の一等地にある歯科診療所、シティデンタルクリニックの門前に一枚の紙が張られた。そこには「閉院のお知らせとおわび」とあった。

 シティデンタルの経営母体である医療法人樹啓会は2月、約7億1500万円の負債を抱えて破産申請手続きを開始した。今や歯科診療所の倒産は珍しいものではないが、日本中のインプラント業界に激震が走った。

 というのも、60人以上の患者がそれぞれ数百万円ものインプラント治療費を前払いしており、破綻によって患者たちが大金を失ってしまったのだ。すでに治療していた患者に、まともな手術が行われていなかった疑惑までも浮上し、経営の悪質さが問われた。

 法人理事長でもある矢野匡院長は、俳優の梅宮辰夫さんと並んで広告に登場し、九州ではちょっとした有名人。広告では「インプラント手術実績年間1600件」とうたっていた。

 派手に宣伝するも近年は売上高が減少。放漫経営もあって経営破綻した。

 売り上げ不振の背景には、国内インプラント市場全体の急激な縮小があった。出荷本数は2008年をピークに減少に転じ、12年にはピーク時の約3分の2となる40万本強まで落ち込んだ。

 患者離れが始まったきっかけは、07年に東京の飯野歯科がインプラント手術中に患者を死亡させた事件にあった。来院初日に手術する強引な体質が、事故を引き起こしたといわれるが、行き過ぎたもうけ主義は飯野歯科に限ったことではなかった。

 11年には国民生活センターがインプラント治療のトラブルが多いとし、歯科業界に対して早急に対応するよう要望書を提出した。

 コストカットのためにインプラントを使い回す歯医者への告発もあり、「インプラントは危険」という世論が形成された。

 それまでインプラント治療は、おいしい商売だった。1本当たり最低でも20万円。総入れ歯の人を治療すれば300万円以上を請求できた。保険診療でちまちま稼ぐよりもはるかに効率的だった。

 この金のなる木に歯医者が殺到した。インプラントを手がける医療機関は02年に1万831ヵ所だったが、08年には1万4580ヵ所まで膨れ上がった。

 競争激化で患者数が減少する中、苦し紛れで価格攻勢に出るものが現れた。まともな治療をすれば45万円などの価格になるが、値下げ合戦によって20万円という価格帯が生まれた。

 格安インプラントは利幅が薄いので、患者数を増やし利益を積み上げる必要がある。このため、抜かなくていい歯まで抜いてインプラントを多数埋入するやり口が跋扈。数をこなすビジネスモデルが治療ミスも誘発した。

 使用するインプラントにも問題があった。まともな歯医者は厚生労働省が承認したものを使う。フィクスチャーという埋入する部分で約4万円だ。

 一方、格安インプラントでは、韓国や中国から個人輸入した商品を使っていることが多い。1本約3000円という超格安品も出回っている。

 格安品も素材は「承認品と変わりはない」(インプラントメーカー幹部)。しかし、韓国メーカーの工場を視察した歯医者によると、「滅菌体制が全く整っていない」。「とても購入する気になれなかった」と打ち明ける。

コンビニより多い診療所
歯医者過剰で経営悪化

 そもそもなぜ歯医者たちは、インプラント治療といった、患者が全額を自己負担する自由診療で患者争奪を繰り広げているのか。

 歯医者過剰の問題がそこにはある。歯医者の数は2010年に10万人を突破した。食生活の欧米化が進んだ高度成長期に国民の虫歯の数が急増し、国は歯学部を増やして歯医者を大量生産した。その蛇口を閉め損ね、歯医者過剰に陥った。歯医者の適正数は人口10万人当たり50人が目安とされるが、今や80人もいる。

 歯医者の大半は歯科診療所を開業する。その数は6万8000件でコンビニエンスストアよりも多い。1日当たり5件のペースで廃止されるも、5件のペースで開設される。街は歯科診療所の看板で溢れ返っている。

 国民医療費全体が膨らんで国の財政を圧迫する中、歯科の医療費は厳しく抑制されており年間2兆5000億円前後の横ばい。他の先進国がそうであるように虫歯予防の意識が高まるにつれ、虫歯の数は減っている。

 市場規模は変わらないのに、歯医者の頭数が増えるのだから、取り分は減る。総じて歯科診療所の経営は悪化した。

 稼ぎを確保したい歯医者たちは、患者が全額を自己負担する自由診療に群がった。中でもインプラント市場にこぞって参入し、歯医者の技術不足や強引な営業によってトラブルが多発した。

 国民に不信感を抱かせたインプラント治療市場は下火になりつつある。インプラント治療を行う医療機関は11年時点で1万1331ヵ所。3年で3000ヵ所以上が撤退した。

「歯医者の裏側」を知ることで
いい医者・危ない医者を見分ける

『週刊ダイヤモンド』6月15日号の特集「歯医者の裏側」では、歯医者と業界の見えざる真実、各治療法のメリット・デメリットに迫りました。

 歯医者の世界は泥沼状態にあります。歯医者過剰が診療所経営の悪化を招き、激化する患者争奪が治療結果や金銭のトラブルを生む。トラブルの多発が患者たちの不信感を招き、市場を弱める――。

 そうした負の連鎖から「歯医者は敗者」と自嘲する歯医者が溢れるなか、技術も知識もないまま新しい治療法に手を出したり、過度なもうけ主義に走る者もいます。

 危ない歯医者にひっかからないためには、患者側も歯医者や治療法を見極める目を持つ必要があります。そこで特集では、「値下げ合戦が繰り広げられる治療費のカラクリ」「だまされないためのインプラント治療徹底研究」「削らない虫歯・抜かない歯周病治療の最新事情」「危ない歯医者を見分ける7ヵ条」「格差が広がる歯医者の経営・収入事情」「学費値下げ競争に走る大学歯学部の国家試験合格率ランキング」などをレポートしました。

 インプラント治療を行う全国444医療機関のリストも掲載。費用、対応している手術の種類、設備、サービス内容がチェックできます。

 削ったり抜いてしまった歯は元に戻せません。不本意な治療を悔やんでも後の祭り。本特集がいい歯医者、いい治療法へたどり着くための参考になれば幸いです。

(『週刊ダイヤモンド』副編集長 臼井真粧美)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ