このページの本文へ

CPUクーラーの取り付けがこんなに難しいなんて……

人はノーヒントでPCを自作できるのか?

2017年11月11日 15時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メモリーや電源など大きいパーツからパズルのように組み立てる

 次はメモリー。パッと見わかりやすそうなパーツから設置していきます。

 グリーンが鮮やかです。2GB×4で合計8GBのメモリーを搭載。

 もうどこになにを接続すればいいのかわからないです。とりあえず各パーツの箱に入っている付属品とパーツの端子を確認することに。

 このケーブルの形状だと……

 SSDに挿さりそう。

 マザーボードにも接続できそうな場所を発見。基盤に「SATA」と書いてあるので、多分コレが噂のSATAケーブルで間違いなさそう。

 接続完了。パーツの組み立てはまるでパズルのようで楽しいです。

 次は電源ユニットをつなぎます。

 まずは端子の形をチェックして、マザーボードのどこに接続するのかを確認します。

 この「ATXPWR1」と「ATX12V1」に挿せそう。

 まずはまな板の下層スペースに電源ユニットを固定。次に配線をします。

 ATXPWR1に接続するも、なぜか端子の一部が取り残されました。あー、これはひょっとしてどっちも挿さなきゃいけなかったパターンか……。しかし、1度接続したらなかなか外せない! 固いっ!

 このケーブルは小さい端子の方にツメが付いているので、組み合わせてから接続するようです。この大きさと外れにくい構造から推測すると、おそらくこのケーブルはPCの大動脈なのだと思います。

 もう一方をATX12V1に接続。

 賑やかになってまいりました!

 プラグは挿しておく。

 次はグラフィックボードを装着します。

 接続する場所はココ。正直各部分の正式名称がわからなくて「ココ」とか「このケーブル」という表記が多くて申し訳ないです。

 ガッシャ〜ン! 急に立体感が出てきました。ただ、グラフィックボードの重厚さに対して、貧弱そうな接続部分に不安を覚えたので、結局外しちゃいました。

 (次ページ、「ここだけは失敗できない! 手に汗握るCPU取り付け」に続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中