このページの本文へ

「進次郎節」で国政選挙5連勝の安倍自民党“最大の敵”は何か

文● 後藤謙次(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
衆院選公示を翌日に控え、街頭演説を終えて手を振る自民党筆頭副幹事長の小泉進次郎。その小泉の発信力が「小池劇場」の崩壊を呼び込んだとされる Photo:JIJI

第48回衆院選が10月22日投開票され、与党が定数の「3分の2」を確保して大勝した。首相の安倍晋三は国政選挙5連勝を成し遂げ、吉田茂政権以来となる「第4次内閣」が発足する。

「手を合わせて拝みたいぐらいの数字だ。希望の党に感謝したい」

 衆院選の開票が進んだ10月22日深夜、自民党の最高幹部は思わず本音を漏らした。

 首相の安倍晋三が繰り出した“禁じ手”ともいえる「奇襲解散」。だが、選挙戦序盤ではそれをはるかに凌ぐ勢いが東京都知事、小池百合子の希望の党にはあった。安倍が受けた衝撃は半端ではなかった。多くの自民党議員が下野を覚悟したはずだ。

「総理が自公で過半数の233議席を目指すと言ったのは掛け値なしの本心だ」

 冒頭の幹部はこう語る。そして逆転大勝利。振り返って最大の功労者に小泉進次郎の名前を挙げた。自民党で今や発信力と好感度で彼の右に出る者はいない。その小泉の発信力が「小池劇場」の崩壊を呼び込んだというのだ。小泉は9月28日昼の衆院本会議で解散が断行されると、国会議事堂の廊下で記者や多くのテレビカメラに向かって小池を挑発した。

「小池さんに出てきていただき、夢と希望を語る自民党と、希望を語る希望の党、希望対決でいいじゃないですか。(小池は)いつ出馬表明するのか。もう都議会に心はないんじゃないか」

 小池は希望の党の結党と党代表への就任を宣言していたものの、衆院選への出馬については言葉を濁す。小泉はそこを突いた。小池も反論せざるを得なくなった。

「進次郎さんが(出馬しろと)キャンキャンはやし立てるが、お父さん(元首相の小泉純一郎)と約束しているから出馬はない。知事としてやっていく」

 ここから小池は出口のない迷路に入り込んでいく。そこに「排除の論理」が飛び出す。小池の勝ちパターンはジャンヌダルクのように強い敵にたった独りで立ち向かうことにあったが、小池の誤算が始まった。

衆院3回、参院2回の国政選挙5連勝を達成

 逆に小池の上から目線、おごりが元官房長官の枝野幸男を中心とする立憲民主党を誕生させた。選挙の主役は完全に枝野に移った。小池とタッグを組んだ民進党代表の前原誠司がもくろんだ「1対1の与野党対決」の構図は音を立てて崩れ落ちた。選挙の意味合いも「政権選択選挙」から「安倍信任選挙」に大きく変わった。しかも大都会はともかく、地方の有権者には「安倍1強」に不満があっても受け皿がない。今回の衆院選を総括すれば「敵失による自民大勝」ということに尽きる。

 現に、スキャンダルで民進党を離党して無所属で立候補した山尾志桜里が僅差で勝ち残れたのは、山尾以外に野党が候補者を立てずに自民党の鈴木淳司(比例復活当選)との「1対1」の戦いになったからだった。新潟で自民党が苦戦したのにも、共産党を巻き込んだ野党共闘の成立が背景にあった。

 小池と前原の思惑は無残に砕け散った。前原は失敗を認め代表辞任の意向を示し、小池には希望の党内から代表更迭の声が上がる。都知事としての職務遂行すら危ぶまれる事態に追い込まれた。

 確定議席で自民党は選挙公示前の議席と全く同じ284。だが、比例代表での得票率を見ると自民約33%に対して立憲民主約20%、希望約18%。これに無所属当選者の得票を加えると自民党を大きく上回る。外見上は「大勝」とはいえ、内容的には「薄氷の勝利」に近い。「選挙に負けて勝負に勝った」というのが実態に近い。選挙中にも内閣支持率が下がっていたことがそれを証明する。

 確かに安倍はこの衆院選の結果、2012年12月の衆院選で政権復帰を果たして以来、衆院3回、参院2回の選挙5連勝を成し遂げた。近く発足する内閣は「第4次政権」。戦後では「第4次」を冠した政権を担ったのは吉田茂だけ。しかし、選挙に大勝したものの次の政策目標が見えてこない。安倍の宿願ともいえる憲法改正も議席数から見れば可能性は高いように思えるが、それほど単純なことではない。「自民独り勝ち」が逆に、改憲の阻害要因になる可能性が高いからだ。

憲法改正をめぐって
自公で微妙な温度差

 まずは足元の公明党の動向だ。公明党は今度の選挙で公示前議席の34から5議席も減らして29議席。7月の東京都議選で公明は小池と組んで勝利して都政与党の座を占め、一方で国政では安倍連立政権の一翼を担う。代表の山口那津男は「国政は国政、都政は都政」と語るが、有権者の目には「いいとこ取り」としか映らない。自民党の首相経験者の一人も「やがて都政では小池知事と距離を置き始める」と指摘する。

 自民党内でも、今回の衆院選で自公の選挙協力が円滑に行われなかったことを認める幹部が多い。1999年10月に自公連立が始まってから既に18年。「制度疲労」が起きても不思議はない。

 憲法改正をめぐっても微妙な温度差がある。とりわけ安倍が目指す9条改正でその差が浮き彫りになる。公明党には憲法改正について一貫した考えがある。衆院選後も山口は繰り返した。

「幅広い合意形成が大事だ。野党第1党の理解を得て合意できることが望ましい。国民の理解が伴うことも重要だ」

 改憲勢力として「安倍応援団」とみられる日本維新の会も議席を減らした。また、山口が危惧した、野党第1党に改憲に反対する立憲民主党が躍り出たことが大きな意味を持つ。その立憲民主党が選挙後の野党再編の中核になるのは確実だろう。立憲民主党にも希望の党にも行かず、無所属で当選した前首相の野田佳彦、元外相の岡田克也、玄葉光一郎ら実力者をブリッジに希望の党の一部と再結集を目指す動きが早くも表面化している。玄葉はこう語る。

「立憲民主が左に行き過ぎず、希望が右に行き過ぎなければ政権の大きな受け皿ができる」

安倍首相の最大の敵は
目に見えない世論動向

 加えて安倍にとっての最大の敵は目に見えない国民世論の動向だろう。憲法改正も国会の発議まで持ち込んでも、国民投票という最大のハードルが待ち構える。英国のEU離脱をめぐる国民投票で国論が二分され、キャメロン政権が吹き飛んだことは記憶に新しい。国民投票の怖さを安倍も十分知っている。つまり安倍が高い内閣支持率を維持し続けなければとても改憲はおぼつかない。なおかつその前に来年9月の自民党総裁選が立ちはだかる。

 自民党幹事長の二階俊博は「ポスト安倍は安倍」と明確に安倍の3選を支持しているが、安倍自身は「全く白紙」を繰り返す。その一方で今回の選挙戦を通じて「次の顔」が明確になってきたのも事実。元自民党幹事長の石破茂(60)を筆頭に政調会長の岸田文雄(60)、総務相の野田聖子(57)。さらに新顔といってもいいかもしれない外相の河野太郎(54)が候補者入りをうかがう。

 そして安倍にとって思わぬ「落とし穴」が潜む。長期政権に対する「飽き」だ。安倍がどんなに優れたリーダーであったとしても、これだけはコントロールできない人間の感情が支配する領域に属するからだ。しかも具体的な処方箋があるわけではない。さらにこの選挙を機に前総裁の谷垣禎一ら党の“重し”が次々と政界を去ったことも安倍にとって目に見えない不安材料といっていいだろう。

 また、不透明感を増す外交も安倍にとって重い。とりわけ国家主席の習近平への権力集中が進んだ中国とどう向き合うのか。11月5日には米大統領のドナルド・トランプが初来日する。

 日米同盟の強化はともすると日本外交の自由を奪うことにもなりかねない。安倍を教科書のない政権運営が待ち構える。安倍は支え棒のない不安定な高いはしごの上にいるような状況に身を置くことになった。

(敬称略)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ